2013年3月29日 金曜日 06:58

つかれた。
—–

iOSをアップデートした。あのいわくつきのマップ(地図)アプリに変更があったというので見てみた。

変更内容のほうはどうでもよいのだけれど、見ている途中でなんだか目が回って気持ち悪くなりかけたので見るのを止めた。最初は原因がわからなかったが、どうやら画面をタップするちょっとした指の動きにあわせて地図が回転するタイプだったらしいのだ。

自分は地図が苦手ということはないし方向感覚も普通なほうだと思うがノースアップ固定派なので、カーナビのようなヘディングアップ形式(進行方向に合わせて地図が回転する)だと逆に感覚がおかしくなって困る。

タブレットやスマートフォンの地図はピンチインアウト等で表示エリアを変更したりできるのが便利ではあるが、iOSの地図はちょっと指が斜めになっていたりするとそれにあわせて微妙に回転してしまうのでなんだか画面が揺れて見える。方位磁石みたいなアイコンが画面右上に表示されてそれをタップするとすぐにノースアップに戻ってくれたものの、固定できる方法がわからないままだ。

乗り物酔いならぬ地図酔いという新しいジャンル。

対比
2013年3月23日 土曜日 07:51

満開というほど咲いていない気がする。
—–

桜の咲いている公園でお花見宴会している人たちがいた。けっこう大人数でひとつのグループだったようだった。

桜は趣きがあってきれいだと思うけれど、その下で行われていることはそれとはずいぶん対照的だ。

  • 大勢の内輪仲間のみによる公共物独占
  • 不法占拠した場所に長時間居座り飲食
  • 屋外での宴会は寒くなるし嫌な人も中にはいるだろうけれど「みんなが参加しているから自分だけ参加しないのは仲間はずれみたいでイヤ」とかいうくだらない理由で参加してる人が垣間見える
  • 人間の醜い部分が凝縮されていて美しい要素がどこにもない。桜は自分が美しいことを知っていて、その下に醜いものを集めてその対比でさらに美しさを際立たせているのか。

    ほんとうに桜を楽しみたいのだったらコーヒーやお茶を一杯いただく間だけ眺めて立ち去るくらいがちょうど良いのではないか。「『一杯コーヒーお花見』が正統派でオシャレ!」みたいな風潮が流行らないかな。

    桜珈琲という喫茶店が大阪のほうにありますよね。仕掛けてくれないかしら。

    彼岸
    2013年3月18日 月曜日 06:12

    おはようございます。
    —–

    けっこう花の香りが苦手だ。香料に使われがちなラベンダーやローズなんかも含めて、どうも「良い香り」というよりも「クサイ」と感じてしまう。街中にある花屋さんの前を通りかかる時もちょっと気構えるくらい。

    スーパーに行ったら彼岸の入りだったからか切花の直売会が大々的に行われていて、大勢の人が買い求めていた。

    (私にとっては)会場から猛烈なニオイがしていたのでなるべく近寄らずに息を止めて通過したのだけれど、たくさんの花があるところに大勢の人が群がっているのはなんだか昆虫のようだった。

    串揚げ
    2013年3月15日 金曜日 00:05

    くまモンポッキーがどの店を探しても見当たらない。
    —–

    スーパーで半額だったので「串揚げ盛り合わせ」というのを買った。

    6本くらいの串揚げがパックに入っているセットで、「盛り合わせ」としか書いていなかったので揚げ物の種類は分からないまま買ってきた。

    外見で種類が特定できるものもある。エビフライは尻尾があるのですぐに分かるといった具合だ。でもうずら卵の串揚げだと思っていたものがじゃがいコロッケ串揚げだったのは、食べてみるまで分からなかった。お団子が3つ串に刺さっているような見た目の串揚げだったので、うずら卵だと楽しみにしていたのにじゃがいもだったのはすっかりだまされた気分。

