コラム付点八分休符
過去のコラム
[前へ] [月別ログへ] [次へ] [最新のコラムへ戻る]

2005.10.31 Mon. 3:02
10月もおわり。
-----

音楽を題材にしたマンガが流行っているとのこと。

読んだことがないのでどんな内容なのかは知らないけれど、音楽を文章や絵で伝えるのって難しいと思う。

ジャーーンとかダダダーーンとかそういう擬音で表現してるんだろうか。しかもスポーツとちがってどうもマンガになりにくいのは「技の名前」みたいなのが無いからだと思う。マンガに必殺技はつきものだし、主人公は何か特別な力がないと光らない。ピアノの場合だとこんな感じだろうか。

・超高速トリルの赤レンジャー
・左手と右手のクロス弾き青レンジャー
・余裕で2オクターブ届く奇跡の指を持つ緑レンジャー
・演奏中にドレスの肩ひもが落ちてきてお色気ビームの桃レンジャー
・コンサートの差し入れはゴディバのチョコレートを希望の黄レンジャー

五人でピアノ連弾しながら悪者を倒す、ピアノ戦隊五連ジャー。
2005.10.30 Sun. 23:51
まだ22時台だと思ってた。
-----

JRの駅構内にあるキヨスクに、

「当店ではレジでの会計をはじめました。またSuicaが使えるようになりました。」

とあった。よくホーム上にあるようなタイプではなく、小規模コンビニのようなタイプだったのでレジ会計にしたのだろう。

次ぎに続く文を見た時に多少の違和感を感じたので、電車がくるまでしばらく眺めていた。「またSuicaが使えるになりました。」とのこと。SuicaとはJR東日本が発行しているチャージ型のカードのことです。運賃精算以外にもJR構内にあるような売店での支払いにも使えるようになってきて、その利用可能店が最近増えているよう。

この場合の「また」はおそらく接続詞だろうけれど、「再び」のほうと間違えかねない。

レジ会計するようになったので、再びSuicaが使えるようになったんです!

とも受けとれる。

23時50分ごろから書き始めて、書いていたら日付まわってしまったのでオチなしで更新します。
2005.10.29 Sat. 23:59
1時間ちこくです。
------

インターネットの世界はどんどん進化していて、ちょっとぼーっとしているとあっという間に新しい技術が開発されていて、おいていかれる。

RSSだとかXMLだとか、一気にメジャーになった。うちのサイトも微妙に古いスタイルなので、新しいスタイルで書き直したい。

自分でもとりあえずこのコラムだけは日々更新しているし、私も毎日巡回しているようなブログやサイトがいくつかありますが、毎日更新って書いてあるのに自分がアクセスした時はまだ昨日分のままだったりもします。でもそれが面倒だったり、アクセスして損したと思ったことはありません。

とくにうちのサイトなど、更新したあとで誤字脱字に気づき、2分後ぐらいにほとんど同じ内容なのに微妙に文字だけ変えている更新などをしょっちゅうしてるので、もしアンテナなんかに入れて頂いている方がいらっしゃる場合は「何でさっきと同じなのに再更新してるんだろ?」と疑問に思われる場合もあるでしょう。

ポッドキャスティングに関しても、最初はMP3ファイルをダウンロードして聞くのと何がちがうのかよくわからなかったけれど、要するにRSSを利用してファイルが更新されると自動的に新しいMP3ファイルを巡回受信してくれるというだけのもの。

だったら自分で好きな時にダウンロードすればいいだけじゃん。

このコラムの更新もいまだcgiです。そんな感じで微妙に時代からとりのこされつつあるサイトですが今度ともどうぞよろしくお願い致します。アンテナなどに登録していただいてる方は更新履歴がはずかしいので、はずしていただいて結構です。2日に一回ぐらいか、たまにアクセスしてやってください。そうすればたぶん必ず更新されてると思います。
2005.10.28 Fri. 23:59
色々と大変です。
-----

ここのコラムとか、メールなどで文章を書く時、一番気を付けているのは「の」をあまり使用しないこと。

「の」って気を付けないといくらでも使ってしまう。『わたしの中学生の時の同級生の、○○さんのご両親は貿易関係のお仕事をしていて……』など、状況説明をしようとする場合に何も考えないといくらでも「の」を使ってしまうことになる。

