コラム付点八分休符
過去のコラム
[前へ] [月別ログへ] [次へ] [最新のコラムへ戻る]

2008.5.31 Sat. 23:59
風邪をひきそうな一歩手前で踏みとどまってます。
-----

今日は電話トラブルの日。

ナンバーディスプレイを契約しているので誰から電話がかかってきたか分かるのだけれど、覚えのない03からはじまる番号からの履歴があったのでリダイヤルしたらセールスの電話だった。

自らわざわざセールスの電話に折り返しの電話をかけて差し上げた。

-----

携帯電話のほうに着信がはいっているのに気づかず、残されていた伝言メモを再生すると不動産屋さんからのメッセージだった。

「さきほどのアパートの件ですが家賃が6万円で駐車場が1万円で……」とか言っている。

私は不動産屋に問い合わせていないし、駐車場付きの部屋も探していない。

きっといつもの剣持さん(注:私の携帯電話番号と090、080ちがいと予想されるよく間違えて私のほうに電話がかかてくる人)宛ての電話なのだろう。

この件はリダイヤルせずに放置してある。きっとあの不動産屋の女性は今ごろ困っていることだろう。

間違い電話の内容だけで剣持さんのプロファイルがだいぶ出来上がってきました。こんなことで個人情報が漏れていくのですから恐ろしいことです。
2008.5.30 Fri. 23:59
今日はゴミゼロ明日はゴミ市。
-----

自分の仕事を人に説明するのが面倒くさいのでいつも適当な返事でかわしている。

なにかとそんな話題にはなりがちで「お客さん、何の仕事されてるんですかー?」みたいな話題はどんな業種でも一般的な営業トークなのだろう。

「パソコンで出版関係の仕事をしている」とか曖昧な返事をするのだけれど、以前水道の修理にきてもらった修理屋の人がなぜか色々と聞いてきて答えるのがとてもイヤだった。

パソコンに詳しい人というふうにインプットされたらしく修理をしている間「自分も独立してホームページを持って営業したい」だの「ヤフーの検索機能とかは無料だけれどどうして無料で経営が成り立つのか」等、面倒くさいことを聞かれて困った。

修理屋さんにとって、自営業・パソコン・出版関係というのがうらやましかったのか修理が終わったあともなかなか帰ろうとせず色々と聞かれるので本格的にイヤになって「水道の修理は世の中や人の役に立つすごく重要な仕事。自分で水道修理出来ないからお願いして修理にきてもらったのだ。ありがとう」みたいなことを言ってなんとか帰ってもらった。

なぜ初対面の水道屋と人生トークをせねばならんのだとそ修理してもらったその日中、気分が晴れなかった。2008年5月のように全般的にどんよりと。
2008.5.29 Thu. 23:28
五月にしてはすっきり晴れの日が少ないような。
-----

レーザープリンタで100毎ほど同じものを印刷する用事があったのだけれど、どうも排紙がうまくいかない。

プリンタの機能としてあのたくさんの用紙の中から一枚ずつ給紙されて、紙がおくられるというのは想像以上にすごいギミックなのだと思う。

レーザープリンタの場合、多くは排紙途中で180度用紙が一回転して本体上部に排紙される仕組みになっている。コピー機とかも同じだ。でもあの180度回転する部分で紙がカールされてしまうのでそれをふせぐために本体後部に排紙が出せるようになっているのもある。カバーを開けると上部ではなく後ろ側から印刷された用紙が出てくる。給紙から排紙までの流れがインクジェットプリンタのようになるべく水平になったほうが紙おくり関係のエラーは少なくなると思う。

で、100枚プリントするにあたり後部排紙にしていたので出てきた紙を自分の手で一枚一枚受け取った。慣れてくるとプリンタとの呼吸もぴったり合ってきてテンポの良いもちつきみたいな感覚になってきた。

排紙機能を人間が担うのだ。プリンタと人間のコラボレーション、機械の体を手に入れた。
2008.5.28 Wed. 23:15
日が長くなりました。
-----

プロ野球の始球式ってけっこうしょっちゅうやっているものなんですね。

シーズンの一番最初の試合(開幕試合?)にしかやらないものなのだと勝手に思っていたのだけれど、シーズン途中の試合でもやっているようだ。何か節目となるような試合ごとにやるものなのだろうか。

もしかしたら私が知らないだけで毎試合やっているのかもしれない。いつも有名人が務めるのではなく地味で微妙な著名人や抽選で当たった一般人とかがやっているのでニュースにならないだけなのかも。

