成果
2017年8月31日 木曜日 00:10

今年はまだ冷やし中華を食べていない。
——

氷活(=氷菓活動)は自分なりにではありますがけっこう頑張って取り組みました。本欄に投稿した内容以外の活動もしておりましたので。

菓子メーカー出身だけあって、ロッテリアのスイーツメニューが充実していることに気が付いたのが今夏の氷活における一番の成果でしょうか。

あとは各種手続きに追われていただけの、何の実りもない夏でございました。

もう明日には9月になってしまうけれど、残暑のうちに一度くらいは冷やし中華を食べようかな。

興味本位
2017年8月28日 月曜日 17:58

夜の涼しさがうれしい。
——

固定電話が鳴ったので受話器をとったところ、いきなり自動応答音声で以下のようなメッセージが流れてきた。

『三井住友銀行です。クレジットカードについての重要なお知らせがございますので、ナンバーキーの9と♯を押してください』

私は三井住友銀行の口座を持っているけれど、その口座に紐づいたクレジットカードはひとつも持っていないので、すぐに「これはおかしいな」と気づいてそのまま電話を切った。

クレジットカードだと、カード本体がなくてもカード番号とセキュリティコード、名前の文字情報さえあればいくらでも悪用できる。電話のテンキーをプッシュさせて番号情報を盗み取る手口なのだろうか。

銀行やカード会社の問い合わせ窓口フリーダイヤルに用事があって電話をすると、本人確認のためにカード番号や暗証番号をプッシュボタン操作で入力するように求められることがあり、その際は自動応音声による案内に切り替わることも珍しくない。

もし私が三井住友銀行関係のカードを持っていたり、何かカードについてトラブルをかかえている最中に今回のような電話がかかってきたら、指示どおりにプッシュボタンを押してしまっていたかもしれない。

電話によるオレオレ詐欺といえば、息子を装った電話がかかってきて騙されるものだと思っていたけれど、自動応答メッセージの音声に誘導されて騙す手口もあるのですね。

でも興味本位でこの電話の続きがどうなっているのか気になるので、同じ電話がまたかかってきたらデタラメ情報を入力してやって騙され続けてみようかしら。

一葉
2017年8月20日 日曜日 17:58

ブラック部活といいながら高校野球を有難がる。
——

休業した頃から、毎日の自覚症状について日記的なものをノートに書き留めているのですが、まもなく2冊目のノートが終わりそうです。

1冊目はSTAP細胞問題の時にノリと勢いだけで買ってしまった研究ノート。

2冊目は有名な5ミリ方眼ノートのProject Paperリングノート。

「このノートの最後のページに到達する前までに、治っているといいなぁ」と思いながら続けているのですが、残念ながら回復にはほど遠い現状です。

オー・ヘンリーの「最後の一葉」の逆パターンですね。

上記の2冊のノートは綴じ枚数が多くてなかなかページが進まないので、こんど新しく使う3冊目は綴じ枚数の少ない薄いノートにしよう。早く良くなるために。

商機
2017年8月12日 土曜日 23:56

お盆ですね。
—–

コーヒーマドラー調べはかろうじて更新を続けております。今月はJR東日本関連の豪華三本立てになっております。

このコーヒーマドラー調べをするようになってから、テイクアウト時の包装問題に直面することがありまして。

一杯100円~400円程度のコーヒーのために、持ち手のついたとても丈夫で立派な紙袋に入れてくださるお店がけっこうあるのです。もちろん転倒防止用のホルダー(ボール紙製)もついています。さらにお砂糖・ミルク・マドラーのセットもお願いすると付属品が多くなります。

スーパーのレジ袋廃止の動きが広がっている現代において、コーヒーのテイクアウト包装は過剰になる一方で時代に逆行している。

飲食テイクアウト業界におけるドリンクのカップってほとんど進化していない。コールドorホットにせよ、紙・プラスチックの円錐形カップに上からフタをかぶせるというスタイル。でも「倒れやすく、こぼれやすい」という持ち運ぶときの最大の問題がまったく解決されていないまま。その辺は消費者サイドに任せることでごまかし続けているというか。

持ち運ぶときに倒れない・こぼれない、かつ店舗管理時にかさばらない、低コストで用意できるカップ(フタ)もしくは袋?

この問題を解決できるようなカップの開発に成功すれば、全世界の飲食業界にイノベーションを巻き起こす、ビジネスチャンスになったりしないかしら。

「ビッグビジネス()」「成功する()」みたいな方面への欲が皆無なのですが、商機ってたぶんこんなところに転がっているのかもと思ったり思わなかったり。

意欲
2017年8月3日 木曜日 20:56

(キリン)メッツ・ザ・ビターを箱買いしたい。
—–

すこし涼しい日が続くと、氷活(氷菓活動)への意欲が途端に消え失せます。

体感としては日中の最高気温が28度以下だと、冷たい飲食物への興味がなくなる。でも涼しい時は冷凍食品をスーパーから家まで安全に持ち運べる絶好の機会でもあるので積極的に活動すべきなのですが。

かといって暑い日が氷活日和かというと、そういうわけでもなく。

先日、よく晴れた日の午後2時ごろという暑い盛りにファミリーマートでカフェフラッペを購入したのですが、外に出て数分も経たないうちに溶けきってしまい、フラッペではなく単なるアイスコーヒーになってしまいました。

氷活がこんなにもコンディションやモチベーションの維持が難しい活動だとは、思いもよらぬことでした。

そして7月下旬に新発売されたキリンのメッツ・ザ・ビターがおいしかったのです。定番商品入りを是非に期待したいほど。

これを箱買いしてしまったら、さらに氷活への意欲が低下してしまう。困ったものです。

« « 旧 | 新 » »