きょうふと映画の上映スケジュールをみていて「私の頭の中の消しゴム」という映画があることを知り、これは「の」を使いすぎだろうとちょっと思った。

宮崎駿監督は映画のタイトルに必ず「の」を入れるそうだけれど、風の谷のナウシカぐらいまでがギリギリセーフラインだろう。
2005.10.27 Thu. 23:38
ホットコーヒーがおいしい。
-----

生活圏にイトーヨーカドーが無いので、今日出先ではじめてイトーヨーカドーの新しいマークを見た。

なにあれ、あの大きいセブンイレブンみたいなの。

もうびっくりするぐらいセンスゼロ。ハトさんのほうが格好良かったのに。いままであまりにも当たり前のようにハトさんマークが存在していたためにその素晴らしさに気づかなかったけれど、あのひどいロゴに変わってはじめて、ハトロゴはすばらしかったのだと気づいたけれど時すでに遅しといった感じだ。

あれをさかさまからみたら実はハトが隠れてるなんてだまし絵みたいになってないかしらとしばらく眺めてみたけれど、そんなステキなことはなかった。
2005.10.26 Wed. 21:29
秋って実質一週間ぐらいしかない。
-----

エプソンやキャノンなどのパソコン用インクジェットプリンタが今日までの発展を遂げたのは、日本における年賀状という文化があったからだと思う。

とくにハガキ印刷という分野は諸外国ではあまり需要なさそうだし、紙送りの関係で小さな紙に印刷するのはA4サイズの用紙よりも難しく、また枠を残さないで印刷するのも難しいので、枠なしプリント可能機種が出てきた時に、よくぞここまで!と感動した。

あとデジタルビデオカメラも、学校の運動会という行事のために発展したと思う。手ぶれ防止とか、小型化とか。

こういう事象を表現する日本語が何かあったような気がするのだけれど、どうしても思い出せない。「必要は発明の母」が近いようだけど、何か別の表現があった気が。

これが思い出せなくてかれこれ三年ぐらい経ちます。
2005.10.25 Tue. 20:14
ブログアクセスが禁止されている会社のパソコンからでもアクセス出来る当サイトへようこそ。
-----

昼ビールっておいしそう。

以前勤めていた会社で引っ越しを行った日、昼ご飯を食べに会社の人達とファミレスに行った。

通常勤務の時はネクタイをしめてスーツを着ている人たちもその日は一日引っ越し作業をするためにジャージみたいなのを着ていた。靴もスニーカーだった。

普段は社員そろって外に出て食事をすることはないのだけれど、その日は引っ越しのため外食となった。

その時「今日は引っ越しだけだし、昼ビールいっちゃう?」みたいな感じで誰かが言い出して、結局みんなビールを飲んでいた。

わたしはもともとお酒が飲めないのでもちろんビールは飲まなかったのだけれど、なんだかとてもおいしそうだった。

たぶん多少の罪悪感がありながら、適度な量を、いつもとはちがう状況で飲んでいたからだと思う。外で食べるご飯がおいしいとかそれと同じ感覚だ。

「昼ビール」っていうのを販売すれば良いのに。モーニングコーヒーとかナイトミルクがあるのだし、秋味とか冬物語とか季節系のビールはあるようなので、昼に飲む用のビールということで売ればわりと売れるのでは。
2005.10.24 Mon. 22:34
夜になってようやくまともな食事した。
-----

シェーキーズのすごいシンプルなパスタが急に食べたくなった。

シェーキーズに行ったのはもうかなり昔のことなのでよく覚えていないのだけれど、たしかランチタイムはバイキング形式になっていて、パスタやピザが食べ放題になっていた。その時に出されていたパスタが、塩コショウと乾燥バジルをふっただけのようなもので、バイキング用に出されっぱなしなのでちょっとパサパサしてるのだ。大学生のころよく行った。横浜と柏のシェーキーズ。

シンプルなパスタといえばペペロンチーノだけれど、シェーキーズのパスタはそれ以上のものだ。ああいうシンプルすぎるパスタを再現するのって意外と難しい。しかも昔のことなので味の記憶も曖昧だ。

