アノラック
2012年6月27日 水曜日 00:35

微妙に地元ネタで。
—–

市橋達也被告や西岡大志容疑者が護送中に着用していた紺地に青のラインが入ったパーカーみたいなのが気になっている。報道された時に様子がチラっと映っていた。

上半身しか見えなかったので詳細は分からないけれどアノラックというかヤッケというかポンチョというのか、よく分からない。

と思ってネットで検索したら他にも気になっている人がいたようで情報もヒットした(信憑性は不明だけれど)。千葉県警のオリジナル?で、市販されているものではないのだそう。被疑者の人権に配慮して顔が上手い具合に隠れていて、なおかつ足もとの視界は確保できるから歩行移動もできるのだろう。

あれは警察が護送専用に考えたらしいけれど、ちょっと改良して雨具としても使えるようにならないだろうかと思ったのだ。レインコートって傘をささずに着用したら顔がぬれて視界も遮られ結局役立たずなのだけれど、あの護送用パーカーだったらフード部分に立体感があって雨の進入もいくらか防げそうだし、レインコートなんかより性能良さそうだ。

大雨や台風で壊れた傘が山積みになっているのを見るたびに「雨具って全然進化しないよね」と思う。傘にしても雨合羽にしても期待するほど機能していない。

——

地元ネタだというのは、市橋達也被告が事件を起こしたのは千葉県市川市福栄(所轄は千葉県警察行徳署)で、西岡大志容疑者は千葉県浦安市北栄(所轄は千葉県警察浦安署)。

事件現場は福「栄」と北「栄」、マンション・エレベーター等のキーワードもけっこうかぶる。

さらに事件現場である市川市福栄と浦安市北栄、行徳署と浦安署はほぼ同一距離(2kmちょっとくらい)にある。車だったら5分もかからないくらいの距離。四地点を生活道路上でなぞるように結べばほとんど正方形になるのではないだろうか。

20120627
(無駄に地図をつくってみました)

かなり省略してありますがこんな感じの位置関係。共通点ありすぎ。

« « 旧 | 新 » »