コラム付点八分休符
過去のコラム
[前へ] [月別ログへ] [次へ] [最新のコラムへ戻る]

2007.4.30 Mon. 23:59
ラストスパート。
-----

携帯電話を変えたいなと思ったのだけれどもうすぐ新しいのが出るらしくいまはタイミングが悪い。

携帯電話ショップで色々とみていると店員さんに話しかけられ、これなんてどうですか〜?とセールスしてくる。むこうも売上をあげたくて必死だ。

いまはどの機種をご利用なんですか?と言うので持っている電話を見せて、「背面液晶の時計が見づらいので機種変更したい」なんていう世間話をしていたら、その店員さんが私の携帯を少しいじってくれて、表示を変えたらなんだか見やすくなって気分も変わって、機種変更がどうでもよくなってしまった。

もうしばらくこれのままでいいや、と思って店を後にした。ずいぶん安上がりな機種変更だ。
2007.4.29 Sun. 23:59
いい天気です。
-----

あまり利用しないパン屋さんで買い物をしたら「当店のポイントカードはお持ちですか?」と聞かれた。

持っていないと言うとすぐに発行できるからカードをつくるか、とも聞かれたのだけれど結局キャンセルしてしまった。

こういう風にしてポイントを無駄にしてしまうケースは多い。ほかにもある一定水準まで達しなくて無効になってしまったポイントとか。ポイント制度はあくまでもサービスの一部なので純粋な資産ではないのかもしれないけれど、いままで生きてきた中でどのぐらいのポイントを無駄にしているのだろうか。

そういった無駄になってしまうポイントをすこしずつあつめると何かもらえたり交換できたりすればいいのにと思う。いらないポイントが誰かと交換できればあとちょっとで有効になるまでたまる!という人の役に立てるかもしれないし、チリもつもればなんとやらでけっこうな規模にもなるのかも。

ベルマークとかプルトップと同じだ。
2007.4.28 Sat. 23:59
連休中だと思って油断していました。
------

お肉屋さんでハンバーグの種だけ買ってきた。さすがちゃんとお肉屋さんが手作りしているだけあって分厚くしっかりしているし、ずっしり重い。

ハンバーグを焼く時に中までちゃんと火が通ったかわからない。「竹串をとおして……」とか言うけれどなんか赤い部分がのこっている気がするのだ。

なので自分で食べる分だし、まぁいいやとフライパンの上でちょっと切れ目をいれてみたりする。少しだけと思っていたら豪快に切れてしまい、結局切り分けて火をよく通す。

出来上がったものはハンバーグの原型をとどめていないなんか挽肉のカタマリっぽいもの、でも形は不揃いといった感じのもの。

サイコロステーキがあるのならサイコロハンバーグもあって良いと思う。
2007.4.27 Fri. 23:32
乾電池(2種類)買うの忘れない。
-----

携帯電話のメールでは「感情お知らせメール」という機能がついているものもあるらしい。

届いたメールのテキストを解析して、その内容がどんなものなのかメールを開く前の段階でアイコン表示するというものだ。悲しい内容だったら泣き顔のアイコン、といった感じになっているそう。

着信鳴り分けという機能もある。あらかじめ設定しておくと、メールの送信者によって着信音が変えられるのだ。これは私も設定している。

これらを組み合わせて着信した内容によって着信メロディの曲調を変えられるというのはどうだろう。

たとえば着信音を「サザエさんのオープニングテーマ」にしているとしよう。

楽しい内容の時:サザエさんファンファーレ風(ブラス音を多用して華やかに)
悲しい内容の時:サザエさん短調バージョン(移調する)
優雅な内容の時:ワルツ風サザエさん
急いで読んで欲しい時:ユーロビート調サザエさん(バーゲンの時にかかっているような感じの曲調で)

