コラム付点八分休符
過去のコラム
[前へ] [月別ログへ] [次へ] [最新のコラムへ戻る]

2011.11.27 Sun. 9:34
いい天気。
-----

NHKの朝ドラ「カーネーション」も毎朝楽しく観ています。

あの頃のミシンってきっとWindows3.1のころのパソコンみたいな存在だったのかもしれない。

まだ一般家庭に普及してはいないけれど、なんとか入手はできる状況。使える人も限られているから重宝される。

そしてWindows95が発売されて一家に一台状態にまでなる。テレビやラジオとはちがい生産性のあるデバイスであることもミシンとパソコンの共通点だ。

昔は選択肢がなかったのでみんな大枚はたいてPCを買っていたけれど、大量生産や価格競争などを経て、さらに消費オンリーのデバイス(携帯電話やスマートフォン)が流通しはじめたので生産機能を必要としない人はPCを買わなくなった。

そしてビジネスユースのみとなる。ミシンもパソコンもカバーをかけられて押し入れの中にしまいこまれ、ホコリをかぶる運命共同体。
2011.11.23 Wed. 22:52
久しぶりにサイトを更新しました。
-----

トップページにもお知らせとして更新しましたが、今朝思い立って急に譜面を作成しました。いかがでしょうか、ちゃんと表示されておりますでしょうか。

無料!楽譜!クリスマス!iPad用!(検索ワード対策)。

iPadの縦画面で100%表示した時にギリギリ収まるレイアウトにしてみました。本当はもうひとまわり大きくしたいところなのですが、何とか音符や歌詞が読めるレベルにはなっていると思います。SafariではなくiBooks等のPDF Viewerでご覧いただけますと幸いです。

iPadの画面のサイズで最適に楽譜を表示しようとすると、曲の規模として「16小節から20小節くらい」「細かい音符が出てこない」等いろいろと悩ましいのです。讃美歌はわりと適しているジャンルなのかもしれません。

今回公開しました4曲は著作権関係のこともクリアしているはずなので(パブリック・ドメインの曲)ご自由にご利用いただいて問題ないかと存じます。実は歌詞(訳詞)の著作権だけはすこし気がかりなのですが、おそらく大丈夫だと思います。何かに抵触しているようでしたら即刻取り下げますのでご教示ください。

簡素なMIDIファイルでも添付しようかと思ったのですが、それは次回以降の課題にします。

見どころは楽譜紹介用にとかなりいいかげんに撮った写真(iPadに楽譜を表示させている画像)です。
2011.11.17 Thu. 5:04
白バラコーヒー。
-----

この季節の朝食や軽食にさつまいもやリンゴは最適ですよね。

両方ともまるごとひとつ食べるとなるとけっこうなボリュームで満足感も高いですし、ジャンクフードよりも体によさそうです。また食パンなんかよりも日持ちするのも便利です。

ただひとつ残念な点は、どうも「動物園の餌」っぽいのです。ゾウやサルの日常食みたいなイメージ。

さつまいもとりんごを煮た料理など手を加えると餌っぽさはまったく無くなりますが、ただ芋をふかしただけの状態でお皿に並べるとビジュアル的には餌に近いのです。

それでもおいしいさつまいもは肉まんと並んで冬のファストフード。
2011.11.15 Tue. 20:52
休憩。
-----

恐れ多くも楽譜ではない、普通の出版物のお仕事をいただくこともございます。

最近、医療関係資料のような内容のお仕事をいただいたのですが。

医療関係でしかも外科の内容だったので、正直なところお食事中の方にはご覧いただけないような画像満載の資料だったのです。手術画像のオンパレードとか、苦手な人だったらたぶん直視できないようなレベル。

普段は楽譜というモノクロの物を相手にしているだけに、カラーでしかも外科画像満載となるとかなり刺激的。

しかし「データ上はカラーだけれども最終出力はモノクロで行う」とのこと。医療関係の資料なのにモノクロで出力して意味があるのだろうか。その辺の事情は分からないのだけれど、モノクロにすればグロテスクさも半減してすこしはマイルドになるかもしれない。

経費削減やデザイン性の理由以外にも、モノクロにすることが有効なケースもあるのだと学びました。
2011.11.11 Fri. 11:11
更新時間はすこしサバを読みました。
-----

