小芝居
2013年4月29日 月曜日 01:07

冷やし中華をたべました。
—–

最近のお気に入りくまモン動画。

(くまモンの熊本弁劇場:3分35秒から2分間くらい)
くまモンとお姉さんの小芝居がかわいい。

いわゆる着ぐるみの中の人って「スーツアクター」と呼ぶのですね。和製英語のようですが。

スーツを着て会社に出勤するような職業で、ほんとうは自分にまかされた仕事なんて無いのにパソコンにむかって何か一生懸命に作業しているフリをして実はずっとフリーセルやっているだけの人も、広義ではスーツアクターなのだろう。

残り物
2013年4月27日 土曜日 01:34

連休ですね。
—–

カラーバリエーションが多数ある商品をネットショップで買う場合、在庫のばらつきにより自分の希望する色が購入できないことがある。

商品ページにアクセスしてから下のほうまでスクロールしていって、最終的な商品購入ボタンがある位置まで辿り着いたあたりにようやくカラー別の在庫表示欄があったりする。いかにも人気のなさそうな一色だけが「在庫アリ」で他の色は「完売しました」の場合でも、商品検索画面では在庫アリとして扱われる。自分の希望する色の在庫がなかった時のガッカリ感といったらない。

かといって10色ぐらいから選べる商品で、自分が一番欲しかったカラーだけが在庫アリ○で他はすべて在庫ナシ×だということが判明しても「え、この色だけ売れ残ってるんだ。そんなに人気のない色だったのかな……」と、自分のセンスについて不安になったりもする。

欲しいものが運良く残っていたのだから本来喜ぶべきところなのだけれど、なぜか急に購買意欲が失せたりする罠である。

こもる
2013年4月20日 土曜日 21:49

寒くてハーゲンダッツ食べにいく気分になれない。
—–

連休明けまでの仕事に加えてさらに別の案件が入りまして、6月の下旬まであまり頻繁に本欄の更新ができないかもしれません。

6月末日まで時間を目一杯使って一日も休まずに仕事をしたとしても、間に合うかどうか微妙なくらいのボリューム。うーん。

カンヅメ(で仕事をする)や山ごもりというとずいぶんストイックな感じですが、引きこもりとか立て籠もりだと同じこもるでも方向性はずいぶんちがう。

いまは物理的にこもっていても情報が遮断できないので、携帯電話の電波が届かないような場所のほうがカンヅメには向いているかも。

籠もるスタイルとして先日の愛知の事件で「屋根の上に立て籠もる」というのは新しい切り口で斬新だった。お互いの姿は見えているのに近づけないし、迂闊なことも出来ない、というフルオープンな立て籠もり。

屋根の上で仕事をすれば、はかどるかしら。

常夜灯
2013年4月13日 土曜日 11:48

連休まで仕事が山積みです。
—–

http://sollasido.com/diary/201304.htmlのほうに灯り(照明)について悩んでいるというアフィリエイトブログを書きました。

こちらには半分くらい関係あるようなことを書きます。簡易的な常夜灯を探していて、100均ショップとホームセンタで以下のものを買いました。
20130413-1
LED電球(100均で105円)と口金12mmのコード付きソケットELPA KP-M1215H(ホームセンターで598円)

20130413-2
開封したところ。

20130413-3
スイッチオン。

20130413-4
あらステキ、雰囲気ある常夜灯に変身しました。

最後の画像はすこし白っぽいタイプのスーパーの買物ビニール袋をかぶせただけなので貧乏チックですが、光が反射して拡散するのでランプシェードの代用になり、かぶせるだけでそれなりに差が出ます。障子紙とかトレーシングペーパーあたりを筒状にして巻けばステキかも。

キャンプ用品のこれを利用すればスーパーの袋よりはマシな感じになるかとも思ったのですが、ただのカバーをわざわざ買うよりもUSB-LEDライトをもう1本買ったほうが安いことに気付いてカバーの購入をふみとどまりました。

ガム
2013年4月8日 月曜日 20:50

株価と為替がすごいね。
—–

休日のスーパーはデモンストレーター(試食販売員・マネキン?)が多い。

昨日スーパーに行ったら遠くから「えー、ほんじつー、ガムが大変お買い得になっております!」という威勢の良い声が聞こえてきた。売り場に近づいてみるとお菓子のチューインガムではなくて某デンタルリンスのほうだった。

歯磨き粉や洗口液に「ガム」という名前がついていることについてずっと違和感があるのだけれど、それはどうやらガムに対する印象のズレからくるものらしい。

お菓子としてのガムってすこし昔だと虫歯の原因になる=あまり身体に良くないもの的な存在だった時代があったはずだけれど、現代ではキシリトール配合で虫歯予防になるとか、咀嚼運動がなんとかで身体に良いとかで、なんだか知らない間に身体に良いものっぽい存在へと転身した。

キャンディーやチョコレート等もこの転身に成功している。のど飴とかポリフェノールとかで。

「身体に良い」をかかげてなんでもありがたがって摂取する(消費させる)健康礼賛主義を利用したビジネスに、いとも簡単に囚われたり騙されてしまうことほど残念なことはない。

晴れ着
2013年4月4日 木曜日 18:58

お久しゅうございます。
—–

横断歩道上で新入社員らしき女性ばかりの集団とすれ違った。

総勢30人くらいでみんな同じような真新しいスーツを着て、指定されたわけでもないだろうに全員が揃いも揃ってキャリーバッグをゴロゴロところがしていた。泊まり込みの新人研修が終わってその帰り道といったところだろうか。列をなして移動する姿はちょっとした壮観だった。

集団の中の数人は淡い色でテロンテロンした生地のスプリングコートを着ていた。あれって社会人になって最初のころは着るけれど、数年も経つと着なくなる。スプリングコートの出番って春のシーズン内でもほんの数日しかないことに気付くのだ。着なくてもなんとかなるし、1年のうち数日しか着ないものだからそのうちどうでもよくなる。

そういう意味ではスプリングコートは社会人としての晴れ着なのかもしれない。新社会人となった者が入社後にほんの数日だけ着るという晴れやかな着物だ。

「数年経ってスプリングコートの無駄さに気付くころ、今と同じ職場で仕事を続けているのはこの中に何人いるかしら」と新入社員の女性集団とすれ違いざまに心の中でつぶやいた。

« « 旧 | 新 » »