らくらく
2012年2月18日 土曜日 23:20

確定申告の準備は90%済みました。
—–

セルフコピーサービスを利用しているとたいてい年配の方が使い方がわからず怒っている場面に出くわす。

先日は初老の女性がオートシートフィーダつきのコピー機で「コピーのフタが開かない」と怒っていた。さらに別の機会では初老の男性三人組が三人がかりでも使い方がわからず、結局コピーをあきらめて帰って行ったようだった。

たしかに最近のコピー機はセルフタイプでもかなり高性能で、色々なことが出来る。USBメモリを差し込んでプリントしたり、マルチメディアなんとかでネット上のデータを出力したり。設定もフルカラーor白黒からはじまってけっこうな設定項目を進まないと最終的なコピースタートまでたどり着かない。

そんな感じなので年配の方が操作に迷うのも無理はないかもしれない。しかしどうもあのくらいの年代の方は自分の分からないことや思い通りにいかないことがイコール「怒る」という感情に直結してしまうことが多いような気がする。

コピー機もらくらくフォンみたいに、年配者向けに単純化・簡素化してボタンひとつで用紙サイズも自動認識して全自動くらいのものを出したらニーズがあるかも。

« « 旧 | 新 » »