中身
2019年11月17日 日曜日 00:07

転居の際に手放したモノ第二弾です。
——

本やCD・DVDといったコンテンツ類は転居とは関係なく数年前から少しずつ手放しており、転居の際にもあらためて整理したりしていま手元には数点のこしてあるのみです。クラシック音楽の全集BOXとかもすべてリッピングしたのちに手放しました。

残してあるものはそれ自体が記念品のようなものでVHSビデオテープやDATテープなど。そもそもすでにプレイヤーを持っていないので、このさきテープの中身を視聴することはないのでしょうけれど。

いまはオークションやフリマアプリ等の個人間で商取引ができるチャンネルが豊富でモノを手放すときの選択肢が広い。私はそれらがどうも苦手なので、もっぱらブックオフ等のリサイクル業者に買い取りに出すことが多いのですが。

今までに様々なジャンルにわたり何度か買い取りに出したことがあるのですが、洋服をリサイクルに出すときだけはなぜか「戦時中や戦後を舞台にしたテレビドラマで食料品と交換してもらうために着物を差し出す主人公」みたいな気分になってしまうのはなぜだろう。

« « 旧 |