胡蝶蘭
2015年5月30日 土曜日 11:48

またお中元に悩む季節がやってまいりました。
—–

贈り物ミッションの中でも「胡蝶蘭を贈る」ってかなりハードルが高いと感じる。偉そうな人のオフィスとかによく飾ってあるイメージで、お祝い事以外にもお供えの花として贈ることもある、フォーマルな花なのかもしれない。

「なぜ胡蝶蘭を贈花にするのか」という情報をどこかで見かけた。見た目の豪華さもさることながら、お手入れが簡単なのに長持ちするから贈られた相手も困らないという理由らしい。

水やりは二週間に一度くらいで調度良く、気温をあまり気にすることなく常温放置でもわりとOK。それでいて花は約75日も咲き続けるという。

そんなに長持ちするのだったら、たとえば自分がいただいた胡蝶蘭を別の人に横流し(流用)してしまってもバレないのでは。

鉢植えだけに、お鉢が回ってくるという。

風合
2015年5月24日 日曜日 07:54

なんだか熱っぽい。
—–

IKEAはたくさんの家具や雑貨が並んでいて楽しいお店だけれど、結局買うべきものってあのブルーバッグ(ショッピングバッグ?)くらいしかない。

S, M, Lサイズとファスナーのついたトロリー用バッグがあって、IKEAでの買い物時というよりも日常生活の中で活用している人も多いのでは。

とくに大きいタイプは、このぐらい安価で肩からかけられる大きな袋って100均ショップやホームセンターでもなかなか見かけない。案外唯一無二の存在かもしれない。

生地がブルーシート(レジャーシート)なので意外と丈夫だし、水に濡れても拭くだけで済む。安価だから気兼ねなく使えて、ダメになったらすぐに処分できるのも利点。

とくに軽くてかさばるものを持ち運ぶ必要がある際に大活躍で、車のトランクに広げておけば汚れの防止にもなるしもちろんバッグとしても使える。ブルーバッグはまさに現代における「一家に一袋」モノなのでは。全サイズ揃えておくとさらに便利。

新しいブルーバッグを買い足したので以前から使用しているものと比べてみたところ、当たり前かもしれないけれど新品のほうは生地がパリっとしていて固い。以前からのものはなんだかやわらかく馴染んだ感じになっている。

使い込むほどに風合いが増すなんて、まるで革製品みたい。

あの定番スピーチ「人生で大切な3つの袋」のネタに、新たなもうひとつの袋が加わった。

顰蹙
2015年5月21日 木曜日 09:47

コーヒーってたまに納豆のニオイがしませんか。
—–

欲しかったものがアマゾンで期間限定セールになっていて、買おうかどうかものすごく迷っている。

アマゾンでの買い物は緊急時を除いて原則的に一ヶ月に一度だけと決めていいて、今月はすでに一度買い物をしてしまっているため、自分で決めたルールを自らやぶることになってしまうからだ。

カートにいれて必要事項を入力して、最後の「注文を確定する」ボタンを押す画面まで辿り着いてからしばらく悩んで、結局確定ボタンを押さずに「カートから削除」をする。この過程をもう何度も繰り返した。

ネットのショッピングサイトだからできるけれど、これを現実の店舗でやったら相当に迷惑な客になってしまう。

毎日お店にあらわれて→お目当ての商品をカゴにいれて→レジのところまで行くのに→結局買わずにまた商品を棚に戻す、みたいな。

とくに食品売場(生鮮食品)でこんなことしていたら、顰蹙を買ってしまう。

買い物だけに。

しかし顰蹙(ひんしゅく)って難しい漢字ですね。

固定
2015年5月19日 火曜日 18:23

なかなか疲れがとれない。
—–

いまドコモの携帯電話(スマホ)の月々の支払いは1,107 円(消費税等相当額 82 円)だ。おそらく内訳は基本使用料が743円+ISP契約(SPモード)が300円、あとユニバーサルなんとかや消費税なんかで合計がその金額になっているのだと思う。

現在の使用機種に「通信制限モード」というのがあって、そのモードにするとデータ通信やWIFIの通信が遮断される。遮断されてはいても「かかってきた電話を受ける」のと「SMSの受信」だけはできるという、要するに待ち受け専用モードみたいな状態だ。自分からの発信はモード解除しないと出来ないので、基本使用料以外の通信費が一切発生しない。

常に通信制限モードにしたままにしてここ数ヶ月を過ごしたが、何の不便もない。充電頻度は5日おきくらいで足りる。

iPadやほかのAndroid端末をWIFI経由でフル活用しているせいもあるけれど、スマホはもはや待ち受け専用で十分なような気がしてきた。そんな感じなので、近所に数時間の外出だったらスマホを持ち歩かずに置いていってしまうことも多くなった。

