体調
2015年8月31日 月曜日 20:27

今年はデング熱のデの字も聞きませんね。
—–

この夏の想い出は「体調が悪かった」ことだけという。悲しい夏でございました。

8月前半の暑かった時期はつらくて、なんとかギリギリ仕事をこなすだけで精一杯でした。途中で涼しくならずにあのまま暑さが後半まで続いていたら、本格的に倒れていたかも。

あ、でもエンブレムの件は楽しかった。私はデザイナーではないので、気楽に好き勝手なことを書いたり・描いたりできて。

なんというか「自分とその取り巻き連中さえハッピーにしていられるのなら、それ以外の人が嫌な思いをしていようと知ったこっちゃない。そのくらいいいじゃん!我慢してよ!」という人が目立つようになったのかなと。

「こっちはちゃんと法律に則って手続きもしたし、お上の了承も得ているのだから」という言い分を振りかざしたところで、相手にしてみれば突然後から割り込んできた人に我が物顔で横取りされた嫌な気持ちに変化はないのですよね。

たぶんこの辺は安保法案にも通じることなのでは。実はここだけの話、安保法案のことは初期のころちょうど体調を崩していた時期と重なってネットやニュースをチェックする余裕がなく、あまり話についていけないまま現在に至るのです。内緒にしておいてくださいね。

ドラマの第一話を見逃したのであとのことは何が何やらさっぱりなのに、なんとなく相槌を打ちながら苦笑いでやり過ごします。

白星
2015年8月30日 日曜日 15:28

原案公表からの展開力が斜め上すぎてすごい。
—–

20150819の本欄で公開しましたカタカナのロゴは、対称をきれいにするには「ョ」を横向きにすべきでした。大変失礼いたしました。右側が正解です。
20150830-1

差し替えをお願い致します。

あとはどのように幕引きするのかを画策して、責任のなすりつけ合いをしている段階だとは思うのですが。

要らぬ揉め事ばかりおこすエンブレムは、いっそのこと自由欄にでもしておいて道行く人に自由に書いてもらうのが一番良いのでは。

20150230-2

いちおう大きな丸で亀倉リスペクト()にもなるし、この丸枠の中にペンか何かで好きなように書いてもらえば、それぞれ想い出にもなるしね。

日本の相撲で勝ちを表す「白星」は白い丸だから、スポーツ的にも縁起良いじゃないですか。

あ、下のTOKYO2020の文字はMacのOsakaフォントなんです。TOKYOなのにOsakaフォントにしたところが笑うところです。

差替
2015年8月28日 金曜日 00:48

今日の記者会見たのしみだな。
—–

決定稿だといわれて受け取ったのに、あとになって差し替え原稿がやってくるー(あるある)。

20150828

平仮名の「と」を陸上トラックに見立てて……、というわけなのでこちらでも良いかなと迷ったのですが。

「と」の形を生かすのならば、やっぱり前回投稿(20150826)のほうがデザインとしてはより良いのかしらと。上の画像だと説明しないと「と」に見えないので。

平仮名とはまったく無関係な形だとしても、本日案はどこかですでに使われていそうなデザインですよね。縦向きにすればアルファベットのUの形そのままですし。

あと赤い丸はもちろん日の丸でもあるのですが、夏の大会は球技が多いのでボールの意味も含めているつもりでございます。冬のオリンピックで球技はカーリングとアイスホッケーくらいでしょうか。

決定稿
2015年8月26日 水曜日 17:33

電車の設備トラブルが多いね。
—–

いまのところこれが決定稿。すでにどこかで使われていそうだけれど。

20150826

陸上競技場のトラック?って最近青色のものが主流ですよね。すこし前では赤茶色みたいなものばかりだったような気がするのですが。あとテニスコートも。

また、夏の大会なので水泳プールのレーンにも見立ててみました。ひらながの「と」とカタカナの「ト」で、東京都も表してます。それぞれ対になってオリンピックとパラリンピック用になりますね。

東京、スポーツ、夏季、等の要素をすべて含めるのけっこう難しいのですよね。日本ではなくあくまでも東京なので、日本を連想するアイテムとして桜の花、富士山、扇子、折り鶴なんかをモチーフにするのはよく考えてみるとあんまり似合わないので。

——

実際のところ東京オリンピックのエンブレム問題はデザインの「見た目」の問題なので、法律だけでは判断できない、かぎりなくグレーの範囲になってしまうのではないか。

現状では(権利者である)JOCが何らかの形で撤回でもしないかぎりは、白紙に戻すのは難しいような気がする。

そうなると晴れてクリーンな状態でオリンピックを迎えるためには、応募のあったという104点のデザインすべてを一般に公開するしかないのでは。応募者に公開の許諾を得たり、名前を伏せての公開となるとまたそれでもめたりしそうだけれど。

