共通点
2013年11月30日 土曜日 04:26

結局再インデックス化についてはまったく進展せず。
—–

くまモンを見ていたらゆるキャラ界と芸能界にはなんとなく共通点があるような気がしてきました。

・熊本県山鹿市と菊池市にまたがる鞠智城のPRキャラクター「さきもりころうくん」はくまモンと所属事務所が(おそらく)同じらしく、よく一緒に居る(バーター)。

・くまモンが好きでころうくんはついでだったはずなのに、なんだか最近ころうくんのことも応援したくなってきた!(バーター効果)。

・くまモンの持ちネタである「くまモン体操」を他所のゆるキャラも一緒に踊る(先輩や大御所の持ちネタや持ち曲を後輩もやらせてもらう)。

・くまモンも他のゆるキャラの持ちネタを覚えて踊ったりもしている。

・単体で見ている分にはかわいかったはずなのに、先日のサミットのように大勢あつまると正直なところ魅力半減(大勢すぎてそれぞれがどうでもよくなる)。

・昨年までまったく名前も存在も知らなかったキャラクターたちだけれど、くまモンとの共演等で他の自治体のキャラクターも何人かは覚えた。

芸能界にはまったく疎いのにこれを書いておりますので、誤った認識でしたらごめんなさい。

優良
2013年11月25日 月曜日 18:38

まだ12月に入っていないのにすでに忙しさに負けています。
—–

前回ふるさと納税のことについて書きました。「ふるさと」「納税」という名前がついてはいるものの実質的には個人による自治体への寄附であり、寄附した額とほぼ同額が本来納めるべき住民税から控除されるという制度のようです。なので寄附を受け付けている自治体であれば居住経験の有無や戸籍等とは関係なく(ふるさとである必要はない)誰がどの自治体に寄附しても良いそうです。

ただ自治体に寄附するにあたり自己負担金が最低でも二千円かかってしまうので、普通に住民税を納めるより二千円分のコストがかかってしまうのがネックです。これは手数料的なものと割り切るしかなさそう。私は不正経理の一件で県庁に一円たりとも納めたくないので「二千円かけて別の自治体に納めることにより県民税が一円でも減額されるのならお安いものだ」という間違った計算のひねくれた考えです。

自治体によっては寄附者へのお礼として地域の特産物なんかを贈ってくれるところもあり、その特典一覧みたいなサイトを見てみたらお米10キロ、お肉、カニ等けっこう豪華な品物が並んでいました。おおお。

島根県と鳥取県は特典が豪華な自治体が多いなとか特典一覧を眺めているだけで楽しくなってきました。これはあれだ、カタログギフトを選ぶ時の楽しさと一緒だ。約二千円のコストは特典を選ぶ権利になるわけだ。

今年は熊本県にくまモン応援ふるさと納税をするとして、来年以降は別の自治体にしようかなとか検討してみたり。今から来年以降の納税を楽しみにしているなんて、自分で言うのものなんですがとてつもなく超優良納税者です。

納税
2013年11月23日 土曜日 07:51

おはようございます。
——

寄附やボランティア、募金の類にはなるべく関わらないのが信条なのですがいわゆる「ふるさと納税」について少し検討しようかなと思いはじめました。ふるさと納税は名前こそ納税となっていますが寄附による税額控除制度のようなもので、行っているのは直接納税ではなく寄付にあたるわけです。

自分が在住している県については数年前の県庁不正経理の件があってから県民税は一円も納めたくないくらいで、市民税と県民税の分納ができないので仕方なく……といった感じでして。

在住県に納税して不正に使われるくらいなら、ふるさと納税制度を利用して縁のある東北の被災地に寄附したほうがよほど有意義かもしれない。

くまモンを応援したいから熊本県にふるさと納税しようかしら、なんて選択肢が広がって楽しくなってきました(実は「くまモン応援ふるさと納税」のことが今回のきっかけになってます)。

私は自営業で自分で確定申告をして納税をしているのでサラリーマンよりはふるさと納税を簡単に行える立場にあるわけで、今後色々な自治体に寄付という名のふるさと納税を何回かしてみるのも面白そう。

納税者が納税先を選ぶというシステムは公務員や自治体も危機感が生まれて良いのでは。ゆるキャラが縁もゆかりもない自治体に寄付しようと思わせるるようなきっかけになるくらい影響力を持つと、もはや人気が税収に直結してしまい今までのような偶然の産物的な成功は生まれないかもしれないけれど。

