到着
2015年10月28日 水曜日 09:36

月見バーガー的なものが通年200円で食べられてうれしい。
—–

じゃーん。

20151028-1

前回更新したDMM mobile SIMが届きました。まだ開通手続きはしていないのですが、手続き有効期限が来年2016年10月31日とまだまだ先まで余裕があるようなので、とりあえず保留にしてみます。

今年の6月にゲットした4980円のPolaroid piguスマホと組み合わせて使ってみる予定です。4980円+月額440円(低速固定モード)でスーパー格安スマホセットの出来上がり。DMMの使用可能確認機種リストにPolaroid piguが載っていなかったのがちょっと不安材料ですが、ダメだったら他の機種に挿します。

テザリングとかも出来そうなので楽しみ。たぶん年が明けたら開通させます。

初期費用
2015年10月25日 日曜日 04:53

みなさまお元気でいらっしゃいますか。
—–

いまAmazonでセールになっているDMM mobileのSIMを買おうかどうか、猛烈に迷っています。

格安SIMって月額だけをみれば安く感じるのだけれど、初期費用が3240円かかったり、他の手数料関係も含めるとそれほど割安感はなくなる。ほとんどの業者で横並びの手数料設定になっているみたい。

たとえばワンコインSIM的なもので月額500円だとすると、初期費用は半年分の月額に相当してしまうのでお得感はけっこうダウンする。

今回のDMMはその初期費用が540円になっている。データ通信専用SIMのほうならば、最低利用期間やら解約手数料もかからないようなのなので、お試し的な感じで導入に踏み切りやすい。

個人的にDMMという会社にあまり良いイメージを持っていないというのがネックになっているのだけれど、もうクリックしてしまいそう。

「外でネットなんてほとんどしないしなー」「でも540円+440円で一ヶ月くらいMVNO-SIMを体験できるのなら悪くないきっかけではあるよね」なんて頭のなかで堂々巡りしています。

買ったかどうかは、もうひとつのアフィリエイトブログのほうでのご報告します(こちらも更新するとは思います)。

門戸
2015年10月17日 土曜日 07:04

オリンピックエンブレムに応募しようかな。
—–

再選考になった東京オリンピックエンブレムの応募要項が発表されたので、軽く内容を見ました。

パソコンでの作業ができる人(データ納品可能な人)でないと応募はできないけれど(手書きのものは不可なので)、それ以外は一般に広く門戸が開かれた選考方式になった。

これだとおそらく露骨な完全一致はないものの、似たような路線のデザインが多く集まることになるのでは。パーツのバランスがすこしだけちがうとか、色違いとか、そのくらいの差。だってみんな同じテーマでデザインを考えるわけだから、無難なデザインをすると多数決というか最大公約数みたいな。

他と絶対にかぶらないような形にするとなると、多少奇抜で斬新な路線を狙うことになる。そんな中でもかっこ良い・人を惹きつけるデザインをするのがプロのデザイナーなのかもしれないけれども。

多くの人がデザインしてきた案を選ぶ方向でいくとなると、誰か一人の案を選考したことにするのってまた揉め事につながるだけだ。複数のデザインを原案にして→選考委員会側が手を加える→最大公約数的なデザイン完成!となれば、失敗した前回とやっていることはあまりかわらない。

良い所どりのモンタージュ。

前頭葉
2015年10月13日 火曜日 18:17

マクドナルドのコーヒーが以前よりおいしくなってませんか。
—–

NHKラジオ第一の生活情報番組を聞いていたら、「人間がテレビを見ている間は、脳の働き(活動)が鈍くなっている」という話題をやっていた。同様にスマホが〜みたいな展開だったと思う。

前頭葉がなんとか〜と言っていたけれど、要するに脳が活発に働いている状態だとか、そうでないとかそういった感じの話。現代メディア依存をさらっと否定しつつ、アナログ回帰で身体や手先を積極的に動かしましょう、といった流れに持って行きたかったようだ。

テレビでは絶対にやらないような内容を同じ公共放送のラジオではけっこう堂々とやっている。

個性
2015年10月10日 土曜日 05:49

お久しぶりでございます。
—–

今更ですがさいきんTTS(text-to-speech)の面白さに気がついて利用している。PCやスマホでテキスト情報を音声読み上げさせてみたり。

iPhoneのSiriですっかり身近になったこの分野。他メーカーでも似たようなサービスを行っているところもある。

ネット上の情報ってまだまだテキストデータが優位だと思うのだけれど、目で文字を追うということは「他のことをしながら」というわけにはいかない。運転中とかNGだ。

でもテキストを音声として読み上げてもらうのを聞く分には「ながら作業」ができる。音声入力等で自分から情報を発信するのはまだ難しいかもしれないけれど、受信側オンリーだったら読み上げられているのを聞くだけでけっこう事足りるものだ。ニュースサイト等のテキスト分量が多いページを再生させて、聞き流すのが便利だ。ラジオと同じようなもの。

合成音声はずいぶん発達している。もちろん人間が読むのと同等まではいかないけれど、文章の内容がほぼ理解できるほどに流暢に読み上げられる。

各種デバイスで数種類ためしてみたりしてみたものの、いまのところどれも一長一短だ。でも人工的な合成音声なのに、それぞれ個性もあるのがおもしろい。元になっている声やエンジンのせいか、音量や再生速度(はやくしゃべらせたり)によってハスキーな声になってしまったり(音を大きくするとスピーカーの性能として音が割れてしまう)、妙に舌足らずな話し方だったり。

時事ネタをちゃんと学習しているものと、そうでないものの差もけっこうあるみたい。STAP細胞のニュースを読み上げている時、ちゃんと固有名詞を「おぼかた」と再生するもの、「しょうほかた」みたいな読み方になってしまうものとで様々だった。

東京オリンピックのニュース関係のテキストを再生させちたら「金のことしか考えていない政治家」という文章を、「『きん』のことしか」と再生したりもしていた。普段何気なく音訓読みの判別とかしているけれど、けっこう難しいことしてるんですよね。文脈の前後を読んで判断している。

でもオリンピックの話だから「金(メダル)のことしか考えていない」政治家が居ても良いのかもしれない。

« « 旧 | 新 » »