玉手箱
2013年2月27日 水曜日 21:35

新しいMac miniから初更新です。
—–

昨年11月に新しいMac miniを購入したのはよかったのですが、その後は多忙によりまったく起動すらしておりませんでした。メインマシンはいまだに旧Mac miniなので、業務には差し支えなかったのです。

仕事も一段落して確定申告の準備も終わったので久しぶりに新しいMac miniを起動してみたら、約4ヶ月ほど起動していなかっただけなのになんだか古めかしいのです。電源さえいれていなかった間に各種アプリケーションのアップデートやら何やらしていなかったのでいきなり日本語入力ができなくなっていたり、メールも受信されておらず古い日付のままとまっていました。

買ったばかりでろくに使っていないのにすでに浦島太郎状態です。Mac miniは形も大きさもちょうど玉手箱のようで、いま玉手箱をあけてしまってオロオロしながら再度設定を見直しているところ。

何でもそうだけれど、中身のアップデートって大切。

最適
2013年2月22日 金曜日 10:18

4案件同時並行進行のラストスパートです。
—–

前回の投稿で北海道の地名について書きましたが、最近はくまモンを通じて熊本県の地理についても、今まで知らなかった市町村名まで覚えました。ゆるキャラ効果おそるべし。

—–

引き続きくまモン関連の動画を見たりしているのですが、それらから現在のゆるキャラ事情みたいなものを垣間見ることがあります。

どうやら彼らは相互扶助関係にあるというか、各地で開催されるイベントに仲間やお友達として積極的に参加し、業界全体を盛り上げようという雰囲気の中にあるようです。

そして現在人気の頂点にあるくまモンが主催するイベントはその人気にあやかろう(便乗しよう)とするのか、他のゆるキャラさんたちも挙って参加するみたいです。

つい先日に大阪で行われていたイベントの出し物として「ゆるキャラ運動会」なるものがあり、大玉転がしやら玉入れとかやっていた動画を見たのですが、晴れていたとはいえ真冬の屋外で、昼ごろから夕方にかけて長時間行われるイベントでは、やっている方も観客も寒くて大変だろうなと思ったのです。

でも、よく考えてみたら人間(観客)は寒くてキツイだろうけれど、ゆるキャラさんたちにとっては寒い時期こそが運動会に最適のシーズンで、真冬が一番活発に動ける季節なのだ。

くまモンはくまだけれど冬眠はせず活動しまくりで、むしろ夏に夏眠したいくらいだろう。

ルビ
2013年2月20日 水曜日 20:16

なかなか寒いのが終わりませんね。
—–

「外国の方がご覧になるための北海道の地図を編集する」といった趣旨のお仕事をいただいて作業をしたら、今までほとんど縁の無かった北海道の地名にすこしだけ詳しくなった。

日本国内の地名って案外読み方が難しくて、とくに北海道は難読地名の宝庫として有名だ。でも地図は正式名称である漢字表記が優先されるのが普通で、親切にルビがついているものは少ないのではないだろうか。道路標識や案内地図はローマ字が併記されているけれど、それらは現地まで行かないと見られない。

なので漢字では見たことがあって知っているつもりでも、何と読むのかは分からない地名って多いと思う。その点、外国人向けの地図だったら正式な読みがすぐに分かる。なぜなら地名がすべてローマ字表記だから!

日本の地理や地名を勉強する時は、日本語版と英語版の地図を見比べると良いかも。

運動
2013年2月18日 月曜日 14:01

昨年丸一年間分の経理事務が今日現在ノータッチの状態です。
—–

レスリングがオリンピックの種目から外される可能性があるとかで話題になっている。

毎日の練習メニューでランニングやらストレッチみたいな事と同じように「ロビー活動」っていうのも入れたほうが良いくらい、重要な基礎なのかも。

むしろオリンピックの種目のひとつとして「ロビー」っていうのがあれば誰にでも一目瞭然でクリーンだ。ロビイストがロビー活動を頑張って、種目採用を競うのだ。

—–

浦安にはあの遊園地の客が宿泊するためのリゾートホテルがたくさんある。

観光客にとってはちょっびり特別な非日常的空間かもしれないけれど、地元の人にとっては日々の生活と直結している場所なのであまりスペシャル感がない。コンビニに行くのと同じ感覚でそれらのホテルの付帯施設を日常的に利用したりする。そういう意味では私もなんちゃってロビイストである。

