コラム付点八分休符 過去のコラム

[前へ] [月別ログへ] [次へ] [最新のコラムへ戻る]

2015.2.2 Mon. 18:27

今月も季節ネタなので早めに更新。
-----

(雪道を歩く時に靴に装着するスパイク的なものについて書いておりますが、ここに記載されている方法を実行した際に転倒等の事故が発生した場合でも、当方は一切責任を負いかねます。あらかじめご了承下さいますようお願い申し上げます)

普段は雪が降らない地方で、生活に影響するほどの降雪量があるのって1月〜2月中が多いような気がする(日本国内の話で)。

昨年関東地方でも大雪に見舞われて、その時に普通の靴に装着するようなタイプのスノースパイク?を買ったのだ。



買ってから試しに装着してみたのだけれど、着脱にけっこうな力が必要だった。ゴムをひっぱることによって装着するわけで、歩いている最中にはずれてしまっては意味が無いわけなので、外れにくくするためにはかなりの力でひっぱって固定するしかないのかもしれない。

しかし都会での降雪時に装着することを考えると、雪道ばかりを歩くわけではないので着脱に時間がかかると不便なのだ。装着したまま電車に乗るわけにもいかないし、屋内に入るわけにもいかない。

色々と迷ったあげく、今年はこれを買ってみました。

 近所のホームセンターで税込105円でした。


シュロ縄です。ホームセンター的なところの園芸コーナーにありました。これを靴に巻きつけて雪道を歩けば、すべり止めになってスパイクの代わりになるのではないかと。

ほかにも荒縄(わらで編んだ縄)や園芸ロープという名前でゴワゴワした感じの縄が何種類かありましたが、シュロ縄が一番安くて固めの縄でした。


けっこうチクチクする感じです。

縄だったら靴に装着したまま屋内を歩いても、床を傷めることは少ないのでないでしょうか。縄に障害物を引っ掛けて転んだり等、別の事故にも注意が必要ですが。

自分では試していないのにこういった内容の文章を書いてしまうのも無責任な気がしますので、今度雪が降ったら試してみます。

雪の時は不要な外出は控えておとなしくしているのが何より安全です。

[前へ] [月別ログへ] [次へ] [最新のコラムへ戻る]