お持ち帰り
2013年11月21日 木曜日 17:48

今まで経験したことのないような忙しい師走を迎える予定。
—–

先日の更新でフードコンテナ(フードジャー、スープジャー)でコーヒーを飲んでいると書きましたが、コンビニコーヒーのテイクアウトにも最適だということが判明しました。

20131121

これはファミマのコンビニコーヒーでカフェオレを入れているところ。会計すると専用の紙カップをもらえてセルフサービスで入れていく方式なのですが、持参した容器に入れてもOKのようです(他のコンビニコーヒーやコーヒーチェーン店でも持参容器OKのところはあるはず)。

抽出口が二口あって間があいているので広い口のフードコンテナでぴったり。細長いマグボトルだったらはみ出してしまうかもしれません(高さも合わないかも)。

しかも紙カップのあの簡単なフタをして飲料を持ち歩くのは途中でこぼしてしまいそうで心許ない感じがするけれど、フードコンテナだったらフタをしめればよほど激しく振り回したりしない限りはこぼす心配もなく持ち運べます!

コンビニコーヒーとフードコンテナという流行モノの複合技。ずいぶんとミーハーな感じでお届けしました。

据置
2013年11月17日 日曜日 07:00

Spotlightの不具合は難航してます。
—–

いわゆるフードジャー、フードコンテナ、スープジャー的なものをコーヒーを飲むための専用カップにしてます。

「コーヒーやお茶類ならマグボトル的なものでも良いのでは」というご意見もあるかと存じますが、それなりに理由がございまして。

片手でも余裕で持てるマグボトル的なものは細長いので、中に液体が入っているのにフタを外しているという無防備な状態で置いておくには倒れそうで不安なのです。フードジャーは太くて背が低いのでフタをあけたまま放置しておいても倒してしまいそうという感じではありません。

持ち運びせずオフィス等に据え置きで使う分には大きさも気になら安定感があって便利です。普段は中栓?みたいなものはせずにフルオープンの状態にしておいてマグカップのようにそのまま飲みますが保温もそれなりに持続しますので最後まで暖かい状態で飲めますし、急に席を外さなくてはいけなくなった時でも簡単に上蓋だけを閉めておけば後でも飲めます。

それならサーモマグ(保温機能のあるフタ付きマグカップ)でも良いじゃないかとも思いますが、いざとなったらきちんとフタさえ閉めれば水筒のように中に液体をいれたまま持ち歩けるという利点がありますのでフードコンテナのほうにしました。

手の小さい人は片手で持って飲めないかもしれませんので、両手を添えていただきます。このやたらと大きな器でお茶類を飲むのって、おしゃれカフェのカフェオレボウルやら茶道の世界みたいなものだろうか。上品なのか品がないのかわからない。

暖房
2013年11月13日 水曜日 05:21

引き続きMac不調の件です。
—–

Mac検索機能のSpotlightが不調でゼロから再インデックス化しているのですが、現在リトライ3回目です。

1回目は6時間ほど放置してみた後、設定を変えたほうが良いかもしれないと思い直し中断しました。

2回目は「残り72時間」の表示まで進んだところで止まってしまい同じ状態が12時間以上つづいたので「もうこのまま進まないのかもしれない」と判断してしまい中断。
20131113
(この表示のまま12時間、水色バーの位置も止まったまま動かず。)

現在3回目なのですがどうも2回目と進捗状況が同じような流れなので、また72時間の位置で止まってしまう展開かも。

CPUフル稼働でMac本体から熱風が出ています。夏だったらこんなにずっと稼働しっぱなしにできなかったので寒い時期で助かった。暖房がわりだと思って今度は一週間くらい放置してみよう。

閑話
2013年11月11日 月曜日 22:09

インデックス化は残り78時間まで進みました。
—–

レジ袋が有料化したスーパーに行ったら衝撃の光景が。

まだ有料になったことが浸透していない時期だからかもしれませんが「エコバッグを持参していないけれどお金を出してレジ袋を買う気はない」という買い物客がいるようなのです。

そういった人がどうしているのかチラリと観察してみると、会計が終わったあとで荷物を移し替えるテーブルのところに設置されている透明ポリ袋(ロール状のポリ袋で無料でもらえるアレ)に買った商品を一品ずつ入れる→たぶん車で買い物に来ていて、駐車場までは店内用カートで運ぶ→車に買った物を移し替える、みたいなことをしているらしい。しかもけっこうな人数が同じようなことをしてました。