パチンコ屋の毎日が新装開店花環や、毎日が店じまいセールの家具屋みたいなものか、始球式。
2008.5.27 Tue. 23:52
火曜日夜のお楽しみ番組は終わりました。
-----

アスクルでちょっとした収納に使える簡易組立式ダンボールボックス(400円ぐらいの)をたのんだら、ものすごい梱包状態で届いて驚いた。

中身(注文した商品)にそぐわないようなやたらと厳重な梱包で、しかも実際の商品よりもかなり余裕をもたせた大きさの箱に入ってきたのでかさばる。開封前は「自分がオーダーしたものとちがうものが届いたのではないか」とあせるほどのギャップだった。

ダンボールボックスがダンボールに入って運ばれてきて、しかも梱包材のほうが大きくて高そうというロシアのマトリョーシカ人形のようです。
2008.5.26 Mon. 23:59
あつい。
-----

不吉な約物「*」

アスタリスク、明日多リスク。

約物占いの中ではいわゆるジョーカーです。

約物占いっていうのはいま心の中で考えました。

-----

土曜日に書いた&ですが、オチのためにアンドって呼んでいたのですがやはり正式にアンパサンドにしておきました(書き換えました)。

結果オチに力が無くなっております。残念です。
2008.5.25 Sun. 23:59
&の話は前にも書いた気がしてきた。
-----

チェンバロとチェレスタをたまに間違えてしまう。

両方とも鍵盤楽器で姿はけっこうちがうのだけれど、たぶん「チェ」がいけないのだ。

チェレスタはチャイコフスキーの有名なバレエ「くるみ割り人形」の中で「こんぺいとうの踊り」というこれまた有名なシーンの音楽に使われている。

チェンバロはハープシコードともよばれたりする楽器で、有名なのはキャンディ・キャンディのオープニング曲の前奏部分だろう。

チェレスタ=こんぺいとう
チェンバロ=キャンディ

と、両方とも辿り着くところが甘くて小さな砂糖菓子なのが余計に混乱させる要因になっている。

そもそもの覚え方がよくない。ダメが受験勉強方法の典型的な例みたいですね。
2008.5.24 Sat. 23:09
バタバタしております。
-----

前々から思っていたのですが「&(アンパサンド)」が自由すぎる。

欧文書体の&のことなのですが、


これがふつうっぽい感じの&。


まだまだいける。


&っていうよりEみたいになってきた。


Et?


きみは「む」か。どこかにいっちゃった感じの&。

欧文フォントの&(アンパサンド=アンド)に「本当の安堵」は来ない。
2008.5.23 Fri. 23:50
夜コーヒー。
-----

ロール式ファックス感熱紙で、カットしておらず長いまま放置しておいたものを電動シュレッダーにかけた。

ふつうのコピー用紙だったらすぐにおわってしまうのだけれど、ロール感熱紙はトイレットパーパーのように長いのでシュレッダーに紙がどんどん飲み込まれてゆき、ところてんのように押し出されて細く長く続いている。

ああ楽しい。オフィスなどでコピーを頼まれるのは面倒でイヤだけれど、電動シュレッダーだったら率先してやりたい派なのでもともとあの楽しさは知っていたのだけれど、それが長く続くことがこんなにも楽しいとは。

この瞬間が永遠に続けばいいのにと久しぶりに思った。
2008.5.22 Thu. 23:41
五線ふせん初版分がおかげさまで完売いたしました。ただいま増刷中。
-----

自分が中学生の時の演奏録音を聴いた。

クラブ活動で大人数での合奏録音なのだけれど驚くほどヘタクソだ。過去は美化されるというけれどこれは全く美化されることなく明らかにひどい演奏(しかも本番の録音)。

ヘタクソなものに輪をかけてやたら「とんがった」演奏をしているので「この曲ってこんなだったっけ?」と自分が知っている曲とはちがうんじゃないかと疑いたくなるほどのかけ離れよう。

若かったとはいえ学校のクラブ活動で大人(先生)も居たはずで、どうやったらこんな状態のまま本番を迎えたのか記憶はないのだけれどまぁ中学生のすることなので当時はこれで何の疑問もなかったのだろう。

