冷凍食品
2016年4月26日 火曜日 09:25

明るすぎず暗すぎない藍色って出すの難しい。
—–

ここ一ヶ月ほど自分の中で「冷凍食品強化月間」になっている。

わたしは首都圏在住なので、日々の食事の選択肢についてはあまり困っていないほうだと思う。冷凍食品のポジションはどちらかというと楽しみ的な方面を求めているかもしれない。

自分でつくるときや外食時には積極的にチョイスしないようなメニューでも、冷凍食品なら「試してみようかな」と思える不思議。あとやっぱり冷凍技術ってほんとうにすごい。

毎年新年度がはじまるこの時期になると「お弁当に冷凍食品不可の保育園」が話題になる。あれは手作り原理主義教という宗教みたいなものなので、もう色々と仕方ない。

冷凍食品って新メニューにチャレンジするための第一歩として最適だ。はじめての食材との出会いや、新しい発見もあったり。かえって好き嫌いなくバランスのとれた食事になるかも。

今年の連休はちょっぴり高級路線の冷凍食品を楽しむことにしようかな。

凍るでんウイーク。

鳴声
2016年4月25日 月曜日 00:02

あの人がくまモン周りで出しゃばるのウンザリね。
—–

最近新しく開店したらしいラーメン屋の前を通りかかった。

オープンしたばかりで張り切っているのか、店員の威勢の良い声がお店の外まで聞こえてきた。威圧感のある大きい声を張り上げている感じだったので、店内で食事中の客は「うるさすぎる」と思う人もいるであろうほどの声量。

その店員の声というのが、単語になっていないというか意味不明な音声なのだ。おそらく客からの注文に対する呼応や、いらっしゃいませ的な何かなのだとは思うのだけれど。

「イョゥ!オリャーオゥーオー!ッッシャーー○■△※!!!」みたいな解読不可能な感じ。でも従業員同士では意味がわかるようで、その奇声に対して呼応したりもしていた。

仲間同士でしか通じない謎の音声で呼応しあっているのは、さながら動物(鳥類)の鳴き声のようだ。

熊本
2016年4月16日 土曜日 17:45

半壊してしまったお城って修復できるのかしら(技術面で)。
—–

数年前からくまモンを通じて、今までまったく縁のなかった熊本県の情報にふれる機会が多くなった。熊本県内の市町村名や地理もだいぶ覚えたし、動画なんかで街の様子もなんとなく把握できるようになっていた。

現地には一度も訪れたことはないのにもかかわらず、地震のニュースで映し出される場所について馴染みがあるという、なんとも奇妙で歯がゆい状態になっている。

くまモンは震災前までの熊本の姿をたくさん記憶しておくために生まれたのかもしれないし、これからの熊本のための使者なのかも。

手術
2016年4月13日 水曜日 21:31

手術を受けてまいりました。
—–

いつもの診察を受けるつもりで病院に行ったのですが。

診察後に先生が「じゃあ、ちょっとやっちゃいましょうかねぇ~」みたいな感じで言い出したので、「え、今日?これから?手術するの?」とビビッている私をよそに、看護師さんたちがテキパキと手術の支度や段取りをしはじめまして。

あれよあれよという間に準備が整い、あとはまな板の上の何とかでございました。先生の気が変わらないうちに、手術していただけるのならありがたいかなと。

しかし心づもりもないままいきなり手術を受けることになったので、手術の時以上にお会計がドキドキでした。はたして今日の病院代はいくらかかるのかという心配で頭がいっぱい。クレジットカード払い可の病院なので、手持ちのキャッシュが足りなくても何とかなりました。

医療事務の経験者でもないかぎり、病院関係の料金体系って闇の中ですよね。あの診療点数という謎システム。しかも「この手術はいくらかかりますがよろしいですか」的な事前の見積もりや料金説明は一切なく、完全事後請求という。

料金体系としては医療も繁華街のぼったくりバーとあまり差がない。

商売
2016年4月2日 土曜日 18:15

CSSをすこしだけ変更しました。
—–

携帯電話に剣持さんあての間違い電話がかかってきた。

「剣持さん」とは私の携帯電話番号と数字ひとつちがいの番号をお持ちの方のようで、そのため私の携帯電話にはわりと頻繁に剣持さんあての(間違い)電話がかかってくるのだ。もちろんまったくの赤の他人で、お互いの面識などあるはずもない。

今回は、あの「食べログ」から電話がかかってきた。

『剣持さまでいらっしゃいますか。食べログ編集部の○○と申します。先日の件でお電話いたしました』みたいな感じで。私は剣持ではない(番号間違いではないか)ことを伝えると、すぐに『失礼しました』ということで電話が終わった。

食べログ編集部から電話がかかってくるということは、剣持さんは飲食店関係のお仕事なのだろうか。いままで剣持さんあての電話として、札幌のライブハウスやら仙台の楽器店、車のディーラーからの電話も受けたことがあるのだけれど。手広く商売をなさっている方なのかしら。

剣持様の今後益々のご繁栄を陰ながらお祈りいたします。

« « 旧 | 新 » »