自己責任
2015年6月26日 金曜日 10:29

Polaroid piguの背面カバーにリンゴマークのシールでも貼ろうかな。
—–

(今回の投稿はスマホの設定やドコモの契約プラン等のかなり込み入った話になりますので、興味の無い方は読みとばして下さい)

ドコモでの話が前提になってしまい恐縮ですが、「SIMフリースマホに現在契約しているauやソフトバンクのSIMを挿して使いたい」と思っている方の全般に共通する部分もあるかもしれません。それぞれのご利用環境に置き換えてお読みいただければ幸いです。
20150626

私の現在の契約はドコモの旧プラン(基本使用料743円)+ISP契約(SPモード)のみです。パケットパック的なオプションは一切付けておりません。

はじめてのSIMフリースマホにドコモで契約している現在のSIMを差し替えて使用するにあたり、ドコモに質問してみたことは、

1,ISPをsp-mode契約のままでSIMフリースマホにSIMを挿すとデータ通信はまったく出来ないはずなので、パケット代は一切発生しないのか(パケット漏れはしないのか)。通話専用のように使えるのか。
2、SMSは届くのか。
3、ドコモメールの「未受信のメールがあります」という通知は届くのか。

という3点です。

細かい話は後日もうひとつのブログのほうに書くかもしれませんが、ドコモから得られた回答は「SIMフリースマホにおけるSIMカードの動作については保証対象外ですので、確たるお答えは致しかねます」とのことでした。

ですよねー。ドコモ側からしたらそう答えるしかないのは至極当然で、ぐうの音も出ません。

キャリアから販売されている端末は専用端末としてちゃんとチューニングした状態になっていて、本来ならばユーザーがアプリをダウンロードしたりせずにそのまま使うのが一番安全なはず。

Google PlayやApp storeからアプリをダウンロードして使った場合、そのアプリの品質や動作までドコモが関与する必要はまったく無いわけで、ダウンロードしたアプリが悪徳でバックグラウンドでデータ通信しまくった結果、パケット代が高額になったとしてもドコモからすれば「そんなこと知ったこっちゃない。パケット代はすべて支払ってもらいますよ」というのが契約社会としては普通の対応なのだ。

自社から発売している端末でユーザーが設定等をカスタマイズしたのなら、まだ保証の範囲内にすべきところだけれど、どこの馬の骨かもわからないSIMフリースマホなんていう他社端末の動作まで面倒みてられないですよね。

迷ったのですが、私は結局ドコモSIMをSIMフリースマホに挿して使うことは諦めました。もし何かあった場合パケットパック契約をしていないということは青天井なので。パケットパック契約をしていたとしても、他社製品の内部で起こったSIMカードのトラブル等はおそらく保証対象外でしょうし。

Android OSや端末をまったく信用していないので、リスク回避します。おとなしくドコモ端末に挿したままにしておきます。

自由には責任がともなう、自己責任とはまさにこのこと。SIM「フリー」スマホだけに。

« « 旧 | 新 » »