104点を見比べた上で「この中からだったらやっぱり今回のエンブレムを選ぶよね」と世間が納得すれば、すべてが丸く収まるのではないか。

公正な審査で104点のデザインの中からひとつが選ばれたとなると、世間一般の多数決でもおそらく同じものが選ばれる確率が高くなりそうじゃないですか。

エンブレムの決定もオリンピック競技のひとつにすれば楽しそう。デザイン・オリンピックみたいに。

図形
2015年8月25日 火曜日 12:36

図形の比率や線幅くらいは変える努力はしましょうよ。
——

最近はエンブレムのことばかり考えています。これはもしかして恋かしら。

20150825-1

これは超有名デザイナーが考案した日本国内の美術館・図書館施設のロゴを真似て作成しました。平仮名の「と」とカタカナの「ト」なので、オリンピックorパラリンピックで使い分けも出来ますね。

単純な図形の組み合わせなので、パクっても何の問題ないとご本人もおっしゃっておりました。

20150825-2

立体にするとか、もう少しは工夫するかな。

平仮名
2015年8月19日 水曜日 20:48

東京で開催するオリンピックを日本がボイコットとか。
—–

前回ペダル記号ののことを書いていて思ったのですが。

エンブレムから日本を感じるようなものにしたければ、そもそもアルファベットのTをモチーフに選ぶべきではないのですよね。セリフ体のTをモチーフにすればどうしたって西洋風になっちゃいます。

そして誰も日本にアルファベット要素を求めないですよね。海外の方が喜びそうなのは和風のテイストではないかと。

なのでたぶん日本独自の感じを出したければ、オオテコウコクダイリテン族のあーとでいれくたーにデザインさせるより、着物デザイナーや書道家とかに任せたほうがきっと良いエンブレムが出来るはず。

ただ和のモチーフでエンブレムという路線で考えると、最終的には「家紋」に行き当たってしまうのです。由緒ある家紋の分野はあまりにも恐れ多く、人生イージーモードでなんとなくやってきたのに何か勘違いしてるあーとでぃれくたーなんぞが首を突っ込める余地なんてあるはずもなく。

漢字をベースにすると中国四千年の歴史にはかなわないので、日本語の平仮名やカタカナをモチーフにするのが良いのではないかと思い立ち、今回はその方向で考えてみました(花火モチーフのことは一旦忘れて)。

20150819-1

平仮名の「と」の2段重ね。「と」うきょう「と」。これはたぶん「とりせん」に怒られるはず。(注意:「とりせん」は北関東のスーパーマーケットチェーン店。興味のある方は画像検索してみてください。)

20150819-2
左から読んでも右から読んでもトウキョウト。

平仮名の美しさみたいなものが表現できないかなーと。外国の方は意味はわからなくても「この不思議な線は日本の文字なのか」くらいにわかれば良いのでは。

法被
2015年8月18日 火曜日 02:44

三ヶ月も微熱が下がらないままなのつらい。
—–

花火モチーフにするとしても、エンブレムとするならあまり複雑な形状にはしないほうが良いのかしら。
20150818-1

これは音楽記号のペダル記号そのままです。
20150818-2
アイテム自体が西洋のモノなので、和の雰囲気はゼロなのですよね。

手抜きはあきらめてゼロから図形を描くことに。
20150818-3

パチンコ屋の花輪みたいだけど、簡単な線分のみの組み合わせで打ち上げ花火の雰囲気は出せていますでしょうか。花火というよりも朝顔みたいにか。

どうしてもTの文字にこだわるのなら夜空の紺色部分を法被に見立てて、法被の背中の模様ということにするとか。袖の部分を足してTの文字にすると。開催時のスタッフユニフォームも藍色の法被にすれば統一感も出るし、日本っぽくって海外からのゲストもよろこびそう。家電量販店や各種イベントでもスタッフはスーツの上から目立つ法被を着ているので、あんな感じで。中の服装は比較的自由にしても識別しやすいのでは。
20150818-4

うーん、まだまだたどり着かないわ。

夏休みの自由研究がまだおわっていない人は「わたしがデザインした東京オリンピックエンブレム」ということで、自分でも考案してみるのが今年らしくタイムリーな題材ですよね。