ヘタクソでとんがった演奏=斬新で前衛的な演奏および解釈ですばらしい。
やたら大きいだけでききたない音=芸術ビッグバン、大爆発ですね。

幼い子どもの描く絵と風変わりな現代アートが紙一重なのと同じで、ものは言いよう。
2008.5.21 Wed. 23:59
いい陽気です。
-----

インスタントみそ汁(主にあさげ)が好きで10食入りとかを買う。

ああいうのってだいたいみそと具がそれぞれ別の小袋に入っていて、それらをお椀の中に入れてからお湯をそそぐスタイルになっている。

10食分ということは小袋が20コ入っている。24食入りだと48袋。最初のほうは何も考えずに使っているのだけれど、もう食べ終わることになってなぜかみそだけが足りなかったり、具のほうの小袋があまっていたり、そにかくペアでなくなることがままある。

知らない間に落としてしまって無くなったのかなんだかは分からないけれどとにかく数が合わなくなるのだ。

半端になってしまったものはとりあえず保存しておいて、次ぎの半端モノが出現した時にようやく消費されます。学校とかで「二人組つくっでー!」とかいう時にいつも誰かあまってしまった時の気まずさみたいなものが「あさげ」のおいしさに含まれています。
2008.5.20 Tue. 23:59
もちろんNHK教育火曜日夜のグールド番組は毎週録画しております。
-----

太平洋側は大嵐だったのですが、そんな中、大事な書類を宅急便で送らねばならずコンビニへ。

しかも書類がB4サイズだったため、すっぽり入ってしかも書類が濡れないようなちょうど良いカバンが見あたらず、45リットル用のゴミ袋に入れてコンビニまで向かいました。

そのゴミ袋はスーパーのレジ袋のような取っ手つきタイプで、しかも外側に印刷など入っていない無地のもの。

旗からみればただの透明で大きなビニール袋で、取っ手部分を肩からかけたらちょっとしたオシャレバッグのようでした。そのまま街歩きしてもはずかしくないぐらい。

ゴミ袋ですなんて言わなければ誰にも分かりませんよきっと。うふふ。
2008.5.19 Mon. 23:59
キラーストリートを聴いた時からそうなるであろう予感はありました。
-----

先週の金曜日ぐらいから緊急の仕事等をお引き受けしてしまい、土日月の合計睡眠時間が3時間ぐらいという大変過酷なスケジュールで仕事をこなしておりました。

本日(月曜日)の夕方、ようやく色々と一段落してさきほど仮眠をとった。また明日朝までの仕事がまださらにあるので引き続き仕事にとりかかっているのだけれど、仮眠から目覚めた途端、なんだか身体が痛い。

筋肉痛っぽい痛みだ。ただ座って長時間パソコン作業をしていただけなのになぜこんなにも全身筋肉痛なのだろう。あまりにも間に合わなさ具合に必死だったので自分でも知らない間に体に力を入れてしまっていたのかもしれない。

プログラマやDTPに携わる仕事をしている人を「IT土方」なんて呼んだりするけれど、こんなに身体が筋肉痛になるぐらいですから本格的な肉体労働です。
2008.5.18 Sun. 23:59
さすがにキツイ。
-----

日曜日のお昼にやっていNHKるのど自慢をちらっと見た。

あの伴奏をやっているバックバンドの方というのは本当にすごい。演歌から最新の流行歌まで、さまざまなタイプの曲の伴奏をつとめ、しかも次から次ぎへと演奏しないといけないのだ。1年間でどのぐらいの曲を演奏しているのだろうか。

疑問なのは「曲は最後までさらって(練習して)いるのか?」だ。普通、途中で鐘がなって最後まで歌える人はあまりいない。ゲストのプロ歌手の曲はさすがに最後まで演奏されるけれどほとんどの場合は曲の途中までの演奏となる。

せっかく最後まで練習していたのに途中で鐘がなってしまい演奏終了、なんてかなりくやしいはずだ。でも淡々とクールに伴奏をつとめる姿はすばらしい。

でも内心「この曲、難しいからたくさん練習したのに鐘ひとつかよ!」と怒る時もあるのかも。
2008.5.17 Sat. 23:59
本日も徹夜でございまーす。
-----

コンビニに向かう途中、道の真ん中でお母さんと娘と思われる二人が立ち読みしていた。

立ち読みといっても本屋やコンビニの本ではなく、おそらく自己の所有物である本をお母さんが娘に読み聞かせていたのだと思う(小さな子供だったので)。

通り過ぎたほんの一瞬のことだったので本当に立ち読みしていたのか分からないのだけれど、なぜ唐突に道の真ん中だったのだろう。

ベンチに座るでもなく、バス停でバスを待っている間でもなくいきなり道の真ん中だ。

いい陽気だったので外で本を読みたくなったのかもしれない。新しい時代に斬新なスタイルでの立ち読みブーム到来か。
2008.5.16 Fri. 23:59
キロあたりスパゲティよりお米のほうが安い。
-----

