必需品
2019年3月15日 金曜日 00:35

前回からのつづき。
——

緊急地震速報が鳴るような強い地震があった直後から、NHKは総合テレビもAMもFMも同じ放送に切り替わるのですよね。ラジオでテレビの音声を流すようになって、臨時ニュースのあいだじゅうしばらくそれが続く。

2019年2月21日夜に北海道胆振地方を震源とする地震が発生した時は、総合テレビがちょうどニュースウォッチ9の時間帯だったので同一放送に切り替わったNHKラジオ第一から急に桑子アナの声が聞こえてきたりしていました。

災害時にモバイルネットワーク通信がつながらなくなった場合、ワンセグ機能を搭載したスマホであれば、「機内モード」にしたうえでワンセグテレビをつけて画面を消灯し音声のみを聴くようにすれば、ほぼラジオと同じ状態になるのでバッテリーの減りを抑えつつ情報が得られるのかも。ただワンセグが受信できるエリアは限られているのですよね。

FMラジオ機能を搭載しているスマホ機種というのがあるし、それほど負担になるような部品ではないはず。たしかiPhoneもFMラジオICチップを搭載しているのに設計上の都合でラジオの受信は出来ないようにしてあって、アメリカでハリケーンによる災害があった時にそのことが問題になっていたそう。災害時のスマホつながらない+ラジオ機能切望の件はセットとしてわりとワールドワイドな問題なのかな。

すでに広く普及しているスマホが災害時の必需品であるならば、FMラジオ機能搭載が世界標準統一規格になると良いのにね。そうなるとラジオのアンテナとして有線イヤフォンが必要になるからやらないのだろうけれども。

宿命
2019年3月8日 金曜日 00:02

今回は災害とラジオというテーマです。
——

年始に「災害時用にラジオを一台購入しよう」と思い立ちまして、すぐさまアマゾンで注文したのです。


SONYハンディーポータブルラジオICF-P36

このラジオを選んだポイントは、
・単三乾電池2本で駆動
・アナログ(ダイヤル式)チューニング
・持ち運びしやすいサイズ
・本体スピーカーの音量
・電池持続時間が長い

当初は単三乾電池1本で駆動するラジオを探したのですが見つけられませんでした。ほとんどの製品が2本~でした。ラジオを動作させる上で電池1本というのは電圧が足りないのかしら。

多くのラジオがDSPチューニング(デジタル・自動選局)だったりしますが、ダイヤル式のほうが電池持続時間が長くなるのと、多少ノイズが入るような悪条件でも聞こえればOKなので。非常時においては単純な構造の機械のほうが有用。

災害時の使用を想定するとイヤフォン接続ではなく本体スピーカーから聞くと思うので、スピーカー音量や本体サイズのバランスもポイント。

さいきんでは災害時に情報を得る手段としてスマホが最重要視されていて、スマホの充電切れが死活問題のように扱われているようですが。

災害の種類にもよるけれど、大勢の人々が巻き込まれるようなレベルの災害だとたいていスマホ(携帯電話通信)も「つながらない」状態になってしまいますよね。停電になればテレビも同様。

やはり一次情報としては本体と乾電池だけで長時間駆動するラジオがベストなのではないかと。

このラジオがアマゾンから1月3日の午後に届いて、早速開封して電源をいれてみて「なんでこんなにAMが良くはいるのか、うれしいわー」とか思っていた5分後くらいにラジオから緊急地震速報が聞こえてきたのは、なんだか宿命的なものを感じました。他にもいくつか欲しいと思うラジオがありますので購入しましたらレポするかもしれません。

ラジオ
2019年3月1日 金曜日 00:10

もう3月。
—–

現在の住居はなぜかAMラジオがとても良く入るのです。FMよりも受信状況が良いかも。そしてTOKYO FMはきれいに聞こえるのにbayfmがうまく入ってくれない。アンテナの向きや位置のせいかしら。

そんなわけですっかりAMラジオばかり聴く生活をしております。聴取時間のほとんどはNHKラジオ第一と第二で、18時からの「Nらじ」や22時からの「NHKジャーナル」を聴いて、その流れでラジオ深夜便の最初のほうだけぼんやり聴くかんじでしょうか。ニュースの時間以外は基本的にラジオ第二にチューニングを合わせています。

ということで、転居シリーズのスピンオフとして、この先しばらくラジオ関連の投稿がつづく予定になっております。

« « 旧 | 新 » »