    薄くて平たい四角形の串揚げはほぼ何だか分からない。とんかつ(串カツ)かと思って食べてみたらピーマンだったのは、いまのところ今年一番の衝撃だった。

    ちょっとしたくじ引きみたいな感じだ。筒に入っているスティック状のくじを引くような感じで串揚げを選んで、食べてみるまで中身はお楽しみ。

    境目
    2013年3月13日 水曜日 05:54

    写真をとってまいりました。
    —–

    東日本大震災でひび割れた?川の護岸をなおす工事が連日行われておりまして、なぜか本欄でも不定期的に取り上げております。過去の関連投稿は以下のリンクにあります。

    2011.11.3 Thu. 23:10
    2012年3月8日
    2012年5月6日

    その2013年3月12日現在の様子です。
    20130313-1
    まだ完全に工事が終わったわけではないようですが、ずいぶんときれいになりました。

    20130313-2
    歩道橋から撮影。以前のままの部分となおした部分の境目がはっきりと。

    20130313-3
    対岸も同じ工事をしています。手前が以前のままで白くきれいになっているのが修復した部分。

    20130313-4
    ズームイン。干潮の時間帯だったのか川の水がだいぶ引いている(河口にちかい場所なので水位が潮位に連動する)。

    護岸工事に関して進捗状況が一目瞭然です。

    去年より〜ずっと〜〜きれいに〜なった〜〜。
    震災前よりも〜ずっと〜〜きれいに〜なった〜〜。

    進捗
    2013年3月11日 月曜日 01:00

    進捗状況のご報告でございます。
    —–

    東日本大震災から二年が経過いたしました。都心から最も近い被災地である市内の様子につきましてご報告申し上げます。自分が工事に携わっているわけでもないのに&誰にも頼まれてないのに勝手にレポートです。

    液状化現象に見舞われた埋め立て地エリアでは、震災以降まいにち必ずどこかしら工事をしている状況が続いております。ちょっと外を歩けば工事現場に出くわす感じです。工事現場の掲示板?を見てみますと工事内容はほとんど「ガス管・上下水道」等、地面の中に埋まっているもの系のようです。

    「二年経ってもそういった基本的なインフラ系の修復が終わらないのか−」と思っていたのですが、市の広報誌によるとどうやら震災直後から2012年いっぱいくらいまでやっていたのは応急処置的な仮の工事だったらしく、今年に入ってようやく本格的な再整備のための工事に着手したということらしいのです。

    地中の整備がまだそんな感じなので表面的な部分である道路のタイルや外壁等にまで手が回っていないというか、おそらく内部の工事がすべて終わってからでないと二度手間になってしまうからか、外側の見た目はけっこうボロボロのまま放置されているものが多いです。

    もう日常生活に支障はないのにずっと工事をしている、でも見た目はあんまり元通りになっていないという中途半端で不思議な状況。こんど川の護岸修復工事の写真を撮ってきますね。

    純然
    2013年3月7日 木曜日 20:42

    確定申告を済ませてまいりました。
    —–

    申告会場に向かう道すがら、スーパーに立ち寄ったらトイレットペーパーが安かったので買った。

    買い物をしたその足で申告会場に着いたわけだけれど、純然たる事務作業現場である確定申告会場におけるトイレットペーパーという存在の場違い感というかそぐわなさ具合といったらなかった。

    今年の申告が済んだばかりだというのに、もう来年の目標が決まりました。
    「申告を済ませた後でスーパーに寄る」です。

    葛籠
    2013年3月2日 土曜日 14:45

    葛籠(つづら)です。
    —–

    旧コラム(ブログ)ページは今後、気が向いた時のみアフィリエイトブログとして活用することにいたしました。なんだかいやしい感じがして元々アフィリエイト自体があまり好きではないので、積極的にはやらないと思います。

    試験的に今回http://sollasido.com/diary/201303.htmlのほうに書いてみました。こちらはそのリライト版っぽくなりますがアフィリエイト抜きのバージョンで同じことについて書きます。もしよろしければあわせてご覧下さい。

    —–

    タンス代わりの家具として使うために大きめのダッフルバッグを買った。アウトドアや旅行趣味は無いのであくまでも室内で使うことを前提としている。

    以前も何かで書いたけれどタンスという家具はどうも良いところが見当たらない。大きい重い邪魔使いづらい。そして入れてあるものといえばただの布きれが多かったりする。

    衣装ケース的なものを使っていた時期もあったのだけれど、いずれにしても引き出しスタイルなので奥側に入れてしまったものはどうしても取り出しづらい。検討を重ねた結果、ダッフルバッグをタンスの代用とするに至った。

    江戸の庶民は葛籠(つづら・カゴ)に日用品を入れて生活していたという。また江戸の町は火事が多く、いざという時にすぐに荷物を移動しやすい状態にしておく必要があったらしい。

    ダッフルバッグは現代版葛籠だ。

    « « 旧 | 新 » »