運動家を翻訳するとスポーツマン、いやちがう。

成長
2013年2月13日 水曜日 09:25

多忙につきあまり更新できずに恐縮です。
—–

あいかわらずくまモンの動画ばかり見ています。

おととい公開されたこの動画。

(くまモン体操・初音ミクバージョン)

くまモンがかわいいのは置いといて、驚いたのは音楽のほう。初音ミクさんの歌が上手い。

初音ミク(ボーカロイド)が流行しだした頃に一通り色々な動画等を試聴してみたりしたのですが、申し訳ないのだけれど「聞くに堪えない」状態で最後まで再生せずに停止ボタンを押してしまうものがほとんどで、それ以来あまり興味なく過ごしてまいりました。

今回のこのくまモン体操・初音ミクバージョンはおそらくプロによる仕事でアレンジも良いし、ボーカロイド自体のバージョンも上がって性能向上しているせいか以前よりも視聴に対する抵抗感がなくなりました(事実、上の動画はもう何回も繰り返して見た)。もちろん音源を制作した方の腕が良いのだろうけれど。

初音ミクさんはデジタルでバーチャルな存在なはずなのに「バージョンが上がって性能よくなったね」ではなくて「歌が上手くなった!成長した!」と感動した。

デジタルって均一で味気ないモノという印象があるけれど、同じ音源(素材や道具)を利用しているはずなのにユーザーの腕によって仕上がりが全然ちがうし、あきらかに上手・下手がでてくるのでけっこう人間味あふれる部分もある。

成長に対して感動するってAKB商法か。Mac版がリリースされたらボーカロイドもさわってみたい。

—–

これは最近一日一回は見ている動画。

(くまモン プレゼントをもらうがおにいさんにおっ取られる)

くまモンとお兄さんとのやりとりが絶妙。

化学
2013年2月9日 土曜日 09:15

更新が滞りまして申し訳ございません。
—–

ご飯を少量炊くのって面倒だし難しい。一膳分だけどうにかしたいとかいう時は、冷凍しておいたものを解凍するとか、パックご飯的なものに頼るか。

いまは電子レンジで少量分ご飯が炊けるという調理器具が市販されているようだけれど、あまり評判が良くないところを見ると思うように炊けないのかもしれない。

鍋でご飯を炊くと後で洗う時が結構大変なので、おいしいのは分かっているのだけれど気が重い。

米を炊くのって加水と加熱によるデンプンの糊化の結果というだけの話だから、別に炊かなくても良いのではないか。水加減を同じ条件にすれば、熱加減は自動制御でほぼ毎回同じ結果が得られるのが製品として開発された炊飯器だけど、煮たり茹でたりしたって食べられなくなるような事態にはならないだろう。

そこで麺類みたいに米を茹でてみました。

1. 食べたい分だけ米を準備(お茶碗で計量。増えることを見積って少なめに)
2. 洗った米を水に浸す(1時間以上)
3. 鍋で湯を沸かす
4. 水に浸しておいた米をざるにあけて、沸騰した湯に投入。
5. 6分くらい茹でる
6. 茹であがったらざるにあける(この時あまり水分を切らない)。
7. お茶碗にうつしてから、ラップをかけて電子レンジで少々蒸らす。500Wで2分くらい(適宜調整)。

さすがに炊飯器や鍋で炊いたご飯にはかなわないけれど、個人的には冷凍ご飯やパックご飯よりは茹でた米のほうが好きです。カレーライスのご飯とかには向いているかも。水に浸す時間がない場合、いきなり茹でても食べられないようなものにはならないと思うけれど、加水が足りなてボソボソした感じになりそう。今流行のフードコンテナ(スープジャー?)で、蒸らす工程を上手くすれば擬似的にご飯が炊けそうな気がするので今度やってみます。
鍋にご飯がこびりついたりしないので、後片付けもラク。

水加減と火加減、時間をきちんと研究して計算しつくされたものがいわゆるレシピというやつなのですね。料理はほぼ化学実験だ。

推奨
2013年2月3日 日曜日 17:21

節分なのでピーナッツを食べました。
—–

お寺や神社で芸能人やスポーツ選手が豆まきをするイベントがある。

自分はあのイベントに参加したことはないのだけれど、もし参加する場合はフードのついた上着(パーカー等)を着ていくといいのではないか。運が良ければ豆がフードの中に入ってくれたりして、受け取れる確率があがる。

イベントや行事ごとに各自で用意するものや着る物を推奨されたりすることはわりとあるけれど、節分の豆まきイベントにパーカー推奨はいかがでしょうか。

節分といえば豆・恵方巻き・節分そば・パーカー(←New!)。

« « 旧 | 新 » »