筆記用具
2014年11月29日 土曜日 20:45

今度の選挙は自分の名前を書いて投票しようっと。
—–

しれっとといえば、アフィリエイトのほうをしれっと更新しております。
http://sollasido.com/diary/201411.html

大学の講義中における板書の書き写しをスマホカメラ撮影で済ませる時代の、携帯筆記用具について書きました。

そんなに大げさな話ではなく、筆記のしやすさはさておき、軽くて短い(お財布に入れても邪魔にならないくらい)、なおかつ安い携帯筆記用具が欲しかったけれど探したのに見合うものが見つからず、仕方なく自分で作ったという話です。もしよろしければご覧下さい。

ナンバーズやロトのハズレ券の意外な有効活用方法も発見したつもりでしたが、材料費に宝くじの代金を含めて計算すると、制作コストはそれなりにお高くなるのですよね。

時系列
2014年11月26日 水曜日 08:57

STAP細胞って結局どうなったのさ。
—–

STAP細胞の再実験ってたしか「11月を目処に……」という話だったような気がするのですが、もう11月も終わろうとしておりますが進捗状況はいかがでしょうか。

事件・事故の発端や発覚時ばかり大騒ぎして、別の大きなニュースが新しく入ってくるとあっという間に話題が移ってしまう。当事者たちは自分たちから世間の目が離れていってやれやれと思っているところなのかもしれない。

「そういえばあの事件(事故)って、その後どうなったのだろう」と、ふと気になったり思い出すことって結構ある。いまはインターネットというメディアもあるのだから、事件の発端から途中経過、そして結末までを時系列で追えるようなシステムのニュースサイトもあっても良いのではないでしょうか。

「時間が経てばどうせみんな忘れちゃうだろうから、うやむやなままフェードアウトしてほとぼりが冷めたころにしれっと復活しよう」なんていうご都合主義が通用すると思ったら大間違い。みんなわりと覚えてますよー。

親戚
2014年11月25日 火曜日 04:32

筆記用具関係の投稿が続いているのはきっと気のせい。
——

いまナウなヤングのあいだで流行中のスタイルフィット(三菱鉛筆)という多機能・多色ペンで、セブンイレブン限定版というのがあるのです。

http://www.sej.co.jp/products/7lifestyle.html

20141125-1
ほかにも黒・赤・イエローがあったはず。これはオレンジ。

これって、あれに似てませんか。

20141125-2
(下)三菱鉛筆ボールペン 証券用細字

証券用細字は昔からある、知る人ぞ知るボールペン。最近では珍しくなってきた細めの軸といい、挟んだりするクリップがついていないシンプルなボディ、さらに六角軸なのでまるで鉛筆のような握り心地。ノック式で替芯もできるというすぐれもの。

無骨で古風な証券用細字が兄で、近代的で曲線的なスタイルフィットは年の離れた妹みたいな関係だろうか。

両方とも同じ三菱鉛筆製なので似ていても納得なのですが、このセブン-イレブン限定版のオレンジ色の軸が、あの世界的に有名なボールペンのことも思い出させます。

20141125-3
(画像一番下)BICノック式ボールペンM10クリック

20141125-4
(BICノック式ボールペンM10クリック+証券用細字)÷2=スタイルフィット・セブン-イレブン限定版(オレンジ)?

BICといえばノック式M10よりもこちらのBICオレンジのほうがおなじみかもしれません。
20141125-5
画像一番上のキャップ式ボールペンが言わずと知れたBICオレンジミディアムです。

黒橙親戚一同の集合写真のようです。橙だけに代々。

勤労
2014年11月23日 日曜日 21:36

勤労感謝ですね。
—–

職種を比較する単語として「グレーカラー」という造語があるだそう。文章や会話の中で自然に使われているのは一度もお見かけしたことがないのだけれど、本当に実在する造語なのだろうか。

ホワイトカラーとブルーカラーの中間の性質を持つ労働者だとのこと。労働者であればほとんどすべての人がこのグレーカラーに属するのではないだろうか。

白と青の中間だったら水色ではないのか。ライトブルーというかパステルブルーみたいな。ブラック企業のホワイトカラーだとグレーカラーになる。

労働を色分けすると大変にややこしい。

替芯
2014年11月21日 金曜日 18:29

フライングブラボーならぬフライングバンザイ。

—–

ちょっと高級そうなボールペンが手元にある。自分ではこういったものは買わないのでおそらくいただき物なのだけれど、どういった経緯でどなたから頂いたのかを失念しております。ご無礼おゆるしください。

インクがかすれているので分解して中身を出してみると、ボールペンの芯はどうやらプラチナ万年筆製のようだった。ただ、型番らしき数字も含めてネットで検索してみてもそれらしきものがヒットしない。けっこう古いものなのでもう廃番なのかもしれない。

