理論
2014年12月31日 水曜日 09:29

海外からのスパムメールが急激に増えたのは年末だから?
——

ソラシドガクフの2014年をふりかえります。

上半期は複数抱えていた仕事の、手を離れるタイミングが揃うという奇跡が何回かありまして、けっこう連休があったりしました。下半期はそんなミラクルはおきずに、絶え間なく仕事をしておりました。

時間が空いたとはいえ受注型の自営業ですので次の仕事をいつでもご依頼いただけるように、常にスタンバイ態勢でいる必要があるのです。

そういった急に空いた時間を、すぐに復帰できる態勢をとりつつ有効に活用する方法って掃除か勉強くらいしかないのですよね。

そんなわけで上半期は掃除と勉強がはかどりました。バッハ全集のCDをまとめてリッピングしてからCDを売却したり。所有していたCDは数枚を残して全部手放した状態です。おそらくこの先、銀色の円盤を購入することはほとんど無くなるのでしょう(ダウンロード購入はします)。

—–

あとは趣味と実益を兼ねて音楽理論の勉強をしておりました。仕事柄、まったく音楽理論が分からないというわけではないのですが、自分に不足している範囲を補うかんじで来年以降も勉強を続けていきます。

「机上の理論」や「屁理屈」「理屈っぽい」という言葉のニュアンスからも感じられますが、理論はなにかと揶揄されがちです。とくに音楽の理論はそういった側面があるのではないでしょうか。理論よりもセンスが大事!みたいな。英語学習でも受験のための文法が重視されがちで、実際の会話ができないのと同じように。

でも物事の仕組みや理論を知る楽しさってどんな分野にも少なからずあると思うのです。それが実地に活かされるかどうかは別として、単なる楽しみ。

——

私の将来の夢は

作曲を独学で習得し

絶対音感をたよりに

超絶技巧交響曲を作曲する

ピアノの弾けない大作曲家になることです

(作曲家にはなりません)

(皆様よいお年をお迎え下さい)
(来年もよろしくお願い致します)

近道
2014年12月29日 月曜日 07:53

ひきつづき2014年のまとめです。
—–

つづきましては本欄でアクセスの多かったエントリーの発表でございます。

wordpressに移行してから3年も経つと、今年の投稿が一位になるとは限らないのですよね。過去の投稿で需要の多いものに継続したアクセスがあるのです。ということでランキングです。

第一位 2013年1月26日から30日にかけての「NHK解約」に関する投稿でした。
→去年1月の投稿なのに、今年も第一位でございました。20130126

第二位 カフェオレ(コーヒー)をスープジャー(フードコンテナ)にいれるという話。
→これは何回か別の話題で同じようなことを投稿したのですが、なぜこんな内容にアクセスがあるのかしら。20131121

第三位 くまモン応援ふるさと納税の話。
これも数回にわけて書いたりしました。おそらくこれはくまモンにふるさと納税をするともらえる特典(グッズ)が気になる人が検索してきている模様。20131123, 20140130

第四位 仰げば尊し
ここでようやく2014年の投稿が登場しました。季節モノなので需要のある時期が限定的ですし、また来年以降にも引き続きご利用いただければ幸いです。20140214

Yシャツを脱水せずに干すとしわにならない話が2012年の上位だった時もそうですが、How toものはアクセスがありますね。テレビの情報番組系の人気が衰えないわけです。

アクセスのある投稿に共通して根底にあるのは、「努力や損は一切したくないけれど、自分の能力以上の得をしたい」「目的地まで一直線で確実・最短距離の道を最初から間違いなく選びたい」「理論的な難しいことは考えたくないので、自分の理解しうる・制御可能な範囲内の話におさめたい」みたいなものでしょうか。

近道したい、ということなのかしら。

——

マクドナルドのポテトは数週間経っても腐らない→保存料たっぷり!人工的な食べ物イコール悪!という都市伝説みたいな主張を事あるごとに見かけたりします。ネット上でもそういった内容の動画や記事がたくさんヒットします。

でもそれを実際に自分で試してみたことがある人はどれほど居るのでしょうか。

ポテトを常温で放置して経過観察することは、特殊な実験設備がなくても誰でもできることなのに。

誰でも出来る範囲内のことだったら、ネットの記事をそのまま信じて反射的にリツイートしたり人任せにせず、自分でもやってみたほうがきっと楽しい。

発表
2014年12月26日 金曜日 06:05

もしかして世間的には今日が仕事納めなの?
——

今年も残すところあと数日となりましたが、ここでわたくしが今年一番多く制作しました譜面(の曲)を発表したく存じます。

今年ダントツの一位はあの大ヒット曲、レリゴーです!あ、日本語版なのでレリゴーというよりも「ありのー」なのでしょうか。もうありとあらゆる編成の譜面を制作しました。

春ごろにネット上で「レリゴー」という文字を見かけるようになったのですが最初は意味がわからず、「また知らない間に何か流行しているのかしら」くらいに思っていたら、仕事を通じてレリゴーのことを知りました。