Adobe税を毎月5千円徴収されることになるようです。



Adobeがモバイル向けFlash Playerの開発中止とアップグレードポリシーの変更について相次いで発表しました。

インターネットのコンテンツは色々と技術も発達してFlashに代表されるような動的なページも増えてきたとは思うのですが。

でもいくら進歩しようとも結局のところテキストベースのサイトにすこし画像がある程度の情報量に落ち着くような気がします。

Flash満載のサイトは嫌われる傾向にあったようですが、今回の発表でFlashの将来性はあやしくなり、かわりにHTML5が主流となっていくのでしょうか。

アプリケーションのメニューには「Flashを終了」というのがありますが、もう「Flashは終了」かもしれません。
2011.11.9 Wed. 22:29
最近画像付きの更新が多いのはデジカメを新調したからです。
-----

またもや浦安ネタで恐縮です。

2011.6.1 Wed.7:10の本欄に「液状化で浮き上がってきたマンホールに似たオブジェが市内に昔からある」といったようなことを書いたのですが、その写真を撮ってきました。


広い歩道の真ん中、唐突にあらわれるオブジェ。なお左側のアスファルトはおそらく地震による地割れを仮舗装した跡。


右側のすこし高さのあるほうは液状化でマンホールが2メートルも浮き上がるという暗示か。


直径はマンホールよりひとまわり小さいくらいでしょうか。

おそらくJR京葉線が開通した時くらいからこのオブジェは設置されていたはずなので、約20年前には液状化によるマンホール浮上がひそかに暗示されていたことになります。

前回の写真も曇りの日に撮影したので、ずいぶんどんよりした雰囲気の画像が続いてしまいました。
2011.11.3 Thu. 23:10
プチ連休?
-----

おととい土のう袋の話を書きましたが、何を隠そう浦安にとっても震災以降かなり身近な存在なのです。


市内を流れる境川沿いの側道。画像に写っていないはるか向こうまで青と白が続いています。


ザ・土のう(ダイソー風に)。


お世話になっております。

画像は本日撮影したものです。地割れ等の修復作業は日々行われているようなのですが、おそらく優先順位というのがあって人通りの少ない歩道などはまだまだひび割れたままのところも多いのです。

気付いた時には既にブルーシートと土のうで覆われていたのでこの下がどのような状態なのかは分からないのですが、もう7ヶ月ほどこの状態ということになります。

そういえば震災直後も液状化で噴出した土砂を運ぶのに土のう袋が足りず、一番需要が多いものとして土のう袋を募っていました。

2011年のヒット商品ナンバーワンはスマートフォンとか発表されていましたが、真の一位は土のう袋かもしれません。
2011.11.1 Tue. 3:14
リッツを食べてパーティー気分。
------

放射能のことについてはわりと無頓着なほうなので、ほとんど気にせず震災以前と同じ生活をしております。

東京都内で高濃度放射能が検出されたとか、色々とニュースでやっているのを見ます。

一般の方が放射線測定器を用いて自分で測定しているらしいのですが、秋葉原やネット通販で購入できる程度の計測器で放射線量って計測できるものなのでしょうか。

あと放射性物質の除染作業というと防護服を着用して物々しい感じで行われるものと思っていたのですが、実際の作業は深夜の通販番組で紹介されてるような高圧洗浄機でただ洗い流すだけとか、壁や床の拭き掃除みたいですよね。あれは中身はただの水なのでしょうか。ものすごく特殊な液体とかいうのではなさそうですよね。

世田谷では高濃度放射能が検出された場所に土のう袋が積み上げられ、それでフタをして拡散を防ごうということらしいです。あと土を削って表面の土をとりあえず別の場所に移すとか。

原子力発電というとなんだか人類の叡智の結晶みたいな感じでものすごい進歩的なイメージがあったのですが、対応策としては「洗い流したり吹き飛ばしてその場からとりあえず無くす(別の場所に移動しただけで根本的な解決策になってない)」とか「土のうでフタをする」とかいたって原始的。

日本の9月の台風やタイの洪水でも土のうが大活躍で、ここ数ヶ月間は土のうのポテンシャルに驚かされてばかりです。

[前へ] [月別ログへ] [次へ] [最新のコラムへ戻る]