リモコンで液晶テレビをつけると2秒ぐらい反応がなく、その後「しばらくお待ち下さい」というメッセージのみが真っ暗な画面の中にあらわれ、その数秒後ようやく画面がうつる。テレビが映るのに10秒弱かかっている。

他のテレビがどうなのかわからないのだけれど、どうしてこんなに起動に時間がかかるのだろうか。何か設定の問題かもしれないけれど面倒なのでずっとそのまま使っている。

真っ暗な画面に「しばらくお待ち下さい」って普通のテレビでは放送事故の時しか見ない画面だ。

うちのテレビは毎日が放送事故です(起動時のみ)。
2008.5.15 Thu. 23:59
微妙に雲がとれないのはナゼ。
-----

今度の夏に北海道で主要国首脳会議が行われるとかでたまに話題に出てくる。

この主要国首脳会議のことをG8(ジー・エイト)と省略して呼ぶ。Group of Eightの略らしい。

ロシアが参加する前までは七カ国だったのでG7だった。名前もたしか「先進国首脳会議」とかだったと思う。

ところでG7といえば楽譜のコードネームだ。難しいことを割愛して平たく言うと「ソシレファ」の和音のこと。

残念ながらG8というコードネームは存在しないので、サミットのテーマソングとしてG7のコードを多用した曲をつくっても面白そう。「サミット音頭」とか。
2008.5.14 Wed. 23:59
徹夜明け、胃にしみいる 赤いきつね。
-----

以前から関東で関西バージョンの赤いきつねを購入出来るところを探していたのだけれど、最近ダイエー系列でもイオンのプライベーtブランドである「トップバリュ」商品を扱うようになってからトップバリュの即席うどんである「きつねうどん」を食べたのだ。

見た目は「赤いきつね」や「どん兵衛」とほぼ同じだけれどスープの色がすこし薄い。パッケージにも関西風って書いてあるし、これは関西の赤いきつねと同じようなものなのではないだろうか。

しかも78円と安い。探していたものはすぐ目の前にあった、青い鳥はここにみたいな話だ。

即席うどんだから「蒼いきつねはここに」か。
2008.5.13 Tue. 23:59
寒いですね。
-----

夜8時すぎに緊急の仕事依頼をいただいて引き受けてしまい、他の仕事との兼ね合いもあり徹夜が決定している。

明朝までに終わるかしら、かなりギリギリもいいとこだ。でもいまとても眠い。どうしよう。

コーヒーは飲んだけれどカフェインも効かないほど眠くまぶたが閉じそうだ。でも寝てしまっては仕事の納期に間に合わない。

考えた結果、水分をたくさん摂ることにした。カフェインはとりすぎると胃によくないので刺激物ではない水とか麦茶とかだ。

水分をたくさんとるとトイレに行きたくなるのでうっかり寝てしまってもそのために起きるだろうという作戦だ。代謝もよくなって座り作業時のエコノミークラス症候群対策にも最適。

さて仕事に戻ります。
2008.5.12 Mon. 23:04
とれた詰めものをそのまま詰め直しただけで治療終了。
-----

芸能人で、歌うでもなく演技するでもなくコメディアンというでもなくモデルというでもなく、特に何かをするわけでもないのに芸能人としてテレビに映る人がいる。おそらく「タレント」というポジションなのだと思う。

そういう人はどういった層にニーズがあって存在しているのかずっと疑問だった。好きな芸能人、といった場合、まったく名前があがりそうもない人たち。「○○さんの大ファンです」という視聴者が居なさそうな人たちだ。