ネットからパクったとしても、参照先さえ明記しておけばOK。

素案
2015年8月17日 月曜日 01:48

お盆休み明けまでの仕事がギリギリ間に合ったー。
—–

日本の夏で江戸の祭といえば打ち上げ花火ですよね。
20150817

本番でしたらもうすこしちゃんと手の込んだイラストにすべきなのでしょうが、あくまでも素案として。花火はAdobe Illustratorのシンボルライブラリでそのものずばり「花火」を使用してクリック一発で作成できます。あとはそれぞれ色を変更しただけ。

シンボルの色を変更するのはツールボックス内の「シンボルステインツール」を選択→カラーパネルで変更したい色にカラーを設定→そのあと変更したいシンボル上でクリックするとカラーが反映されます。

あと花火の下部に東京の夜景をイラスト化したものを配置したいところですね。

花火モチーフだったらモーションロゴにも展開しやすそうだし、みんなが求めている華やかさや躍動感も表現できるのでは。

この程度の素案でよろしければパクっていただいても構いませんことよ。どうぞどうぞご遠慮なく。

類似
2015年8月15日 土曜日 09:37

東京五輪の音楽プロデュースはsmrgc氏が適任だと思いまーす。
—–

エンブレムの件は色々と不自然なことが多いような気がする。

あのくらい単純な図形の組み合わせであれば、世界のどこかに似ているデザインがすでに存在していても何ら不思議ではないし、偶然似ているデザインを考案して、それを応募すること自体はまったく落ち度はない。

ベルギーのほうが先行して存在はしていたものの、先様は商標登録されていなかったのだから、類似確認の際に漏れてしまってもそれは不備ではない。商標登録されていない世界中のすべてのロゴデザインを事前にチェックするのは不可能だから。

エンブレム公式発表後に指摘されて似ているデザインがすでに存在していることが発覚したのならば、「たしかに似ている。ベルギーのデザインは一分の隙もなく完成度の高い優れたデザインだ。商標登録されていなかったので事前に気が付くことが出来ませんでした」と一言お詫びしてから、今後の対応について考えれば良いだけだったのに。せめて先様を称えるくらいのことはしなくては、同業者としても先方に失礼なのではないか。なんであんな風に「まったく似ていない」なんて断言してしまったのだろうか。

模倣どうのこうのというより、社会人としての資質が問われたわけですよね。対応次第では2つのデザインが共存してゆく道もあったはずなのに。

その後のトートバッグ騒動にまで発展してしまったので、もう後の祭りですが。

—–

当サイトのトップページにあるロゴをご覧いただくと、「なにこれユニクロのパクリ(失笑)」となる方も多いかと存じます。

これは当サイトのほうが先なのです。sollasido.comのドメインを取得したのが2004年7月20日で(2002年からの2年半は別の名前で運営しておりました)、ドメイン取得時から正方形2つを並べたロゴにいたしました。マイナーチェンジはしましたが正方形の中にGABCの文字をおさめて、同じ要素を2つ重ねるスタイルは当時から変更していません。

ユニクロのほうは2006年11月に現在のロゴになったようですので、当サイトのほうが2年ほど先なのです。でもそんな主張は誰も信じません。あちらは有名大企業で商標登録もされているのに対し、超零細サイトの管理人が片手間にデザインしたものなんて太刀打ちのしようがありません。

とくに対抗心とかは無くて、「ユニクロのパクリだと思われて仕方ないかな」くらいの気持ちでおります。自分で作って気に入って使っているロゴですし。佐藤可士和さんが超偶然にも似たデザインを自分の後から発表されたなんて光栄です!くらいに思っております。

あ、でも各ページの左肩にロゴを置いたのはサイトリニューアル時にユニクロのサイトも参照いたしました。あと無印良品やGAPなんかも参照してます。

obkt氏もそうなのですが(根拠無く)自信満々に断言しちゃう方ってみんな同じ目をしていませんか。同じ瞳というか。

標章
2015年8月12日 水曜日 20:31

動植物にだけ意識高い系ってあるよね。
——

2020年東京オリンピックのエンブレム問題の話題で、次々と明るみになってにぎわっている。

去年あたりから同じ系統の問題が世間を賑わせているのだけれど、いまの日本で何かトラブルになっていることの根底にあるのは、ほとんどすべて「あの辺」なのではないか。正確にはもっとずっと前からなのだが、去年はインパクトのある人達が多数登場したので記憶にも新しい。

規模の差はあれど複数人の組織やグループであれば似たような構図にななりがちで、フツーの人ならば大なり小なり同じような経験をしているので世間の注目度も高いのだと思う。

そういった意味で、今回のエンブレム問題も日本の現状が凝縮されている。エンブレムって象徴とか標章(記章)みたいなものなので、日本を表すという部分においてはけっこういいデザインなのかも。オリンピックにふさわしいかどうかはさておき。