ファミレスなどに行った時に、たとえばハンバーグステーキを注文するとして、たいていセットにすると「ライスとパンどちらにされますか?」と聞かれるだろう。あの炭水化物類の選択肢としてシェーキーズのようなシンプルパスタがあっても良いと思う。

第三のビールに対抗して第三の炭水化物。
2005.10.23 Sun. 20:26
いい天気なので洗濯しまくり。
-----

全世界的に鳥インフルエンザが流行の兆し。

ちょっと前まではアジア圏のみだったのが、ヨーロッパのほうでも発見されたらしい。さらにこの冬は新型のインフルエンザが流行する予想で、こちらは人間のほうのインフルエンザだ。

なんか鳥インフルエンザが人に感染して死亡する例も出ているらしいので、この冬流行るという人間の新型インフルエンザというのは鳥インフルエンザの進化系のことではないかなんて思う。

「鳥インフルエンザにかかったカモ。」
「あら奥さま、その症状は鳥インフルエンザでスワン。」「はっくちょん。」

二日連続だじゃれでごまかすコラムですみません。
2005.10.22 Sat. 21:54
さむい。
-----

野球の日本シリーズは前代未聞の濃霧によるコールドゲームでロッテが勝っていた。

途中でちらっと球場の様子をテレビで見たのだけれど、すごい霧で真っ白だった。あれは誰も予想していなかったのでは。浦安もちょっと霧が出ていました。

・濃霧だけに「ノー」ゲー「ム」か?
・霧が晴れるまで中断なんてキリがないね。
・霧でコールドなんてもうこれっキリ。

数々のだじゃれを残して初日はロッテが勝利だけど明日も霧が出るのでは。
2005.10.21 Fri. 23:59
更新しておりませんで大変失礼いたしました。
-----

今年の野球で優勝したのはセ・リーグが阪神でパ・リーグがロッテ。

二球団に共通するのはホームグラウンドに屋根がない。そういえばドーム球場があるってことは野球って半屋内競技(球技)なんですね。バレーボールとか卓球の仲間です。

井上陽水さんの「傘がない」を思い出しつつ。
2005.10.20 Thu. 20:23
柔軟剤いれて洗濯したらいい匂い。
-----

カレーの残りがあって、インスタントのうどん(赤いきつねみたいなのでカップではなく袋入り)があった。

インスタントのうどんにカレーをいれるとはたしてカレーうどんになるだろうか。

やってみました。結果から申し上げますと、あのおそば屋さんで食べるようなカレーうどんにはなりませんでしたが、日清のカップヌードルカレー味みたいになりました。

とくにじゃがいもを食べている時にカレーヌードル感が際立ちました。「カレーうどん」というインスタントのうどんも存在すると思うのですが、同じインスタントでもうどんよりもヌードルに近くなったということは不思議です。

おそば屋さんで食べるようなカレーうどんがつくれるようになりたいです。この冬の目標。
2005.10.19 Wed. 12:49
昼はおそばでした。
-----

西武グループのコクドが今季のスキー場営業を一部中止したそう。

寒いのは苦手なのでいままでの人生のうちでスキーをしたのはたぶん1回だけだと思う。

スキーといえばバブルのイメージしかない。そしてリゾートマンションのなれの果てがこんなところで見られます。

マンションが25万円ってすごい。賃料じゃなくて分譲価格です。パソコンとほぼ同じ値段。管理費がかかるとしても安すぎる。「もらったお年玉は小さいころからのを全部貯金しています。」みたいな小学生だったら即キャッシュでポンと買えるのではないか。小学生でも買えるマンション。

バブル末期にわたしは東京駅でお弁当販売のアルバイトをしていたのだけれど、朝、始発の越後湯沢行き新幹線に乗るために、スキー客がひっぱっているタイヤのついたスキーバッグがゴロゴロゴロとものすごい音をひびかせているのが東京駅の冬の朝の名物風景だったのだ。

たぶん今はそのかわりに旅行客がみんなもっている、小さいキャリーバッグがゴロゴロいっているのだろう。キャリーのブームが終わったらあとは何がゴロゴロするのか楽しみです。
2005.10.18 Tue. 14:51
知らない間に季節が変わってた。
-----