あの曲は長いので必然的にページ数が多くなって、比例して制作費もかかるため儲kqっt。

「本当にありがとうございました」って色々な場面で使って、すこしブラックなニュアンスでも用いたりするけれど。

レリゴー様様でございます。本当にありがとうございました!もう何度でも歌わせていただきますっ!レリゴーレリゴー。

KFC
2014年12月24日 水曜日 04:46

クリスマスイブですね。
—–

クリスマスにケンタッキーフライドチキンを食べるおかしな日本人、みたいな笑い話としてのお約束がありますよね。

個人的にはKFCってご馳走です。数あるファストフード店の中でもすこし特別なポジションにあるというか。日常的に気軽に食べるものではなく、ちょっと特別な時にささやかな贅沢として食べるものという位置づけにあるというか。

宗教的に無関係の人が、有名人の誕生日を祝うために自分にとってのご馳走を食べて祝うのってそんなにおかしな話ではないはず。

かといってクリスマスに予約してまでKFCを食べるかというと、混んでいるので当日はさすがに避けてしまうのですけどね。

信用
2014年12月20日 土曜日 08:20

今日も魂の限界まで仕事します。
—–

ドアチャイムが鳴ったので出てみたら保険外交員(保険の訪問営業?)だった。

普通のスーツ姿の男性で、ご挨拶としてお名刺と粗品のポケットティッシュ(会社名付き)を2ついただいた。

スキャナやプリンタが手軽に利用できる現在、名刺は簡単に偽造できる。正式なものとくらべれば紙質やインクのちがいですぐに偽物だと分かるけれど、高齢者だったら判断できないのではないか。

そして制服や会社名の刺繍されたブルゾン等を着用していれば、まだ信用できるかもしれない。市販されているようなビジネススーツは誰でも準備できるので意味が無い。偽造するにはそれなりに手間がかかるアイテムが重要だ。

そういう意味で現代では名刺よりも会社名つきポケットティッシュのほうが信用度が高いのだ。粗品まで偽造(もしくは転用)して悪用されたらおしまいだけれど。

訪問セールスはもはや誰も信用してはならぬ。

禁忌
2014年12月18日 木曜日 21:17

温暖化による寒冷化。
—–

食品関係の職業に就いている人(およびその家族)は、就業規則で喫食禁止されている食べ物があるそう。

二枚貝の生食、生卵等だ。厳しいところだとナマモノは全面的に禁止だったり、加熱調理された二枚貝もNGというケースもあるらしい。季節によって禁止になる食物が変わったりもするみたい。

刺身でも食べられる新鮮な魚介類・お肉!とか、みんなけっこうありがたがって食べているけれど、食品のプロが食べてはいけないとしているものって要するに禁忌なのでは。

——

年末にかけて忘年会のシーズンだ。

一昔前よりは少なくなっただろうけれど、会社全体での忘年会や社員旅行を開催したがる社長や社風のところってまだあるのだろうか。

ただでさえ忙しいこの時期に、一堂に会して何かするって感染症にかかったら組織が全滅するリスクがああるので、危機管理がなっていないと思われても仕方がないレベル。

もし忘年会をするのなら、組織や部署を二分割、A日程・B日程と用意したうえで開催場所もちがうものにしていずれかに参加する、くらいしている会社だったら管理能力があると信用されるかも。

794
2014年12月15日 月曜日 22:49

何回もネタにしたわりには選挙に行きませんでした。
—–

本日の午前中から突如としてMacが不調に陥ってしまい、大変困っているのです。この年末進行で一分一秒をも惜しんで仕事をしている時にかぎってなぜ。

そういえば去年も11月から12月にかけて、Mac OSのSpotlightとTime machineがうまく動作しなくて悩んでいたような気がするのだけれど、この時期特有の何かなのだろうか。

今回は去年よりも重症で、ちょっとどうにもならなさそうなのでバックアップ用の外付けHDDを初期化してしまい、今までのバックアップはすべて消してしまったので現段階でもすでにけっこうなダメージなのです。あああ。

