コラム付点八分休符
過去のコラム
[前へ] [月別ログへ] [次へ] [最新のコラムへ戻る]

2011.9.30 Fri. 11:08
たいへんおいそがしゅうございます(継続中)。
-----

ユニクロの服についているサイズのシールを落とした。あのサイズが表記されている透明なシール。

新しく購入したものについていたのをいったんはがして、後で捨てようと思ってちょっと手の甲とかに貼っていたのだ。ほんの一瞬他のことをしていたら、気がつくと無くなっていた。

あらどこにいたのだろうと探したのだけれど、結局見つからなかった。知らない間に別の洋服とかにくっついてしまい、気付かずにシールがついたまま外出してしまったらはずかしい。

透明で小さくて薄い、コンタクトレンズを洗面所で落とした時と同じくらいあせって必死に探した。ユニクロのシールとコンタクトレンズの意外な共通点。
2011.9.26 Mon. 21:01
タイヘンオイソガシイデース。
------

メモを整理していたら6月13日と書かれたネタを発見したので今日書きます。

たぶんかぶっていない(まだ書いていないネタ)と思うのですが、行き違いがございましたらご無礼お許しください。

-----

ネットのニューストピックに「トルコ イスラム系与党勝利」と出ていた。

まじめな国際政治ニュースにひそむおいしそうなもの、トルコライス。

(2011年6月13日のメモより)
2011.9.22 Thu. 14:10
台風一過でございます。
-----

明け方ゴミを出すために外に出たら林間学校の朝のにおいがした。

-----

コードレスのアイロンが販売されている。

テレビ通販とかでも洋服をハンガーにかけたままスチームの力できれいにアイロンがかけられる!とかやっている。

私はアイロンが怖いのでスイッチをいれてしばらくして熱くなったらコードをぬいてしまい、その余熱でアイロンをかける。電源をいれたままだと熱くなりすぎて生地が焦げてしまう可能性もあるけれど、この方法だと熱くなりすぎることはない。スチーム機能は使えないけれど普通のアイロンがけだったら余熱で十分だ。

そしてこれはなんちゃってコードレスアイロンである。
2011.9.18 Sun. 20:50
今年は夏が三回来た感じ。
-----

お祝い事用のし袋の表書き(名前書き)について悩む。

お中元やお歳暮ののし紙は年賀状の宛名同様もう楷書でプリンタ印字してあっても何も思わないくらいまでになったような気がするけれど、慶事弔事のものはさすがに直筆でないと失礼だろうか。

婚礼祝いではなくわりとビジネスライクな一般祝事のためののし袋なので、どちらかというとお中元・お歳暮寄りかもしれないというのを言い訳にプリンタ印字で済ませようかとも思う。

今後はこういったのし袋の名前書きもインクジェットプリンタでOKという風潮になっていくのであれば、香典袋の場合はスミ50%(グレー)設定で薄墨を表現するのだろうか。
2011.9.15 Thu. 3:18
しんどいわー。
-----

本の製本方法は何種類かある。

市販のノート等を見ていただくと分かりやすすいのだけれど、中綴じ、無線綴じ、平綴じ、他いろいろある。リング(ノート)も製本方法のひとつだ。

その中でひときわハイテクなのは無線綴じだ。いや製本方法自体がハイテクとかいう話ではない。なんといっても「無線」である。

無線(綴じ)ノートブック、とくれば最近主流のwifiである。

無線!ノート!薄い!軽い!

そんな未来的なハイテクが100円くらいで手に入る。しかもwifiよりもはるか昔から存在していた「無線」である。

表紙と背表紙にノートパソコンの模様をデザインして無線綴じ製本にすれば「無線ノートです」って言って販売しても怒られない。
2011.9.10 Sat. 3:27
カフェオレ飲んで朝までの仕事。
-----

カタカナのファッション用語ってよく考えると何も言ってない。

その代表格は「カットソー」だ。裁って縫った!って言っているだけ。洋服の形状とかについては触れていない。

「スウェット」もそのひとつだ。英語で汗という意味なので(ポカリスウェットと同じ)、汗関連ということだけが伝わる。スウェットのことをトレーナー(指導者?)とも言ったりするけれど、両方とも何も言ってない感じなのでますます迷走するばかり。

アウター、インナー、トップス、ボトムス等もつまるところ位置情報のみである。
2011.9.8 Thu. 19:39
ユニクロのサイトは前のほうが好きだったな。
-----

渋谷C.C.Lemonホールがまた渋谷公会堂に戻るのだそう。

どうやら期限付きのネーミングライツだったらしく、権利者が契約更新しない方針のようなのでまた元の名前に戻るのだという。

渋谷公会堂が知らない間にC.C.Lemonホールになってからどのくらい経ったのだろう。新しい名前にどうも馴染めずC.C.Lemonホールと見聞きしても心の中ではいつも「あぁ、渋谷公会堂か」と自動的に変換していた。

いくらネーミングライツで建物の名称が変わっても人々の意識の中ではずっと

渋谷C.C.Lemonホール(渋谷公会堂)

とカッコ付きのままだったような気がする。そしてネーミングライツ終了にともないカッコがとれた。
2011.9.5 Mon. 20:07
買い換えました。
-----

M-AudioのKeystation Mini 32というキーボードです。





めずらしくレビューらしきことを書きます。

比較対象としては以下のいままで使用してきた同じような機種。
EDIROL PCR-1(25鍵)
AKAI LPK25(25鍵)
icon ikey(25鍵)

楽器店で触ってみて購入を見送った機種。
KORG nanokey 1および2(25鍵)
KORG microkey(37鍵)

上記と比較しまして今回購入しましたKeystation Mini 32が一番色々な面のバランス良いかもしれません。

本体が薄くて軽いです。25鍵のLPK25やikeyと比べて、手で持った感じが全然ちがいます(軽い)。薄すぎると使いづらい(nanokeyのように)場合もありますが、これは適度な薄さですばらしいです。

キーストロークが浅いわりには押しやすい鍵盤です。32鍵なのでなんだか鍵盤数が半端なようですが、サイズとしては25鍵のものとたいして変わらないので中途半端さが気にならなければ便利でしょう。

ベロシティ等の感度性能は楽譜製作に関係ないので確認してません。申し訳ございません。


上 icon ikey
下 Keystation Mini 32

わりとプッシュされているLPK25よりもKeystation Mini 32のほうが私は好きです。バンドルソフトとしてはめずらしくSibelius 6 First(譜面作成ソフト)がついているのも面白いですね。個人的にはなつかしのシベリウスだったので楽しく触りました(一度起動しただけ)。

MIDIキーボードも買い換えたので、これで心置きなくニ長調の曲も浄書できるようになりました。
2011.9.4 Sun. 5:47
あらやだもう9月だわー。
------

家庭科って理系科目だと思う。

というより家事全般は文系理系のくくりでとらえれば理系寄りだ。洗剤を使用する家事はほぼ酸性・中性・アルカリ性の話だ。料理や栄養もつきつめれば化学の分野である。家電を使用する場合はワットやアンペアの計算も必要だ。そのほかにも家事全般のことを思い巡らせてみたのだけれど、文系的センスが必要になる場面ってほぼ無い(一般的な読み書き除く)。

学校で習う家庭科って調理や裁縫の実習以外はあまり印象にないのだけれど、家庭科の成績がよかった人は「理系科目が得意です」って言っても差し支えないと思う。

あ、地震だ。

[前へ] [月別ログへ] [次へ] [最新のコラムへ戻る]