ダイエーにいったら「ソフトバンクホークス感動をありがとう!!セール」をやっていたので、すかさずロッテのクランキーチョコを買った。安売りしていたので。ロッテのチョコを買ったというところはつっこむところです。

ホークスがダイエーからソフトバンクに変わってからはじめてホークス応援歌を聴いたのですが(ダイエー店内でセール中のためループで流れていた)、ダイエーの時とまったく同じなんですね。唯一ちがったのは

♪われらーのーわれらのーーーダイエーホークスー

から

♪われらーのーわれらのーーーソフトバーンクホークスー

と、チーム名のところをいじっただけだった。もともとダイエーホークスでおさまりの良いようにメロディがつくられていたのに、そこにむりやりソフトバンクホークスという長いチーム名を入れていたので思わず笑った。音楽的にいうと「ソフト」の部分を三連符にして無理矢理入れていた。

あとたぶんその関係だと思うのですが、ダイエーホークスの時よりも若干テンポをおとしていた。ダイエーの時と同じテンポでいくと、ソフトバーンクホークスーがあまりにも早口になってしまい、一番目立たせたいであろうチーム名がききとれなくなってしまうからだ。

ちょっとまったり気味のテンポだったのでもうちょっとアップテンポのほうがノリも良くなるのではないでしょうか。昨日負けた原因はこれかと。
2005.10.17 Mon. 22:08
明日からチョコレートたべまくり。
-----

ここ2ヶ月ほど鬼のように忙しかった。まだ過去形にはなっていないのだけれど、ようやくゴールが見えてきた感じです。

ほぼ毎日、午前3時とか4時から仕事をしていた。それで日中もずっと仕事。お昼12時の段階ですでに8時間労働。あともう少しこの生活がつづくわけですが。

まるで漁師みたいな生活。早起きは健康的っぽいですが、朝はやすぎるのもあまり身体には良くないと思います。

漁師みたいな浄書屋がつくったとれたて新鮮な楽譜を皆さまにお届けします。
2005.10.16 Sun. 23:59
ちこくです。
-----

このまえ演奏会を聴きに行ったら最前列のど真ん中で聴いている人がいた。

オーケストラとか、クラシック系の演奏会を聴きに行って、指定席じゃない場合、真ん中よりも後ろぐらいに座りたいと思う。混んでいたら前のほうにも座るけれど、ガラガラで自由に座席が選べるのに自ら進んで最前列真ん中には行かない。

演奏者をよく見たかったのかもしれないしその方の意図は分からないけれど、相当目立っていたと思う。みんなから注目される聴衆というのも珍しい。

逆にサザンのコンサートだったらぜひ最前列に行きたい。同じ音楽のコンサート(ライブ)なのに不思議なものですね。
2005.10.15 Sat. 22:11
ベイスターズ優勝。
-----

野球のニュースを見ていたのだけれど、ベースって割と危険だと思う。

ホームベース以外の、一塁とかのベースは堅いザブトンみたいなものなのだと思う。最後にベースに触れたのはおそらく中学生の時、体育の授業あたりなので記憶は定かではないけれど、テレビで見る限りでもそんな感じだ。

ホームベースは平べったいのに、他のベースは堅いザブトンで、打者が思いきり走り込んでベースを踏んだ瞬間に足首がグキとなることが多いような気がする。

たぶんそれが原因でケガをした選手も居るのではないだろうか。何かの理由で堅いザブトン型なのかもしれないけど、ホームベースが平べったいのなら他のベースも同型でも良いのではないだろうか。

お年寄りでもつまずかないように段差のない廊下が主流だというのに野球のベースは昔のままなので、匠にでもリフォームしてもらえば良いと思った。
2005.10.14 Fri. 12:00
ひるやすみ。
-----

TBSの現在社屋は「ビッグハット」という愛称がついているらしい。

昨日今日でさんざんTBS社屋の映像がテレビで流れていたけれど、社屋屋上にまあるいのが乗っかっているのだ。ヘリポートらしのだけれど、ビルが帽子をかぶっているように見えるのでビッグハット、とのこと。

