相対値
2018年7月22日 日曜日 00:19

畑×熱中症というジャンルが定番化しつつある。
——

官公庁から送付されてきた書類に「平成35年7月」という日付表記があった。

この日付表記があり得ないということを一番良く分かっているのは発行主である自分たちだろうにね。だからといってこの部分だけ西暦にするわけにもいかず。

書類だけではなくWebのカレンダーやスケジュールサービスでも、2020年の日付を表示させてみると平成32年になっていたりする。こういった表記がみられるのも今のうちかもしれないので、存在しない平成3X年表記コレクションでもしておこうかしら。

来年の新元号対応について各分野でいまから戦々恐々としていて、とくにIT業界では深刻みたい。

ほかならぬ官公庁が平成35年という日付を堂々と記載しているのだから、それほど神経質になることもないのでは。平成元年から起算してyy年後という相対値として十分な日付情報だ。たとえ誤表記であっても書面の内容が認められれば良いわけなので。

間に合わせるために過労死するほど仕事したりせず、定時で切り上げて帰宅しましょうよ。

頓挫
2018年7月15日 日曜日 23:54

全味制覇計画は早々に頓挫しました。
——

早速サーティーワンへ行きましてトリプルの注文をしました。

サーティーワンオールスターズ・抹茶・大納言あずき、という何の面白味もない地味なチョイスをしてしまった。なお後で知ったことですが大納言あずきは不人気フレーバーのワースト1位なのだそうです。

まったくサーティーワンらしさのない組み合わせすぎです。こんな時に楽しくておいしい組み合わせが提案できる人を尊敬しちゃう。次はもっとカラフルでポップなフレーバーにしよう。

しかし冷たい・甘い物を食べ慣れていないカラダには一週間に一度くらいのペースが限度です。31種類くらいなら楽勝でしょうと甘く考えてなめておりました。アイスクリームだけに。

今夏中に全味制覇のつもりだったけれど、たぶん無理なので予定を変更して長期計画で臨みます。

サーティーワンアイスクリームを毎日食べるという夢のような夏は、そんなに甘いはずもなく、儚く溶けて消えた。

策略
2018年7月12日 木曜日 23:50

久しぶりに仕事で締切に追われる夢を見た。
——

フレーバー全種類制覇のためにサーティーワンアイスクリームのサイトをのぞいてみたのですが。

あきらかにあまり好みではないフレーバーがいくつかある。これはどうしようかな。食べ物の好みが正反対の人をさそって、すこしだけ食べさせてもらうとか。

グッドタイミングで「サーティーワンオールスターズ」という人気4フレーバーがひとつにまとまって味わえるものが期間限定商品になっているので、これ1つで4種類分としてカウントするというマイルールを持ち込みます。

トリプルというので注文すると小さめサイズで3種類選べるようなので、これを活用しよう。

試食もできるらしいので、迷っているフリでもすれば試食させてもらえるのだろうか。でも勘の良い店員さんだったら「この人は試食がしたいのだな」とすぐに見抜かれてしまうかしら。

そんな策略を練っております。

願書
2018年7月7日 土曜日 22:04

大雨と地震で気象庁てんやわんや。
——

今年の七夕で短冊に願い事を書くとすれば

サーティーワンアイスクリームの
フレーバー全種類制覇したい

でしょうか。いやこれは願い事ではなくて目標なのでは。子供ならまだしも、もう大人だし誰かから制限されているわけでもないし。明日にでも店舗へ行って「31種類全部、ひとつずつください」と注文すればクレジットカード一括払いですぐに実現可能。

願い事とは自分の意志や力だけでは実現が難しいことについてなのかしら。病気が治りますようにとか。

学業の進路について、入学を希望する学校に提出する書類を願書と呼んだりしますが、そう考えると願書が急にロマンチックな感じになります。

「七夕飾りに将来入学したい学校の願書を飾ると合格する」みたいな何のご利益も由緒もないおかしな風習が流行したりしないかしら。時期的に願書の入手は難しいだろうから、学校案内パンフレットとかを飾るのか。

鬼門
2018年7月4日 水曜日 21:20

風が強くて帽子が飛ばされる。
——

七月にはいってから外出のたびに救急車の出動に遭遇する。家から出先までの往復で必ず救急車のサイレンが聞こえる。往路復路でそれぞれ一回以上なので、連続ですれちがったりもする。

みんなこの蒸し暑さで体調を崩しているのだろうか。

そしてマイ・ファースト・スマホであるGALAXY NOTEが昨晩急に息を引き取り
りました。直前まで調子良く動いていたのに、突然画面が消えてしまい、それ以降はバッテリーを交換してみたり電源ボタンを長押ししても、再び起動することはありませんでした。

6年3ヶ月も毎日休まず使い続けましたから寿命だったのかもしれませんが。ちゃんとお別れできなかったのはショック。

人間もデジタル機器も夏の暑さは鬼門。

« « 旧 | 新 » »