似たような形のものはあったのだけれど、ボールペンって意外と精密機械並の精度なのでちょっとでも芯の太さや長さがあわないとダメだったりするのだ。

そしてあまりにも種類が膨大すぎるし、替芯って微妙なちがいはあれど素人にはどれも似たようなものに見える。

こういうときにソムリエみたいな感じで「こちらのボールペンですと正規品は廃番となっておりますが、この替芯でしたら互換性がございます」とかいってサクッと合うものを選定してくれる職業とかってないのだろうか。ボールペン替芯ソムリエだ。蝶ネクタイとかして後ろにずらっと並んでいるボールペン替芯在庫から、ぴったりなものを一発で出してきてくれるのだ。

ワインとちがってペンの替芯は単価が安すぎて商売にならないだろうか。都内の大型文具店あたりにソムリエ的な役割の人とかいそうだ。

通用
2014年11月19日 水曜日 23:36

真冬が着実に迫ってきているのを否定したい。
—–

ネットショップで購入した商品の受け取りは、可能なかぎりコンビニ受取にしている。自宅に配達だと時間指定をしても数時間は拘束されてしまうので、自分の都合で取りに行けるコンビニ受取のほうが自由がきいて助かるのだ。

しかしコンビニの取扱商品やサービスってあまりにも多岐にわたっていて、店員としたら大変だと思う。お弁当を電子レンジであたためるのと税金の振込をマルチタスクにするってすごいこと。

会社を辞める時に「君ならどこにいっても通用する」みたいなことって言われがちだけれど、どんなに長年勤めたようなベテランとされる人であっても他では(すぐには)通用しない。だから「部長ができます」というジョークがあるのだ。

転勤族の奥様のパート先といえばファミレスが定番だった。ファミレスは全国どこにでもあって、系列はちがえどもシステムが似通っているので前職の経験が生かされやすいから。

でも今はたぶんコンビニだろう。コンビニ勤務におけるすべての付帯業務を一人前にこなせるのなら、本当の意味でどこにいっても即戦力で通用するはず。

安心
2014年11月15日 土曜日 14:24

下阪したのであとは無事に印刷されることを祈るのみ。
—–

ネットショップで買い物をして、注文の最終確認画面をみていたら決済方法の欄が「楽天あんしん支払いサービス」という表示になっていた。

平仮名で「あんしん」というネーミングのものは、たいていが不安で危ういものだ。

楽天+あんしん+支払い、という文字列には、安心を感じられる要素がどこにもないという驚き。

王朝
2014年11月10日 月曜日 22:46

安倍ちゃんは外国ばかり行っているね。
—–

「業」と「普」の文字を手書きで書くとき、上の点の数が4つか2つかでいまだに迷う。
20141110-1

PC上で文字を加工して無理矢理つくってみました。
20141110-2

私は楽譜浄書業者なので、これを間違ってしまうとちょっとしゃれにならない(「譜」はごんべんに普なので)。ほかにも

普通科卒業
産業普及

日常的な文章の中にも潜んでいる。

この部分を間違えないようにするためには秘訣がある。まず「普」と書く時に「晋」を先に書くのだ。晋と書く場合は上の点は不要なことと、真ん中は2つではない(すなわち4つである)のでわりとすんなり書けるのだ。

20141110-3
「晋」の間が2つだとスカスカすぎる。

「晋」と書いてあとから上に点を2つのせる。たぶん書き順としてはNGだろうけれど、字を間違えるよりはマシだ。「業」は「普」じゃないほう、という認識なので、晋→普→業と事前に2文字経由してようやくたどりつく。

普通とか業務とか書いている時に、頭の中では中国の王朝名を経由してました。そういえば現在の内閣総理大臣のお名前(晋三)にもこの文字が含まれているのですね。

代筆
2014年11月9日 日曜日 12:16

今週が山場。
—–

前々回の投稿で薄墨筆ペンのことを書きましたが、結局あのペンは捨てました。

コンビニ文具で一番置いてあってほしいものは薄墨筆ペンなのではないだろうか。慶事は事前に準備できるけれど、弔事は急で突発的な場合が多いので。

また薄墨筆ペンは年中必要な筆記用具ではない。頻繁に薄墨筆ペンの出番があるのは弔事関係の仕事についている人くらいだろう。なのでコンビニで薄墨筆ペンをレンタルしてくれたらなおありがたい。

さらにいえば、筆文字が苦手な人のためにコンビニで代筆業務も行ってくれたら大助かりだ。一回しか使わないようなペンを買う必要もなく、代筆もしてもらえるという。香典袋をコンビニで購入することを条件に代筆料金とセット販売すればわりと需要があるのではないか。