エンブレムが今後も変更なく正式採用となれば、この先5年間(もしくは死ぬまで一生)、国際的な晒し者状態で過ごさなくてはいけないのって、そっちのほうがデザイナーにとって拷問なのでは。

あのエンブレムを見かけるたびに誰もが思い出すなんて。これ以上の罰はない。

手引
2015年8月11日 火曜日 12:56

諸悪の根源は「内輪」。
—–

毎週購入している宝くじを東京オリンピックまではtoto BIGにしようかなと思っていたのですが、やっぱりいつもどおりのロト7にします。

新しく建設するのなら屋根付きのほうが良いのでは、と思ってのことだったのですが、結局屋根がつかない構造にする方針みたいなので。だったら別にいいかなと。

ここ一ヶ月ほど新国立競技場やJSC関連の報道をぼんやり見て、現状では応援するに値しないなと判断しました次第です。

おめでたいことだから、せっかくやるのだったら、頑張っているから、弱者だから、みたいな一見するとごもっともな理由につられて、よく知りもしないことを安易に応援などするものではありませんでした。反省して手を引きます。一ヶ月だけtotoを購入しましたが体験期間で撤退します。

「手を引く」って、「導く」のと「退く」のとで正反対の意味がひとつの言葉に同居していてすごい。

不透明
2015年8月9日 日曜日 14:37

立秋でちゃんと秋風が吹いてきた。
——

クーラーを使いたくないという理由のひとつに「電気代が気になる」というのがあると思う。

電気代って基本的に使った分だけ後払いで、どのくらい使用したか(請求がくるのか)は後になってみないとわからない。自分でメーターを確認して計算すれば分かるかもしれないけれど、電気機器を使用中にリアルタイムでわかるわけではない。

冬の暖房としての灯油は前払で購入してくるので、その点では明朗会計だ。

なのでクーラーも本体にリアルタイムで使用料金が表示されるようなパーツでもつけるか、プリペイドで事前にお金を投入した時間だけ稼働するようなものがあれば、屋内での熱中症による死亡事故も減らせるのではないだろうか。

そう考えると電気・水道・都市ガス料金の使用料支払い方式って、ライフラインとは思えないくらい悪徳商法だ。

再来
2015年8月6日 木曜日 12:18

お疲れ様です。
——

今年の夏も厳しい暑さが続いております。個人の体感としてはあの2010年の夏の再来かとも思うほど。まんまと体調を崩しております。

2010年以前までは、冷え性とか言って夏場のクーラーの効きすぎた部屋で体調をくずす人たちのために弱冷房を心がけましょう、みたいな提言が繰り返されていたけれど、あの夏以降は弱冷房推奨はすっかり影を潜めた。

かわって「熱中症注意」旋風が吹き荒れている。「冷房を適切に使いましょう」と毎日のようにニュースでも伝えられている。

1990年代くらい?までは運動中に水分を摂ることを制限する習慣があったはずだけれど、今そんなことをしたらただの虐待になってしまい、打って変わって「こまめに水分を摂りましょう」になった。

先週は毎日のように光化学スモッグ注意報が発令されていて、外出や運動はなるべく控えましょうという注意喚起メールが届いていた。

でも五年後のこの時期には東京オリンピックが開催されて、毎年のように高校野球も開催される。運動を控えなさいといいつつも、わざわざスポーツイベントを開催してそれをありがたがっている。

昔は夏休みでどのくらい日に焼けたかを競い、真っ黒なほど外でよく遊んだ証拠として誇らしかったはず。いまでは子供でも日焼け止めクリームを塗るのが常識だ。

すべてにおいて、おどろくほどまったく逆だ。

歴史は繰り返すので20年後ぐらいにはドヤ顔で「運動中に水を飲むな」とか言っているかもしれない。

気長
2015年8月1日 土曜日 06:31

今年の漢字は「火」かな。
—–

この夏のマイブームは緑茶やはとむぎ茶を氷出しで濃い目に抽出して、飲む時にはすこしだけ氷を入れてチビチビと飲むこと。

氷が溶けていく時にポタポタと落ちる水滴でお茶を抽出するわけなので、ドモホルンリンクル並に気の長いことである。でもずっと見守ったりせずとも冷蔵庫にいれて一晩放置すれば朝には出来上がりなのでお手軽で誰でも出来る。

濃く抽出するため量は多く出来ないけれど、二杯目からは茶葉の上から水や熱湯を足せば普通のお茶としても楽しめる。

ウィスキーをロックで飲むのってきっとこんな感じなのかしら(お酒を飲まないのでわからない)。

« « 旧 | 新 » »