調合
2016年2月18日 木曜日 20:28

治療がんばろう。
—–

治療がようやく次のフェーズに移りました。

製薬メーカーが製造していないので、薬剤師が私だけのために院内調合してくれた薬の投与がはじまりました。スペシャルブレンドですよ。もう有難すぎて恐縮しまくりです。

ありがたいと同時に、今回の薬に対して「これほんとうに大丈夫なのかしら」と一抹の不安があることも事実です。お手製なので薬の容器が無印良品で売っていそうなシンプルなものだったり、薬品名のラベルが油性ペンで手書きだったりするので、中身である薬の成分に対してはもう病院と薬剤師を信用するしかないのです。

ふだんいかにパッケージだけで物事を判断していたかを思い知りました。ドラッグストアに陳列されている有名メーカーの昔から販売されている薬のパッケージだったら、購入後は薬そのものはろくに確認もせずに服用したりするだろう。

外見にとらわれてはいけないけれど、外見しか判断材料がないものってたくさんあるなと。

« « 旧 | 新 » »