曲を変えるのではなくて曲のアレンジが変わるというのがミソだと思う。誰からメールが届いたのかもすぐわかるし、曲を聴けば内容もある程度分かる。

携帯電話のサービスってもう行き着くところまできている気がします。
2007.4.26 Thu. 23:59
更新おくれました。
------

各種ダイレクトメールが連日のようにたくさん届く。とくにメールでのDMはすごい量だ。

アスクルからきたDMをみて「あ、コピー用紙がなくなったから頼まないと」と急に思い出した。

ちょうどゴールデンウィークに入る前で、配達が休みになってしまうところだった。ギリギリ間に合った。

いつもは迷惑なダイレクトメールもこのときばかりは注文忘れを思い出すのに役に立った。

現代のダイレクトメールはサザエさんで言うところの三河屋のサブちゃん的な役割もあるのかもしれない。御用聞きだ。
2007.4.25 Wed. 22:01
連休前半戦はいつもに増して営業します(やらないと間に合わない)。
-----

生協の配送では冷凍食品を頼むと保冷用にドライアイスを入れてくれる。

留守にしていても専用ボックスに入れて玄関前に商品を置いていってくれるのだけれど、そのドライアイスが割としっかりした状態で残っていた。

羊羹ぐらいの直方体ドライアイスがゴロンと入っていた。気温にあわせて夏は多め、冬は少なめに調整してくれるのだけれど、さいきん4月とは思えない気温の低さでドライアイスもあまり溶けなかったのだろう。

台所のステンレス流し台にドライアイスを転がすとあの独特の音がした。そのあとでうっかりドライアイスに熱湯がかかってしまい、台所中に白いスモークが充満した。コーヒーをいれていただけなのに周囲の状況はやたらとゴージャスだ。台所で演歌ショーか、もしくは実験に失敗でもしたか。

ドライアイス遊びのフルコースを満喫しました。
2007.4.24 Tue. 23:48
さあせっぱつまってまいりました。
-----

長崎ちゃんぽんのチェーン店であるリンガーハットでちゃんぽんを頼むとき、ピリ辛をトッピングで足すことが出来る(有料)。

ラー油のようなものを入れてくれるのだけれどこれが好きでいつも足してもらっている。1辛から10辛ぐらいまであって、1辛増えるごとに30円ぐらいプラスだったような気がする。

オーダーの時も「ちゃんぽん、3辛(サンカラ)で」とか言うのだけれど、辛さの部分だけ取り出してみるとダイヤモンドの話をしているようでもある。

店員さんも「3カラで、かしこまりました」とか言うし、数字が上がるごとに高価になるのもダイヤモンドと同じだ。

リンガーハットのメニューには皿うどんもある。長崎の皿うどんは揚げた麺にあんかけがかかっているやつだ。麺を「カラット」揚げる、なんていうだじゃれも成立する。リンガーハットとダイヤモンドは遠いようで近い。
2007.4.23 Mon. 23:59
色々と間に合っていない。
-----

夜中にモノクロレーザープリンタでプリントしていたら突然、白い縦スジがはいるようになってしまいとてもあせった。

原因はすぐに特定できないのだけれどなんとかしなくてはならない。トナーの買い置きなどはない。レーザープリンタはトナーをはじめとする消耗品がとにかく高いので、気軽にストック出来ないのだ。しかも原因はトナー以外の場所かもしれないので交換したところで白いスジが解決出来るかどうか確実ではない。

納品のための作業だったので途中でやめるわけにはいかず、以下のことをして解決した。

・トナーをとりだしてよく振る
・LEDヘッドの部分をメガネ拭きでちょっと拭く
・メンテナンスメニューでクリーニング実行

これでなんとか直った。助かった。びっくりするぐらいはっきりと太く現れていた白い縦スジが消えた。

Web2.0とかなんとか言っているけれど、結局いきつくところは「トナーを振る」とか何十年も前から変わっていないアナログな作業だ。
2007.4.22 Sun. 18:25
風が強い。
-----