店舗ごとに代筆担当みたいな店員さんが居てくれて、それがお店の特徴や付加価値にもなる。○○店の代筆担当は美文字美人!みたな注目もされるかも。

コンビニを利用するぐらいの気軽さで筆文字の代筆してもらえるって、案外相性も良いのではないか。

波線
2014年11月6日 木曜日 00:59

訓練だとわかっていてもあのチャイム音はドキッとする。

——

2012年12月11日のエントリーがアクセス急上昇したので「なぜ?」と思ってログをしらべてみたら、知らないうちにヤフー知恵袋の回答として引用リンクされていた。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13137671553

(なお私は今までにヤフー知恵袋を質問・回答等で直接利用したことは一度もありません。よって自作自演ではございません。)

知恵袋での音楽記号のことについての質問で、本欄のエントリーが引用されているのだ。たしかに音楽記号ってそれが何なのか皆目見当もつかず、名称の手がかりもない状態だとネット検索では調べようがない。

言葉だけで質問しようとすれば「あの、楽譜の中で音符の横についている波線みたいなのって何ですか?」といった感じになってしまう。メールやファックスがまだ発達しておらず、電話だけでやりとりしていた時代に逆戻りだ。

現在は簡単に画像を提示する手段があるので、知恵袋のように「答えてくれる人」が居る場所で質問さえすれば答えがかえってくる可能性も高い。しかし誤った回答により混乱を招いてしまう危険性もあるようだ。今は回答自体が取り消されてしまっているが「これはグリッサンドです!」と断言しちゃっていた人もいて、これではいくつかの回答の中から最終的な正解がどれなのかを見極める力がなければ知恵袋がかえって有害になるだけだ。

さてここで唐突ですが知恵袋に直接ではなく、全く無関係な当ブログ上でひそかに意味もなく回答に参加しちゃったりしてみます!

楽譜の中の波線は一種類だけではなく「線の向き」がいくつかあって、それぞれ意味や奏法がちがうらしいのよね。あらやだそうなの?

20141106

1の縦向き波線はアルペジオ記号。2の斜め波線はグリッサンド。3の横向き波線はトリル記号。

同じ記号でも演奏する楽器によって実際の音としての奏法がすこしずつ異なる場合があって、奏法だけで本が一冊書けるくらいバリエーションが豊富なので本欄でこれ以上の言及は控えますが、単語さえわかればこの先は個人で調べられるはず。人が教えてくれた答えを鵜呑みにするだけでなく、(自分が)知りたい情報がどれに該当するのかの判断ぐらいは自分でしましょうよ。

「楽譜・譜面・波線・奏法」あたりで検索して運良くこのページにたどりついたのに、でもヒントしか書かれておらず「あとは自分で調べてね」という、最初から最後まで不親切極まりない回答で失礼いたしました。

薄墨
2014年11月4日 火曜日 20:03

こんばんは。
—–

ちょっとメモをとろうとしてペン立てに手をのばしたところ、うっかり薄墨専用の筆ペンをつかんでしまった。

(と、ここまで書いてみて「過去にも薄墨筆ペンのことを書いたような覚えがあるな」と、自分のサイトを検索してみたところなんと2010年11月2日に書いていましたよ。ほぼ4年前の2日ちがいじゃないですか。でも前回とはすこしちがう話です。)

人に見せるものではなく自分用のメモだし構わずにメモをとったはいいものの、なにせ薄墨筆ペンなので色が薄くかすれている。

書いた文字が判読できないほどではないけれど、これって薄墨ではなく単にペンとしての寿命だったりするわけかしら。でも今までこのペンってほとんど出番はなくて文字を数回書いただけだろうし、もともとこれくらいの色の薄さだったのかも。

薄墨筆ペンは寿命の判断が難しく、捨てるタイミングが分からない。

明日
2014年11月2日 日曜日 00:15

今秋は日が暮れるのがやたらとはやく感じるのはなぜ。
—–

東京ディズニーランドとシーの拡張計画発表をニュースで見かけた。5000億円投資するとか、どこかの国家の予算かという規模。

TDLのほうはファンタジーランドエリアを拡張するかわりにトゥモローランドエリアを縮小するみたいな解説地図’も添えてあった。全体的に老朽化が目立つ年代に入ったTDLだが、その中でもトゥモローランドはもはや昭和のかおりがほのかに漂う感じなのだろう。あのゴーカートとかをつぶすのだろうか。時代おくれの古臭い未来って案外これが現実なのかも。

明日という現実が夢と魔法の幻想によって侵略・征服されましたとさ、おしまいおしまい。

« « 旧 | 新 » »