電子化
2016年3月27日 日曜日 14:32

猛烈な眠気。
—–

短期間のうちに個人病院から大学病院まで様々な規模の病院を何件も受診しましたが、ほぼすべての医療機関が電子カルテに移行済ですね(一部紙と併用しているところもアリ)。

なかにはMacやiPadのApple製品で統一している病院もあります。看護師がiPadを持ち歩いて患者の情報を閲覧・共有していたり。Mac版の汎用病院向けシステムでもあるのかしら。受付もiMacで事務処理しているので、あれは単なる院長の趣味なのか。

あと液晶モニタに直接ペンを当てて文字やイラストを書き込めるツールが実用レベルに達したことが、電子カルテ化に拍車をかけたのかなと。紙のカルテにちかい感覚でペン操作ができるので、カルテ記入の幅が広がる。若手医師だと医療用デジカメ?で患部の状態を撮影して画像保存&qwertyキーボードによる文字入力。年配ベテラン医師は紙時代と同じようにイラストやコメントをカルテ管理ソフトの描画エリアにペンタブで描いてたり。

受付から検査、診察、会計まですべての過程でデジタル管理されてます。

でもなぜか患者側では病院で受け取る紙が増えたような気がする。受付番号の感熱紙からはじまって、診療明細やら薬の説明書なんかで、病院に行くたびに7~8枚くらいの紙が手元に残ってわずらわしい。

全部PDFでメール添付にしてくださいませんかと。「(書類を)受領した・していない」のトラブルにつながるので、必ず紙で発行するものであることは承知しているのですが。

電子化すなわちペーパーレスとはいかない現状がここにも。

« « 旧 | 新 » »