2020年5月23日 土曜日 01:16

五月雨。
——

スーパーでの買い物時に新しい生活様式を遵守しようとしたときに、なるべく口を開かずに清算まで済ませるのが難しい。

お会計のときはどうしても客と店員間で言葉を交わすことになる。店員さんも「ポイントカードはお持ちですか?」とか毎回尋ねるし合計金額もお知らせする。レジの自動音声で出音されるところもあるけれど。

利用客として一切言葉を発することなくお会計を済ませるには必要なことを紙に書いて提示するのが良いかしら。
「WAONで支払います」
「レジ袋は要りません」
とか箇条書きにした紙を持参してレジのところで見せるようにする。

セルフレジを使えば店員さんとの接触は減るけれど、あれを正しく使いこなすにはけっこうな訓練が必要。給付金申請さえも不備多発でままならない人が多勢の現状で、セルフレジが定着する日がやってくる気がしない。

口は禍(わざわい)の元ってことわざとしての比喩表現であるとともに感染症リスクのことでもあったのか。

« « 旧 | 新 » »