コラム付点八分休符
過去のコラム
[前へ] [月別ログへ] [次へ] [最新のコラムへ戻る]

2009.7.26 Sun. 7:30
先日のつづきです。
-----

7/17(金)
東京都千代田区にあるパソコンの修理やデータ復旧を行っている会社(B社とする)に電話で相談。約3万円でハードディスク交換とデータ復旧の両方をやってくれるというので、そこに依頼することを決める。

7/18(土)
宅急便でB社にMacを発送。

7/19(日)
荷物は届いているはずだがB社からは何の連絡も無し。仕方ないので自分から連絡すると「あ、届いてます。中2日お時間いただいて、22日には戻します」とのこと。

7/21(火)
夕方まで待つも、B社からは音沙汰無し。またもや自分から連絡すると「これから着手します。22日に返却は無理です」と言われる。当初の話とちがうけれど仕方なく待つ。
その数時間後(夜)、急に修理終了と見積もりのメールが届く。見積もりは予定どおり約3万円だったけれど、どの程度データ復旧出来たのとか等何も知らされないので、またもや自分から電話するも「担当者がすでに帰宅したので分からない」とのこと。

7/22(水)
朝、担当者に電話する(自分から)。壊れていたデータがどの程度復旧できたのか尋ねると、壊れた状態のHDDから新しいものにそのままコピーしていただけだった。
「これから解析します」とか言われる。解析には2〜3時間かかるとのこと。もしかしたら今日の荷物発送にも間に合わないかもしれないらしい。
数時間後に電話をもらう。口頭で状況を聞くとどうやらデータは9割くらい復旧出来ている模様なので、どうにかその日の宅急便発送に間に合うよう手配してもらう。

7/23(木)
ようやくMacが戻ってくる、データもほぼ復旧されていた。

-----

B社のデータ復旧のみの料金は16800円でした(3万円との差額は修理代や新品HDDの実費等)。

先日のA社ではデータ復旧のみで30万円、安くても15万円で納期は20日後と言われていたのに、なぜB社では16800円で事実上3時間ほどでデータ復旧出来たのかがナゾです。
2009.7.23 Thu. 17:10
なんとか復旧しました。
-----

おかげさまでMacはなんとか90%ほど復旧しました。取引先の方々をはじめ各方面にご迷惑、ご心配おかけしましたことを深くお詫び申し上げます。

今回のMac故障および復旧までの道のりは散々でした。以下はその道のりについて箇条書きです。

-----
7/14(火)朝
・突然ハードディスクが故障。
・ネットでデータ復旧会社を探す。
・東京都中央区の某会社(A社とする)に電話で相談。
・その晩に宅急便で本体をA社に送る。

7/15(水)
・A社から連絡をいただく。
・ハードディスクの損傷具合が割と重傷であるそう。
・最短最善の復旧で約30万円の見積もりを提示される。
・「データ復旧は時間との勝負です!」「復旧に取りかかるのが早ければ早いほど復旧率が高くなります!」とか言われる。
・あまりにも(値段が)高いので時間がかかっても安く出来ないか交渉する。
・何故か突然15万円まで見積もりが下がる。でも納期は20日ぐらいかかるとのこと。
・「今ならうちでやらせていただければ完全に復旧出来ます!」「このお電話でご決断いただけないとお見積もりは有効にはなりません」「17時までにご決断いただけない場合は自動的にキャンセル扱いとさせていただきます」と急かされる。
・とにかく決断を急速に迫られ、詐欺のような様相を呈してきたので値段的にも納期としても納得いかず結局キャンセルさせてもらう。

・7/17(金)
復旧作業をキャンセルしたMacが戻ってくる予定が戻ってこない。
・A社に問い合わせると「弊社の書類手続きが終わっておらずまだ本体はこちらにあります」とか言われる。
・復旧はキャンセルしているのだから本体だけでも先に送りかえしてもらえれば書類手続きなんて後からでもいくらでも出来るはず。
・どんな手段を使ってでも17日中にこちらにMacを戻すよう要求する。
・それは無理と断られる。
・中央区からこちらまで車で移動すれば高速道路が空いている場合20分ぐらいで来られるはずなので、絶対不可能ではないはず。
・会社の車かタクシーに乗ってでも運んで今日中に戻すようにと要求。
・結局「超速宅急便」みたいなので1時間後ぐらいに戻ってくる。

ここですでに4日間のロスです。このあと別の会社に修理を依頼します。

続きはまた後日。
2009.7.21 Tue. 6:05
もう散々です。
-----

連休中はどこにも行かずパソコンの故障対応と仕事をしておりました。

NHKの「マネー資本主義」という番組を楽しく見ました。今回の金融危機や金融工学についての番組。シリーズものなので前からなんとなく見てはいたのですが。

CDSとかデリバティブ、難しい数式とかたくさん出てきて色々とやっていたけれど、私が唯一この番組で分かったことは(番組のテーマ曲である)チャップリンの「スマイル」が改めて良い曲だなーってことだけです。
2009.7.15 Wed. 2:30
2009年夏、ソラシド危機。
-----

昨日(7月14日)、突然Power Mac G4が壊れました。

あのMacを購入したのはおそらく2001年の夏ですので、かれこれ8年ほどほぼ毎日休まず安定して動き続けてくれました。

データ復旧センターのようなところに問い合わせをして使用状況を伝えると「それだけ酷使して8年間も故障しないとは、ものすごく運の良いハードディスクですね」と誉めていただきました。

データの復旧に果たしていくらかかるのか分かりませんが、とりあえず宅急便で修理センターに本体を送りました。

急に具合が悪くなってすぐに入院・手術です、と言われたのとほぼ同じ状況です。費用もそれなりにかかります。

リーマンショックならぬソラシドショックです。
2009.7.6 Mon. 18:32
こんばんはーーー。
------

酸味の強いコーヒーが苦手で、どちらかというとコーヒーのおいしさは苦味の部分に感じるほうだ。

さきほどアイスコーヒーを自分でいれて、冷ます前の温かい状態で飲んでみたらおいしかった。

今まで色々な味の豆を挽いて飲んでみたけれど、アイスコーヒー用の豆(粉)が私の好みに一番近いようだった。

夏はアイスで飲むけれど、寒くなったら冷やさずに飲めば良いのだ。

お店で頼む時は「ホットのアイスコーヒーひとつ」とかオーダーすれば良いのかしら。
2009.7.2 Thu. 22:26
久しぶりにキウイを食べた。
-----

ドトールでアイスコーヒーを飲んでいたら、隣のテーブルに座っていた恋人同士と思われる男女がケンカをしていた。

女:消してないって言ってるでしょ。
男:履歴残っているじゃん。
女:そういう設定になっているの!
男:29日にどーのこーの。
女:だからそれは着信履歴でしょ?
男:でも30日の履歴にも残っているじゃん。
女:それは(電話を)かけた履歴でどーのこーの。

みないたすれ違いの会話を延々としていた。話の詳細は良く分からなかったけれど、携帯電話の着信履歴がケンカの原因になっていたようだった。

たぶん携帯電話の設定上の問題と、履歴を手動で消したかどうか、みたいなことがすれちがいのもとなのだろう。

デジタル時代のケンカはずいぶんとハイテクだ。

[前へ] [月別ログへ] [次へ] [最新のコラムへ戻る]