しかし今日ついに、そういったタレントさんたちにぴったりな表現をみつけた。それは「業務用」。芸能界のための芸能人。

今日はもうそれが分かっただけで満足の一日。
2008.5.11 Sun. 20:38
歯の詰めものがとれたのですきまが気になる。
-----

三菱東京UFJ銀行のシステム統合がいよいよ本格的に行われており、週末にATMが使えない日もある。

銀行は統合を繰り返しているのでもはやどの銀行が何の銀行だったか分からなくなってきている。

三菱東京UFJ銀行は三菱東京とUFJが合併したものだ。でもそれぞれの銀行は統合されてできたものだ。さかのぼってみると、

三菱東京銀行=三菱銀行+東京銀行
UFJ銀行=三和銀行+東海銀行

ということで、両方とも「三」と「東」がつくではないか!もしかしたら合併するべく運命だったのかもしれない。

なので今の長い名前をやめて「東三銀行」とかでも良いと思うけれど「トウサン(倒産)銀行」なので縁起が悪いか。
2008.5.10 Sat. 22:38
一山越えたがまだまだ山並みは続く。
-----

ふつうの日記。

キシリトール配合のガムを噛んだら歯の詰め物がとれた。歯にいいガムを噛んだのに、かえって歯医者に行くはめに。

-----

仕方なく歯医者に診療予約の電話を入れると受付の人がものすごく感じ悪い。こちら(患者)がびっくりするほど感じ悪い受付ってなかなかないですよね。

しかし診療カードに書いてあった担当医の名前をつげると態度が病変。電話越しの声が明らかにワントーン高くなった。そんなにすごい先生なのか。

------

唐揚げの素(液体タイプ)で肉野菜炒めをつくるとおいしいことを発見。
2008.5.9 Fri. 23:59
あともう少し。
-----

ショッピングセンター内のとある風景について。

L字型のガラスショーケースがあるのだけれどL字の直角部分がわりと鋭くなっていて、しかもガラスは透明なので分かりづらいのか子どもがはしゃいで走り回ったりするとその鋭い角にぶつかってあぶないらしいのだ。

なのでそのL字コーナーの部分には「あぶない!ガラスです」みたいなポールがたてられていて注意をうながしている。でもその注意書きのポールが微妙に不安定なものなのでわりとよく倒れている。ちょっとぶつかったり足でひっかけただけでも倒れるようんs不安定具合だ。

お店の人は倒れたポールにはあまり気付かないらしく放置されている。「あぶない!ちゅうい」と書かれたポールが倒れていて歩行者の邪魔になっておりあぶなさ倍増です。
2008.5.8 Thu. 21:37
1ミリずつしか進まない。
-----

浦安在住の友だちと話をしていたとき「なんとかファウンテンホテル」の話題になった。

浦安にあるTDR客向け用のホテルなのだけれど、みんな浦安関係者なのに誰一人として正式名称がわからず「あそこのなんとかファウンテンホテル」というあやふやな名称で呼んでいた。

それでも十分通じるし会話も成り立つので最中は疑問に思わなかったのだけれど、あのホテルの正式名称はなんだったっけと後になってネットで調べた。

パーム&ファウンテンテラスホテル、が正式名称だった。正式名称は「パーム」と3文字からはじまる。

対して「なんとか」は4文字だ。正式名称のほうが出だしは短いのに覚えてもらえないところがむなしい。ファウンテンのあとにくる「テラス」はあまりに存在感が無い。

なんとかファウンテンホテルのほうが覚えやすいのでそちらを正式名称にするといいよ。
2008.5.7 Wed. 23:59
レンタルパンダ、延滞とかしたら大変そう。
-----

いま制作している楽譜にものすごく手こずっていて、ここ数ヶ月ぐらい取り組んでいるのだけれどなかなか終わらない。

連休中もその譜面をずっとやっていたのだけれど本当に進まない。一日で1ページ進むのがやっとというぐらい。

この進まなさ具合を他にたとえると何だろうと仕事をしながらずっと考えていた。傘をさしながら向かい風の中を歩くのともちがう。夜に自転車のライトをつけて走るのともちがう。もっと抵抗感が強い感じなのだ。そうこうするうちにようやくぴったりなものを見つけた。

スポーツクラブとかにあるエアロバイク(自転車漕ぐやつ)の負荷を最大にして無理矢理漕いでいる状態だ。あの人工的な抵抗感といい、いくら漕いでも前に行かないところといい、いまの仕事の進まなさ具合にぴったりだ。

今度進行状況をご報告する時にこの表現を使おう。「エアロバイクの負荷を最高レベルにして無理矢理漕いているる状況です」。
2008.5.6 Tue. 23:59
仕事が終わらないまま連休が終わりました。
------

