出前
2016年5月29日 日曜日 22:03

水素水=水(単なる水)+素水(素の水)=普通の水
—–

アマゾンでアメリカから直送されてくる商品を購入した。

配送はDHL Global Mailになっている。発送手続き完了の連絡メールはアマゾンからわりとすぐにやってきたので順調さに安心していた。

いちおう荷物問い合わせ番号がついていたので確認してみたら、トラックログが

“ARRIVAL IN DESTINATION COUNTRY – END OF TRACKING, DELIVERY SHORTLY.”

になって3日ほど経ったのにまだ荷物は届かない。荷物は日本に着いているけれど、そこから国内配送への移管手続きに時間がかかっているのかしら。END OF TRACKING,ということでDHL側の追跡は国内に着いた時点で終了しているようなので、その後の足取りはわからないままだ。

DELIVERY SHORTLY.はあれか、「いまです!たったいま出発しました!もう、すぐに、もう間もなく到着しますから!」という蕎麦屋の出前か。

まあ国内には到着済みのようなのであわてず騒がず気長に待つしかない。おそらく明日くらいには届くでしょう。

たぶん日本の宅配システムがあまりにも綿密すぎで、それに慣れているせいでどうしても同程度サービスを求めてしまいがちだけれど、それは酷な話なのだ。

追記:20160531
このエントリーの翌日(5月30日)に無事荷物が届きました。23日に注文して、24日に発送手続き完了メール→26日夜には日本着→30日午前に配送完了、ちょうど一週間で到着でした。(荷物が)アメリカに居る時間よりも日本国内での時間がかかったのは、おそらく土日をはさんでいたためではないかと。一週間で届くのでしたら十分です。

黎明期
2016年5月22日 日曜日 12:37

抜本的構造改革のきっかけが外国からの黒船というあたりは江戸時代から進化してない。
—–

KDDIから「重要なお知らせ」という封書が届いていた。

KDDIなんて使ってないのになぜ?、何かの間違いだろうかとすこしいぶかしく感じながらも開封してみた。

書面は「ダイヤルアップ『ベツベツコース』提供終了のお知らせ」というものだった。

そのタイトルを見た瞬間、記憶がよみがえってきた。ダイヤルアップ時代に契約していたプロバイダだ。

@dion.ne.jpのメールアドレスもちゃんと残っているらしい。このアドレスで送受信はおそらく15年以上行っていないはずだ。

書面内の契約コース概要によると「月額基本料金0円 インターネット接続料は全国一律5円/分」とある。いままで料金が一度も発生しなかったためすっかり存在を忘れたまま15年以上経過してしまった。

たぶんプロバイダをdionからYahooに乗り換えたときに「基本料ゼロ円で完全従量制だから、何かあった時のためにdionも残しておこうかな」とでも思ったのだろう。

義務的なサービス提供終了のお知らせの手紙なのに、インターネット黎明期のことを思い出して懐かしさのあまり涙した。

サービスをはじめるのはわりと簡単だけれど、保守管理維持と提供終了までの責任を考えると気が遠くなる。

放屁
2016年5月15日 日曜日 11:08

ドコモ2016夏モデルはガラケー新発表ゼロとか。
—–

スマホのUSB端子が壊れてしまってケーブル差し込みで充電できなくなったので、いまはバッテリーを交換しながら使っている。バッテリー単体の充電器もあるので便利だ。

だいたい1日に1回交換するペースだろうか。メニュー画面で「電源を切る」して液晶画面が消灯し数秒くらいすると、バイブレーションの合図があって、完全に電源が落ちるようになっている。そのあと本体からバッテリーを取り外して交換する。

バイブレーションは「ブーーッ、 ブッ、 ブッ」と最初に長く振動してから短いのが2回。これがスマホがおならをしているようで、なんだかかわいいのだ。

毎日一回は完全に電源を落とすということは、スマホにとっての排泄なのかもしれない。

差別
2016年5月3日 火曜日 06:48

おはようございます。
—–

Google Playストアで購入したいアプリがあったのですが。

グーグルにクレジットカード情報を預けることになんとなく抵抗があるので、今回はグーグルのプリペイドカード?を近所のコンビニで買ってきて利用してみました。

自分のアカウントにプリペイド額を事前チャージする際に、郵便番号と電話番号の入力を求められたのが意外だったほかはスムーズに使えまして、無事ダウンロード購入もできました。プリペイドだとどうしても残額で端数がでてしまうけれど、カード情報の漏洩とかを心配するのなら多少は仕方のないことです。

実はAppleのiTunesも、クレジットカード情報を登録することに未だに抵抗感が残っていたりします。そしてAmazonは登録しっぱなしでもあまり気にならないという。

我ながらよくわからないこの信用基準。オンライン決済システムのセキュリティ的にはおそらくどこのサービスでも大差ないとは思うのですけれどもね。

たいした動機や理由もないのに、無自覚のうちに差別してしまってる。

« « 旧 | 新 » »