味噌ピー
2016年11月9日 水曜日 00:53

寒くなってきましたね。
—-

アメリカ等のいわゆる「スクールランチ」的なものが急に食べたくなったのだけれど、あの固くて酸味が強めな小玉リンゴって日本ではあまり見かけないですよね。

日本のリンゴは大きくて立派なサイズのものが主流だけれど、外国の小さくてかわいいリンゴもおいしいのに。

小玉リンゴと、あとはクラッカー数枚と、食パンにピーナッツバターをサンドしたもの。これらを茶色い紙袋にいれて近所の公園にでも行きたいなと。マイボトルにコーヒーも忘れずに。

こんなランチについて、食にうるさい系の人ならば「カロリーガー、栄養ガー、ジャンクフードガー、手抜きガー」なんて言われそうですが。

たぶん食パンにピーナッツバターって、日本で言うところの「ごはんに納豆」と同じポジションですよね。炭水化物に豆類加工品をのせたもの。

ピーナッツバターや納豆の親せき的な存在にあたるのが、味噌ピーだと思うのです。学校給食ではごはんにのせて食べることが多かったけれど、あれはきっと食パンにはさんでもおいしそう。軽くトーストすれば、香ばしさが増してさらにおいしいかも。実際にやってみたことはないけれども。

味噌ピーが正義の味方なのに、ピーナッツバターが悪者のはずはない。

« « 旧 | 新 » »