日曜日の夜とかにやっている暗いドキュメンタリーが好きだ。

うかれた休日気分を吹き飛ばすぐらいの暗く重い内容。否が応でも明日(月曜日)という現実に引き戻される。

さきほどもテレビ東京(ガイアの夜明け)で労働問題が取り上げられていて「ああ、連休が終わって明日から世間も仕事が動きはじめる」と現実に引き戻された。

テレビ局も番組編成を考える時にその辺のことも狙っているのかもしれない。こういうのを止力というのだろうか。
2008.5.5 Mon. 22:21
晴れる晴れる詐欺。
-----

結局バーベキューに参加してきました。

お昼ご飯がてら1時間半ほどだけだったのだけれど幹事さん兼バーベキュー奉行さんがすべて手配してくださっていて、場所とりから道具を揃えたり炭での火おこし、食材を焼くところまですべてを仕切ってくれたので私はすっかり食べるだけ係になってしまい、しかも仕事があったので後かたづけもせず途中で帰ってきてしまい、かえって申し訳ないほど至れり尽くせりでした。お世話になりました。ありがとうございました。

海辺でのバーベキューだったのだけれど海辺にかぎらず屋外って風が強いのをいつも忘れる。

屋外での食事に便利な紙コップや紙皿、飲み物の缶など、中身が空になると強い風にあおられれてすぐに飛ばされてしまう。

ポストイットみたいな貼って剥がせるのりが紙皿の裏側についていれば飛ばされなくて便利かもしれない。
2008.5.4 Sun. 23:59
休憩。
-----

ケーブルのことについて昨日書いたけれど、分裂して増えているのではなく雑草みたいにどんどん生えてくるのではないだろうか。

というのもチューリップの歌では「♪なーらんだ、なーらんだ、赤白黄色」なんて歌われているのだけれど、この三色がちょうどオーディオ(AV)ケーブルのステレオ音声+映像のあのケーブルと色が同じなのだ。

シーズン的にも今がチューリップ満開の季節ですよね。オーディオケーブルを見るたびにチューリップの歌を歌います。
2008.5.3 Sat. 22:36
普段の土曜日と何ら変わらない。
-----

ケーブル類をたくさんまとめて入れてある箱というのがあるのだけれど、なんだか知らない間に増えている気がする。

パソコン関係のケーブルもオーディオ関係のものもすべてまとめてどさっと入れてあるだけなのだけれど箱をあけるたびに「あれ、こんなにあったっけ?」と思う。

しかも普段ほとんどその箱を開けることはなく数年ぶりにあけたのだけれどオーディオ関係の赤と白のケーブルがどっさり出てきてあせった。同じ場所に一緒に入れておくと知らない間に細胞分裂でもして増えているんじゃないだろうかと思うほど。

ちょっと前にやたらと流行ったなんとかヨーグルトみたいに、ケーブルも暗い引き出しの中で培養されているのかもしれません。
2008.5.2 Fri. 23:59
連休前から気が重い。
-----

夕食を腹5分目ぐらいにしておくとそのあとも眠くならずに仕事が出来ることがようやくわかった。

そもそも外食イコール身体によくない、みたいなイメージがあるけれどそれは本当かと疑いたくなる。

というのも自分でつくって食べる場合どうしても多くつくりがちで残さず食べようとしてしまうので満腹になってしまうのだ。

その点、外食は量がきまっていて総じて少な目だ。多くも出来るけれど比例してお金がかかるので自然とセーブするようになるだろう。

加えてこのところの食料値上げによりますます食費を意識してセーブするようになった人も多いのではないだろうか。

食料値上げでうっかりメタボ対策になってしまったりして。値上がりが落ち着くころにはみんなほっそりしちゃってそちらの問題も解決して一石二鳥。
2008.5.1 Thu. 23:59
トップの画像かえなきゃ。
-----

かけラーメンをたべた。

カップラーメンにでさえ申し訳程度に具(かやく?)がついているのに、まったくの具なしラーメンだ。ネギすらなく麺とスープのみ。あ、きざみのりだけはあったのでかけた。

もりそばに薬味であるネギやワザビが無くてもさほぼ貧乏感はなくかえって「薬味なしで蕎麦の香りとつゆのうまみを味わうのが通!」みたいに言い張れそう。讃岐うどんなんかはまさに麺とスープのおいしさを愉しむためにあえてシンプルな状態でいただくらしい。でもラーメンの場合は何の言い訳にもならない。

そこにあるのはただただ具を用意しわすれてた手抜きアンド貧乏感だけだ。

[前へ] [月別ログへ] [次へ] [最新のコラムへ戻る]