ショッピングセンターなどの出入口はたいてい2枚扉になっている。

内扉と外扉というのだろうか。屋内に入るには扉を2つ通らないといけないようになっており、それは屋内外間の温度調節のためだったり、風圧のためだったりする。

浦安は海が近く風が強いためよく押し扉や自動ドアが使用禁止になっている。あまりにも風が強くて扉が予想外に開閉してしまったりするのだ。扉がガラス製である場合、風でドアがバーンと開き、ひどいと割れてしまうこともあり、人もケガをしかねない。

きょうもそんな感じで風が強かったのだけれど、ダイエーに行って買い物を終え外に出ようとしたとき、内扉を手で押して開けた瞬間風がぶわっとはいってきて手を触れていないのに外扉があいた。

天然の自動ドアだ。あるいは魔法使いか。
2007.4.21 Sat. 21:45
昼はハンバーガー夜はハンバーグ。
------

昼間に道を歩いていると「バタバタバタバタ」というすごい爆音がした。

何か事件でも起きて上空をヘリコプターが飛んでいるのか、と思うほど大きな音だった。でもヘリにしては音が遠ざからず私のまわりを同じ音量でずっとバタバタ鳴り響いている。

不思議に思ってあたりをよく見ると、私のすこし後ろを歩いていた人がキャリーバッグをひきずっていて、その音だった。路面がタイル状になっていたのでタイヤがまわる度にその震動でものすごい音をたてていたのだ。

その人と私は同じ進行方向だったので、しばらくそのバタバタ音が聞こえていた。テレビとかの効果音として波の音を砂をザーっとやってで表現したりするけれど、ヘリの音もキャリーバッグのバタバタでいける気がする。
2007.4.20 Fri. 23:59
自宅に人質なしで立てこもった場合、家に帰ったもしくは引きこもったのと同じことでは。
-----

ファミレスのすかいらーくは系列に色々なファミレスがあり、ガスト、バーミヤン、ジョナサン、夢庵、藍屋などがある。ほかにも回転寿司や焼肉屋なども経営しているらしい。

すかいらーくやジョナサンでは和洋折衷というか、ステーキやハンバーグもあれば和食っぽいメニューもあるのだろうけれど、他ははっきりと区別されていてバーミヤンには中華っぽいメニューしかない。

同じ系列なのだから、たとえばすかいらーくでバーミヤンラーメンが食べられても良いのではないかと思う。

大学の学食やフードコートみたいに、大きなフロアでバーミヤンコーナーとか藍屋コーナーとかにわかれていてそれぞれが好きなものを食べられる。もしくは分厚いメニューが出てきて、系列店のものならなんでもオーダーできる究極のすかいらーく。

夢のようなすかいらーくだ。とは言ったもののすかいらーくなんてもう何年も行っていない。

2007年4月現在、いちばん好きなファミレスはバーミヤンです。
2007.4.19 Thu. 6:37
朝です。
-----

自動車の盗難事件をニュースでみた。自分の周りでも「車を盗まれた」という人の話を数件聞いた。

よく考えれば自動車は高価であるわりには無防備で盗まれやすいものだ。

もともと自由自在に動くものだから、ロックとかかけられてもそれを解除できさえすればあっという間に持ち去れる。そしてどこにでもあるものだから目立たない。普段意識していなかったけれど大きな駐車場とかにずらりと車が並んでいれば、そこには何億もの価値が無防備に放置されているのと同じことなのだ。

価値があるから盗まれるのであって、価値のないものにしてしまってはどうだろうか。コンタクトレンズ方式だ。

コンタクトレンズ方式とは、昔コンタクトレンズはとても高いものだった。いまでも一枚単位でかえば何万円もするだろう。でも本体の原価としてはとても安いのだけれど量が売れないからそんな値段になるのであって、使い捨てコンタクトレンズになったらびっくりするぐらい一枚あたりの単価が安くなりコンタクトレンズに対する価値観も変わった。