外に持ち出さない・待ち受け専用電話って、それはもはや固定電話じゃないですか。

格安SIMにも興味はあるのだけれど、セキュリティさえ気をつければ街中に無料WIFIスポットも充実してきているので、格安SIMすら無駄遣いになりそうで二の足を踏んでいる。

こんど機種変更するときはもうガラホにしちゃおうかしらと思うほど、外で通信機器を使わなくなった。

風評被害
2015年5月11日 月曜日 11:46

すこし寒い。
——

箱根山に噴火の予兆が見られるということで、先週半ばあたりから警戒状態が続いている。

立入禁止区域に指定されているのは大涌谷周辺のみで、他のエリアは普段どおり観光もできるとのことだけれど、箱根の観光産業関係者は早くも風評被害への懸念で頭がいっぱいという感じだ。

大地震や噴火等、ここ数年の自然災害をみんなそれぞれの立場で経験しているし、誰でもリアルタイムで現地の映像やら情報が入手しやすい環境を持っている現代において、「立ち入り禁止区域はごく一部ですので他は安全です!」「大涌谷以外は通常営業しております!ぜひ予定どおり遊びにきてください!」といった情報を観光産業サイドからやたらと発信するほうが、かえって無責任な印象をあたえかねないのでは。

お客様の安全を第一に考えるのならば「皆様ご存知のとおり今はこういった状況でございますのでぜひお越しくださいとは申し上げにくい次第ですが、火山活動が収束しました際にはぜひ遊びに来てください」くらいのほうが好印象だったりしませんか。

風評被害への懸念がかえって風評被害をまねく、という懸念。

完全防備
2015年5月7日 木曜日 09:43

今までのネット人生で「ほぼ日」ってほとんど見たことないかも。
—–

今週の生協チラシより。
20150507

昔は夏といえばとにかく薄着の方向だったような気がするけれど、紫外線の害がさけばれるようになった近年では「いかに日に当たらないか」を競うような装いにシフトチェンジしてきてますよね。

帽子はもちろんのこと夏でも長袖、首には夏用マフラー、日傘等で完全防備。

赤道に近く暑い気候の地域でもあるイスラム圏の女性が、屋外では全身を覆うようなスタイルで目や手だけ出した状態で生活しているのって、もちろん宗教的な理由もあるのだろうけれど、理にかなっている何かがあるから長い歴史の中で廃れずに残っているという部分もあるのでは。

UVカット路線を突き進むと、行き着くところはUVカット機能のある大判の黒い布を頭からかぶるスタイルになるのでは。

圧縮
2015年5月2日 土曜日 11:18

ドリル優子や号泣議員を見てると真面目に経理処理するのが馬鹿らしくなってくる。
—–

今年3月の確定申告時期は通常業務が猛烈に忙しくて申告するだけで精一杯で、経理関係書類の整理整頓まで手が回らなかった。

放置していた分を半日かけてようやく処理した。保存義務期間の過ぎた昔の経理書類をスキャニングした後でシュレッダーにかけたり。

使用しているシュレッダーは電動ではあるがかなりの旧式で、細長く裁断されるだけのものだ。裁断したゴミがたまってくるとどんどんかさが増えてきて45リットルのゴミ袋がすぐに満杯になるほど体積が増えるので、たまに裁断を中断して手でぎゅうぎゅう押してやる必要がある。

あ、書類をzip(圧縮)してる、と思った。

風味
2015年5月1日 金曜日 06:04

ラララ〜。
—–

自分でいれて飲むホットコーヒーはとにかく安さ重視なので、安いレギュラーコーヒー粉を買ってくる。1杯あたりの単価としてお湯を沸かすガス代や水道代は含めず、コーヒー粉の単価のみで約6円くらいだろうか。

味はとても薄く香りもほのかに漂う程度で、これは「コーヒー風味のお湯」とまではいかないが、人様におすすめできるようなものではない。

普段薄いコーヒーを飲み慣れているので、外で購入するコーヒーはものすごく濃く感じてそのギャップに驚く。

正直なところ濃いコーヒーだと残さず飲み切るのがしんどく、最後の一口までおいしく飲めないこともある。今後はお湯割りにでもしてもらおうか。コーヒーのお湯割り下さいって注文しようかしら。

もしくは最近流行のラーメン屋みたいに、「ブレンド、味薄め、酸味少なめ、苦味マシマシ」みたいなカスタムオーダーが出来るコーヒーショップがあればいいのにね。

二郎系列には行ったことがないので聞きかじった話だけで書いています。

« « 旧 | 新 » »