初期化までしたのだから、新しくバックアップをとる分には正常に動くようになるだろうと楽観していたら、なぜか途中でとまってしまう。
20141215
7.94GBのところで止まったまま数時間。

794(ナクヨ)ウグイスではなく、泣きたいのは私のほうだ。

陰湿
2014年12月13日 土曜日 20:12

年末進行で大忙しなのです。
—–

この寒い中、学校の体育館に呼び出しされる(選挙)って何かのイジメですか。

明日の選挙で比例区はみんなの党に投票しようかしら。
20141213
みんなの党→グループ解除

パソコンの編集ソフトには「グループ(化)」や「グループ解除」という機能がついていることが多い。

「ロック」や「隠す」とか、なんとなく陰湿さの漂うAdobe Illustoratorのオブジェクトメニュー。

安否
2014年12月8日 月曜日 20:45

冬場に暖房なしで窓を開けたまま寝れば毎日が避難訓練。
—–

徳島県の大雪で停電のため電話がつながらず安否確認が出来ないということで、IP電話が悪者になっている。

自治体主導で地域全体が光ファイバー網を導入していて、けっこうな田舎で高齢者の一人住まいでも立派な設備が設置してあることが多い。

そもそもIP電話ではなくかつての固定電話であったとしても、いわゆる黒電話タイプの電話機(電話線からの電流だけで駆動できるタイプの電話機)でなければ停電中に電話は使えないはず。FAX機やコードレス電話なんかだと通話できないし、黒電話であっても強風や大雪により電話線自体が切れていたりしたら結局はつながらないのでは。

昔とくらべて携帯電話番号の信用度ってすこし向上したけれど、いまだに固定電話番号のほうが(信用という意味では)上、みたいなところって残っている。書類等に記入する欄をみても、携帯電話番号欄だけという書類はあまりなくて固定電話と併記するように項目が設けられている。

でも災害時に強いのは最悪の場合は乾電池でも充電できて、基地局さえどうにかなればつながる携帯電話のほう。災害時のことを第一に考えるのなら停電になっても安否確認ができるようなシステムを導入すれば良いのではないか。

上空や遠方からでも安否確認がしやすいように、居住者が「無事です。心配無用」という合図(目印)として、庭のこいのぼりを飾るためのポールに黄色いハンカチをぶらさげておくとか。

半角
2014年12月7日 日曜日 21:27

寒くてですね。
——

本欄の2014年10月4日に「不謹慎」というタイトルの投稿でネット上の表現として「w=(笑)」のことについて書いたのですが、私の知らない間に半芝・単芝なるルールが浸透していたのですね。

個人的にはアルファベットを全角で入力するのにはすこし抵抗があるのですが、テキストとしての文字w(半角)と記号としての文字w(全角)の差別化という意味では理にかなったルールなのかも。

「全角のwが正式」というルールを踏まえていれば、www(world wide web)を見ても笑いとは結びつかなくなる。wwwとwwwはコンピュータの世界ではまったくの別物なので。

こういったルールやマナーって常に変化してゆくもので、時代遅れのマナーを信じたまま情報を更新せず、さも常識であるかのように振りかざしてしまうことは恥ずかしいことなので自分も気をつけよう。

2014年10月4日の投稿は御嶽山噴火のニュースの中で、犠牲者の方の葬儀で白ネクタイを着用していた男性の姿をみて、「白ネクタイが葬儀の正装である宗派もあるのか」とはじめて知ったころに書いたもの。

冠婚葬祭のマナーにやたらとうるさい人っていつの時代も一定数いるけれど、ああいった方々は「葬儀に白ネクタイ着用で参列」なんていったら卒倒してしまうのだろうか。

前述の投稿は「葬儀に白ネクタイw」と、まったく意図していなかったのに共通する部分を書いていたということに、数カ月後の本日になって気づくのでしたとさ。

投票
2014年12月3日 水曜日 20:46

さむくてやる気がでない。
—–

小選挙区は自分の名前にするけれど、比例区はどうしようかしら。甘党にしようかな(甘いものが特別好きというほどでもないのですが)。

目民党
民王党

とかでもいいかも。わざと漢字をまちがえるという嫌がらせ投票。投票用紙の枠の中にものすごく小さな文字で書くいて、開票作業を手間取らせてみたり。

目田民壬党

とかだとどうなのだろう。

有効・無効(按分)の判断は選挙長が行うらしいので、ご面倒おかけしますがご査収下さいますようお願い申し上げます。

« « 旧 | 新 » »