あれと同じで、乗り捨て車とかにすれば盗む人もいなくなり、車にまつわるトラブルや犯罪も無くなるのではないか。乗り捨てられている車は他の誰でも乗っていいのだ。資源の有効利用でもある。
2007.4.18 Wed. 0:38
続けて更新。
-----

パソコンなどの電気機器において、電源を切っておくかどうかが問題になる。

使わないからといって長期間電源を入れないでおくと、いざ使おうとしたときに調子が悪くなっていることがある。

調子が悪くなったら再起動、なんていうこともよくあるのだけれど、電源つけっぱなしのほうがわりと調子がいい、パソコンの電源は切らない、という人もいるらしく、結局どれが良いのかは分からない。

電源を切らずに、というのは老舗料理店なんかでいうところの「先代から続く秘伝のタレを毎日つぎたしながら使っています。24時間ずっと弱火にかけつづけているので、交替で火の番をします」みたいなものだろうか。

ちがうか。
2007.4.17 Tue. 23:59
物騒な世の中です。
------

このぐらいの時間にメールを書こうとするといつも困るのは一番最初の挨拶だ。

「こんばんは」と書いても良いのだけれど、メールの送信相手が読むのは朝かもしれない。そうなると「こんにちは」ぐらいにしておくのが無難だろうと思うのだけれど、どうも違和感がある。

朝昼夜関係なく使える次世代の挨拶用語が必要だ。どこかの国の言葉ではたしか時間が変わっても同じ挨拶だったような木がするけれど、あれと同じような感じでワールドワイドなネット用語でも開発すればいいかも。
2007.4.16 Mon. 23:59
ラーメン食べました。
-----

以前トヨタはトランペットを吹くロボットをつくっていたけれど、今度はバイオリンを弾くロボットをつくったそう。他にもテューバ、トロンボーン、ホルン、ドラムなどが演奏出来るロボが居るらしく、こんどロボットだけでオーケストラを組んでデビューするプランもあるそうだ。ロボオケ。

オーケストラの中のヴァイオリンの役目というのはもちろん曲によって色々あるのだろうけれど、弦楽器は基本的に出せる音が小さいので、人数を多くすることによって音量をかせいでいるという部分がある。

なのでオケのヴァイオリニストとしては個人的な上手さとかよりもいかに他の人とあわせて演奏できるか、などの協調性も問われるのだと思う。その点ではロボのほうが人間よりも優れているのではないだろうか。なにせ絶対に間違えない、ロボをふやせばまったく同じ動きをするので協調性の点はばつぐんだ。

弦楽器はサンプリング技術面の進化も目覚ましく、先日弦楽器のサンプリング音源を聴いてちょっとあせったりもしていたのだけれど、ヴァイオリンロボ登場となるとますますその状況はあやうくなる。

ヴァイオリンロボもオーディションとか受けて、カーテン審査だったら受かるかもしれません。
2007.4.15 Sun. 18:47
今年にはいって一番がっかりしたことがさきほど起こりました。
-----

夕方ごろ、ドトールでアイスカフェラテをテイクアウトにしてもらった。

「ガムシロップはご利用になりますか?」というので「要らないです」と答えたのだけれど、途中で思い直して「やっぱり入れておいてもらえますか?」とお願いしたのだ。

というのもガムシロップは普段の調理に砂糖代わりに使えるから。あまり砂糖を用いた料理はしないのだけれど、溶けやすく(というかもともと溶けている)、使い切りになっているガムシロップは冷蔵庫にあると便利なので、普段アイスコーヒーなどを頼んでブラックで飲む時もなるべくもらって持ち帰るようにしている。

紙袋に入れてもらって持ち帰り、おうちに着いてアイスカフェラテを一口飲んでみてびっくり。なんどガムシロップがカフェラテに入っていて甘いのだ。

たしかに、ガムシロップ入れてくださいと言った。でもそれは「飲み物と一緒に紙袋に入れておいてください」という意味だろうし、ああいう店ではそれが普通だと思っていた。そういえばドトールの店員さんが「ガムシロップ入れておきました!」ってはりきって言ってたけど、あれはそういう意味だったのか。