透明ポリ袋の消費量が増えて、なんだか店内の雰囲気が以前よりどんよりしている気さえする。あれはきっとレジ袋1枚配布よりも悪影響なのでは。

再構築
2013年11月9日 土曜日 16:54

Macの不具合についての話です。
—–

OSX10.6.8でSpotlight(デスクトップ検索機能)の調子がおかしくなってしまった。いつもは変更があった内容のみ更新されるのでインデックス化は気づかない間に終わっている。最近やけにMac全体の動作が重くなったので確認してみると、なぜかゼロからインデックス化しようとしているみたいでステータスバーに「残り134時間」と表示されている。HDD内の内容すべてをインデックス化するために134時間かかりますよということだ。

調べてみるとSpotlightは不具合やトラブルが多いらしいので様々な事例や対処法がネット上に紹介されていた。今後の扱いについてはあらためて検討するとして、とりあえず数日は様子を見よう。

134時間は約5日と半日だ。この間、電源を落としたりしてはいけないしフリーズして強制終了なんてことになったりしたらまたゼロからやりなおし(途中再開というのはできない)。仕事で使っているMacなので業務を続けながらバックグラウンドで再構築させるしかない。

Spotlightのトラブルが解消されるまではビクビクしながら慎重に仕事をします。

隔週
2013年11月7日 木曜日 12:08

Google日本語入力で音楽関係の専門用語が一発変換されるとうれしい。
—–

ゴミの回収方法が変わって毎週だったものが隔週になった。

隔週って中途半端で一番覚えづらい。ゴミ関連だけを覚えるのならなんとかなりそうだけれど、取引先やよく利用するお店の営業休業日等、身の回りのすべての「隔週」を完全に把握するとなるとハードルが上がる。さらに第五週目の扱い(基本的に第一・第三月曜日休業で第五週まである場合の第五月曜日は営業する等)ともなるとややこしさが増す。

先日、隔週になったことを忘れてゴミ置き場まで出しにいったら「今週は回収日ではありません」との張り紙があって出すつもりだったゴミをそのままお持ち帰りした。

仕方ないのでiPadのリマインダー機能を設定してみた。今週はさすがに覚えていたのでリマインダーが通知する前に自主的にゴミ出しできた。確実に身についたらリマインダーも削除するつもり。

仕事とプライベートも含めてスケジュールを書き留めて管理する習慣が無いので今はすべて自分の記憶力のみで済ませているが、未来の予定について手帳やカレンダーといった類の外部記憶に頼るようになったら引退するつもりなので、もうそろそろ引退が近いのかもしれません。

風物詩
2013年11月6日 水曜日 01:21

冬ですね。
—–

もう何年も前に電気アンカのようなものを購入したのだがその商品に不具合があるらしく、ごく稀に発煙・発火のおそれがあるとして「無償交換のご案内」みたいな郵便物が本日届いた。過去にも同じ内容のものを何回か受け取ったことがあるので、不具合が発覚して以降は定期的に通知しているものなのだろう。

私はワンシーズンくらい使用した後で電気アンカ本体を処分してしまったため用事は無いのだけれど、購入時に家電量販店のポイントカードを利用したので商品購入履歴が残っておりお知らせが送付されてくるのだ。

購入したお店はもう存在していないし商品自体はたしか千円くらいだったはず。どんなに小さな事でも商品としてこの世に送り出した責任だけは消えずにずっと残るのだと、このお知らせを受け取るたびに思う。

寒くなり暖房器具を使いはじめる時期にあわせてやってくる、冬の訪れを告げる風物詩だ。

感謝
2013年11月3日 日曜日 11:39

連休の目標は仕事を一本終わらせることです。
—–

9月10月は息をするのも忘れるほどの忙しさだったのですが、ようやく落ち着いてきました。

きのう午前中にぼんやりしていたらピンポンとドアチャイムが鳴ったので「荷物か郵便でもきたかしら」と玄関を出てみたら宗教(エ○○゛の証人)の勧誘だった。

パンフレットのようなものを渡されたのでとりあえず受け取ってすぐにドアを閉めようとしたら、「ドアを開けて出てきて下さってありがとうございます」的なことを勧誘の人に言われた。

ありがとうと感謝さえすれば、土曜日午前中の平穏な時間を台無しにするような真似をしても良いわけではない。

« « 旧 | 新 » »