コラム付点八分休符
過去のコラム
[前へ] [月別ログへ] [次へ] [最新のコラムへ戻る]

2010.6.26 Sat. 17:03
ハッカ油の季節になりました。
-----

ワールドカップの応援で使われているブブゼラ。

あれはただ息を吹き入れるだけでは音は鳴らず、唇を振動させて音が鳴るのだそう。ということは金管楽器の吹き方と同じだ。たぶん金管楽器奏者だったらリップスラーで自然倍音が鳴らせて音程も変えられるはずなので、ブブゼラで曲も演奏出来るかもしれない。

お金の無い公立の小中学校あたりには音楽室に金管楽器の練習用マウスピースというのがあったりする。プラスチック製の安価なものだ。学校備品の楽器は数が限られているので、新入生等は練習用マウスピースで唇を振動させる練習をするのだ。

ブブゼラの素材はおそらくプラスチックだろうし、値段もさほど高額ではなさそうだ。本物の金管楽器の代わりにブブゼラを学校備品の楽器として置いたらどうだろうか。
2010.6.20 Sun. 8:48
オランダ戦は見ながら途中で寝ちゃいました。
-----

CD-Rなどのレーベル面に手書きするのに「おなまえマッキー」というペンを買った。

マッキーはあの有名な油性ペンで、それの名前書き専用みたいな触れ込みだった。マイネームとか、運動靴や体操服に書いてもにじみにくい!類の商品と同じ列に並んでいた。CD-Rに書くのには油性でプラスチックや金属に書けるものであれば良いのだ。

おなまえマッキーのペンを見て、大学生の時の「まきちゃん」という友達を思い出した。

女性で「まきちゃん」と呼ばれていたので、ずっと下の名前が真紀とか麻紀とかそういう名前なのだと思っていたら、苗字が「真木」だったのだ。それを知ったのは友達になってからかなり時間が経ったあとだった。

今、まきちゃんの下の名前がどうしても思い出せない。
2010.6.14 Mon. 3:04
ワールドカップよりもはやぶさ。
------

はやぶさ帰還の様子をリアルタイムで見ることができた。Ustreamに運良くつながったのだ。

つながってしばらくは真っ暗な夜空の画面のままずっと動かなかったので「これは正常に放送されているのか、うちのパソコンが止まってしまったのかしら」と不安な状態だったけれど、ときどき音声が入ってきたのでつながっている状態だと確認出来た。

その黒い夜空を定点カメラで延々放送している間の画面が、パソコンの電源を切った状態の液晶モニタに似ていることに気づいた。

真っ黒な四角の枠に、ぽつんとホコリがついていたり、常時点灯してしまっている液晶のドットがあったりする。それらは四角い窓から見る夜空にぽつんと離れて光る星たちのようだ。

電源を落とした状態の液晶モニタは宇宙へとつながっているのだ。
2010.6.11 Fri. 18:19
梅雨入りしたらトップの画像を変えます。
-----

プロスポーツは試合に勝つこと、一番になることがイコール業績となることが多い。

しかしゴルフだけはなぜか「賞金」で成績が報道される。賞金女王とか。

ゴルフは個人競技だからだろうか。団体競技や他の個人競技は勝敗率や勝ち抜きトーナメントに一喜一憂しているというのに、ゴルフだけは全くオブラートにつつむことなくやけに現実的だ。

ほかのスポーツも常に金銭換算すればおもしろうかもしれない。ゴール一本いくら、ホームラン一本いくら。タイムを競う種目は時間がお金である(反比例)。

まさにタイム・イズ・マネーだ。
2010.6.3 Thu. 3:40
こんな夜中におなかがすいた。
-----

鳩山総理が辞任して、次の総理が誰になるのかのほうに注目が集まっている。

メディアでは「ポスト鳩山」なんて文字が躍っているけれどそのポストにはきっと伝書鳩がお手紙を届けてくれるのだ。そのお手紙に次期総裁の名前が書いてあるにちがいない。

ポスト鳩山だけに。

[前へ] [月別ログへ] [次へ] [最新のコラムへ戻る]