甘くないアイスカフェラテが飲みたかったのに。今年の「小さな親切大きなお世話」大賞に決定したいぐらいだ。
2007.4.14 Sat. 23:59
ただいま残業中〜♪
------

洋服の仕立てのことについてはほとんど知識がないのだけれど、よく上着のポケットがついているところが、裏側をみるとちょうど内ポケットのようになってることがある。前身頃の内側(?)というのだろうか。

サイドから手を入れられるタイプのポケットがそうなっていることが多いのだけれど。あれは内ポケットとして計算されてつくられているのか、または仕立ての関係上そうなるのかいつもわからない。

内ポケットとして使えるなー、と思っていたらよく探ってみると最終的に縫い合わせられていなくて、小さな穴があいていたりするのもあれば、買う時にはとくに「内ポケットつき!」と明記されてはいなかったものの、完全に内ポケットとしても使える仕立てになっているのもある。

正式なポケットなのかどうかいつもよくわからないので、ティッシュとか落としても良いようなものを入れています。

ポケットなのかどうかすらもあやしい、謎の四次元ポケットです。
2007.4.13 Fri. 23:59
まさに13日の金曜日。
------

Macの新しく発売される予定のOS(leopard)が発売延期になったということで、がっくりです。

春には出るというのがかねてからの情報だったので、新しいのが出たら買い換えようと予算なども準備していたのに発売は10月になるとのことで、まだまだ先です。

leopardだけにアップルの態度が豹変した、というところでしょうか。ウヒョー。
2007.4.12 Thu. 23:18
どっと疲れが出ました。
-----

郵便局の窓口に用事があって行ったら混雑していて、順番カードの「ただいまお待ちの人数」みたいな数字は22人になっていた。

22人待ちかー、とがっくりしながらベンチに腰掛けて待つことにする。しばらくすると私の番号札の10番手前ぐらいからみんなキャンセルしてしまったらしく、どんどん飛ばされていく。

ああいうのって番号札をもらったのは良いものの、あまりの混雑に途中で待つのをやめて帰ってしまうことがある。結果その番号は呼び出しはかかるものの該当する札を持っている客はすでにいないので次ぎの人へど繰り上がるのだ。

結果的に10番ぐらい飛ばされて、ごぼう抜きで私の番号が呼ばれた。とても気持ちがよい。マラソンランナーじゃなくても体験出来る、日常に潜むごぼう抜き。

自分の番がきていざ窓口に行ってみると私のしたかった手続きには届出印が必要で、私はそれを持ち合わせていなかったので結局何も出来ずに帰ることになった。「振り出しに戻る」だ。ガーン。人生はまるで人生ゲーム(ボードゲーム)のよう。
2007.4.11 Wed. 23:59
なんだか寒かったですね。
----

先日、バッハ大全集のCDセットを買ったところ、HMVからやけにバッハ関連の宣伝メールが届くようになった。

おそらく買ったものから解析しておすすめの商品を選んでくるのだと思う。

でも大全集を買ったということは私はすでにバッハの作品のほぼすべてを持っているのだ。もちろん同じ曲でもちがう演奏家や団体が演奏したCDであれば買うことはあるかもしれないけれど、しばらくは買わない予定。

宣伝メールももうひとつ壁を越える必要がありそうです。
2007.4.10 Tue. 22:39
すこし休憩。
-----

パスタをつくろうと、ロングパスタ(乾麺)をゆでるために鍋にお湯を沸かし、準備をした。

麺を鍋に入れる際にうっかりしていて、火が強過ぎたせいもあるのだけれど鍋からすこしはみ出ていた麺の先端部分がすこしこげてしまった。

すぐに気付いたので麺を鍋に押し込んだのだけれど焦げくさい匂いが広がった。

これはもしかしたらパスタのおこげかも!と前向きにとらえて調理を続け、作り終えたものを食べてみたけれど、それはおこげなんていうかわいいものではなくてただの「焦げ」だった。

