搾取
2015年6月25日 木曜日 00:51

夏至前後の晴天は日照時間長くて得した気分。
—–

はじめてのSIMフリースマホ使用開始にあたりドコモ契約SIMをそのまま差し替えて運用するつもりで、疑問点がいくつかあったので質問するためにドコモショップへ行ってきました。

質問の回答結果は後日まとめてからご報告いたしますが、あまり期待しないで下さい(たいした回答は得られなかったので)。

ドコモショップで番号札をもらってから一時間も待たされたあげく、質問に要した時間は5分程度で済む内容でした。しかも担当だった店員が質問に即答できなかったため「確認してきますので少々お待ち下さい」と、どこかに電話をかけて確認していた模様。

おそらくあれはお問い合わせセンターみたいなところに電話をかけていただけのようで、それだったら自分でドコモ問い合わせ窓口のフリーダイヤルに電話をしてオペレーターと直接話しをしたほうが早い。

一時間も無駄にしてしまって悔しい。せめて待ち時間予測の表示でもあれば、一時間も待つのだったらキャンセルしたのに。自分の前に待っている人は3人くらいだったので、たいして待たずに順番が回ってくるのかと思ったのが甘かった。

まるで待ち時間が長くて診察はたったの5分で終了、とかの病院みたいだ。

——

その待ち時間のあいだドコモショップ店内でぼんやりしていたのだけれど、平日の午前中ということもあってか来店している客の八割くらいは高齢者だった。ほんとうに病院の待合室と同じ雰囲気。

あの分かりづらく複雑な料金プランの説明や高性能なスマホのことについて、高齢者が納得するまで事細かく丁寧に説明していれば、個別対応時間が長くなるのは仕方がないのかもしれない。

とくにドコモのユーザー層から考えると、「高齢者やIT弱者をうまいこと誤魔化して、いかに搾取しつづけるか」で事業を維持している部分がありそうで、そういった高額通信費を支払っている方々が居るおかげで、MVNOが格安SIMサービスを提供できているというジレンマもあるのだろうけれど。

通信やIT関連なんてどんどん進化してゆく最先端分野のはずなのに、実態はすでにけっこうな斜陽かつシルバー産業なのか。

« « 旧 | 新 » »