被害は最小限だったのでパスタはおいしくいただきました。パスタのおこげはどうやらご飯のそれほど貴重がられる存在ではないようです。
2007.4.9 Mon. 23:59
なんか一気に色々と仕事がはいってきました。
-----

ご飯に関しては、白いごはんはやっぱりおいしい。でも大人になるにつれて白いごはんはたくさん食べてはいけないものになる。糖分とかの関係で。

玄米とか麦飯とかが体に良いとされ、白いごはんより味の面ではおとるのかもしれないけれど積極的に食べる人が多くなってきた。

白いものは正義で黒いものは悪者とされるケースが多いけれど、お米に関していえば白いものはすこし悪者っぽくなってしまい、逆に黒(真っ黒ではないけれど対比という意味で)が正義の味方になりつつある。

そのうち黒いほうが主人公の戦隊モノも流行るかもしれない。アナザーサイドみたいな感じで。
2007.4.8 Sun. 23:59
選挙が思ったほど面白くなかった。
-----

全国的に選挙デーだったので、テレビも選挙一色になるかと思っていたのだけれどさほどでもなく、わりとバラエティとかもやっていた。

そんな中、日本テレビは巨人戦の中継をやりつつ画面下にテロップを出して選挙情報を伝えていた。

野球中継は近年視聴率の低下で、お膝元の日テレさえも巨人戦の中継を延長しないという方針にしたらしく、また他局でも野球中継の放送回数を削減しているらしい。

今日のように番組中にテロップを出しつづけておくのも一案ではないだろうか。昔、雑誌のはじっこのほうにとても小さな文字で「豆知識」みたいなものが載っていてあれがおもしろかったけれど、あの豆知識と同じような感覚で、野球とは全然関係のない情報でも良いので豆知識情報を流しつづけるのだ。

本編(野球)とは関係なく豆知識が見たくてテレビを見てくれるという人も出てくるかもしれない。野球はBGMのようなものになる。野球を観て賢くなる。ためになる。宣伝も出来る。
2007.4.7 Sat. 23:59
インターネットFAXでどこかいい会社がないか探しています。
-----

紙見本をみていた。

紙見本といのは、出版物をつくるにあたり、どんな紙で印刷するのかを決めるための資料のようなもので、たくさんの短冊みたいな紙が束になっている。表紙の紙はこれ、とか本文(中身)の紙はこれ、とか指定する。

その中で「玉子」という色の紙があった。ほかにもミルク、アボカド、桃、レモンなど食べ物関係の色名もあったのだけれど、玉子色と聞いたらふつうはどんな色をイメージするのだろうか。やっぱり黄身の黄色だろうか。

たしかに黄色系ではあったのだけれど濃い黄色ではなく、ちょっと緑がかったようなうすい黄色で、タマゴをゆでた時の黄身、の黄色っぽかったのだ。

生々しくてちょっと引いた。ゆでたまごなのに生々しいというのも何ですが。他にもくりちゃ、うめ、びわ、マスタード、みかん、小豆などあり全体的においしそうな紙見本です。
2007.4.6 Fri. 23:59
はやく新しいMac発売にならないかな。
-----

スーパーのイオンが新しい電子マネー「WAON(ワオン)」というのを独自規格として発行するそう。

電子マネーはすでに乱立気味で、私が知っているだけでもSuica, Pasmo, Edy, iD, クイックペイ, nanaco, VISA TOUCHなど色々で、すべてにおいて使える場所や機能がちがうのでやっかいだ。

そういえばイオンというスーパーには行ったことがない。私の行動エリアにはイオンは無いからWAONについてはあまり関係ない。

一番最初に「イオン」と入力して変換したら「異音」となって出てきた。異音の和音。こんなにたくさんの電子マネーが同時に乱立する状況はまさしく不協和音だ。
2007.4.5 Thu. 23:59
「決算で忙しくて」って大人の響きがする言い訳だよね。
-----

仕事をしている場所は北向きだ。なので冬はとくに寒い。

きょうなどは銀行に用事があり、昼間に外に出てみたら外のほうがあたたかかったほど。たぶん建物自体がひえきっており、さらに陽があたらないので、室内の空気が入れ替わるのに時間がかかるのだろう。

北向きの部屋にも春が訪れるのを静かに待っています。
2007.4.4 Wed. 23:59
さむいさむい。
-----

オフィスビルの広いワンフロアに入っている会社などは節電のために定時後に社員が帰っていったあとは電気を部分的に消していくことが多い。

机がたくさん並んでいて、たいていは部署ごとに机が区分けされている。電気のスイッチがブロックごとに制御できるようになっていて、全員帰ってしまった部署の上の照明は消すのだ。

私の仕事領域である制作関係の部署というのはどこの会社でも夜遅くまで残業している場合が多く、ほかの部署がみな帰ったあとでもたいてい最後まで残っている人がいる。

部屋の電気がだんだんと消えていって、周囲は暗くなり、電気がついているとことにだけ人がいる。

人間も虫と同じように、光のもとに集まるのだ。
2007.4.3 Tue. 23:59
さむいですね。
-----

さいきん、毎月届くガスと電気料金の明細を見るのが楽しみだ。

明細書には今月分の使用量と代金が載っているのだけれど、今月はちょっと多かったとか、節約がんばったから料金がすこし安くなった!とか一喜一憂している、

あとは前年度の同月分使用量も比較資料のため掲載されているのもポイントだ。去年は今年よりもえらく高かった(多かった)けれどこれは厳しい寒さのせいで電気もガスも春先まで暖房類でかなり使ったからだとか、数字をみただけで去年のことを振り返ることができる。

電気やガスの月途中での使用量はメーターボックスをみればわかるのかもしれないけれど、わざわざ確認しないので計測員の方が来るまでは今月度の使用量が予想もつかないというのもワクワク感を引き立たせる。

そして前月比、または前年比で安くなっていると達成感があってうれしい。節約がんばったかいがあったと実感出来るし、予想外に高かったりするとどこか電気をつけ忘れたままにしていなかったかと反省する。

これは毎月届く通知表のようなものだ。
2007.4.2 Mon. 23:52
コーヒーをいまから飲んだら眠れなくなるかしら。
-----

先日都内に用事があって行った時に選挙のポスターをはる看板を見かけた。

現都知事の石原慎太郎氏、黒川紀章氏などテレビで見たことのあるあの顔が他の候補者と同列で貼ってある。あたりまえなのだけれどテレビの人がこんなにも身近に!と都民がすこしうらやましくなる。

今年は全国的に選挙イヤーでどこにいっても何かしら選挙活動をしていて正直なところうるさい。駅前とか繁華街でマイクをもって大声を張り上げている。

自分で投票するときはいちばん静かにしてた人イコール名前を聞いたことが無い人に投票しようと思う。
2007.4.1 Sun. 22:22
こんばんは。ソラシド♯ガクフです。
-----

本日はエイプリルフールで各方面で色々と関連イベントが執り行われている。

エイプリルフールで、今までのうち一番信じてしまったウソは「Tシャツが後ろ前だよ!」というのだろうか。

たぶん小学生の時で、春休み中なのに登校する日(離任式?)で、クラスメイトに急にそう言われたのだ。

「え!」とあせって自分の着ていたTシャツを見た途端に「うそだよーん」とか言われてガックリきた覚えがある。

だまされやすくなおかつ心に残るのは、そんな風にシンプルなウソだ。

[前へ] [月別ログへ] [次へ] [最新のコラムへ戻る]