帽子というよりもUFOにみえる。楽天星雲から宇宙人MKTNがやってきて、TBS社屋にUFOをどーんと横付けしたのだ。で、あっさり乗っ取られたと。

そういえばフジテレビ社屋もなんか丸いのがついていた。あれはきっとタイムマシンで、未来からやってきた人型ロボットホリエモンにやはり乗っ取られそうになった。

ビルに丸いのがついている会社は狙われるということだ。次ぎはどこだろう。デパートの屋上にぐるぐるまわるレストランがついているところも危ないかもしれない。

ビルに丸いのがついているところを探してはやめに株を仕込んでおきます。
2005.10.13 Thu. 22:28
年末に発表される今年の漢字(一文字)は「株」で決まり。
-----

オンラインショップで買い物をした。

何品かカートに入れて、必要情報を入力して、最後に精算ボタンを押すと確認画面が出てくる。

商品番号
AA0001
BB0002 …

のように、商品番号の欄があったのだけれど、一番下の行に「SORYOU」とあったので何だろうと思ったら、送料のことだった。

SORYOU

とだけあると、なんか英単語のよう。

SOR YOU みたいな。
2005.10.12 Wed. 22:25
「村上ファン怒」で検索すると該当件数約154.000件(今日現在)。
-----

村上ファンドと阪神電鉄の株式のことでは、個人的に阪神電鉄の株を買っていないためすっかり乗り遅れた感があります。

スポーツや芸術などが今日までの発展を遂げた背景には大企業がスポンサーとなってバックアップしてきたからこそという面があるけれども、もうこの不況下で本業もままならないのにスポンサーなんてやっていられる企業は無いと思う。

なのでスポーツチームの株式上場って今後避けられない道かもしれない。音楽団体もしかり。すでに海外のクラブチームではそれを実施しているところもあるし(それでチームの成績や運営が悲惨な結果になったクラブもあるようですが)、スポーツ振興クジ(toto)とかよりも方向性としてはシンプルで良いかも。応援したいチームの株を買う、試合に勝ってチームが強くなれば株も上がって利益出る、選手は会社員だから利益があがった分だけ給料も上がるし逆もしかり、みたいな。

スポーツや芸術分野の文化が育たないかもしれないけれど、そんなことで育たないような文化であれば淘汰されゆく運命で、廃れてしまえということなのかも。厳しいけれど。

村上さんはあくまでもファンド屋さんなので電車屋さんや野球チームの会社経営は最終的にどうでも良くて、株価が上がったところで売り抜けると思う。そのタイミングが重要だ。

村上ファンドは今日現在、大阪証券取引所と日本証券金融の筆頭株主でもあるのだけれど(たぶん)、最終的な村上さんのねらいはどこにあるのだろう。

もしや日本国からの関西地域独立か。新しい国が出来るのか。そしたら村上さんが首相になるのか。そんな壮大な計画のほんの序章にすぎなかった、なんてあとになってから分かるのかもしれない。
2005.10.11 Tue. 4:46
久しく太陽を見ていない気がする。
-----

きのう、仕事の合間にちょっと抜け出して演奏会を聴きにいっておりました。

アマチュア吹奏楽団の演奏会だったのですが、客席はたぶん1500席ぐらいのホールで、うち6割ぐらいは席がうまっていたでしょうか。わたしは2階席にすわっていたので1階の様子はよく分からなかったのですが、2階はガラガラで個人的には気分良く聴けました。

でも6割ぐらいの客入りにしては拍手の音がすごく大きかったのだ。もう拍手喝采という感じで。あれはなんだったのだろう。お客さんがみんなでがんばって一人で二人分ぐらいの拍手をしたのだろうか。

ホール自体がもともとよく響くホールなので、拍手も響いて聞こえたのかもしれないけれど、あれはちょっとした錯覚に陥って良いかもしれない。観客の拍手音を拾う用のマイクを客席側にいくつかしかけておくのだ。客入りが悪くてもマイクから拾った拍手音をボリュームあげてスピーカーから流せばあっというまに拍手喝采。演奏者も「パチパチパチ」程度の拍手なんかよりも気分が良いだろうし、観客としても「なんかすごく良い演奏会聴いたかも。」という気分になるだろう。

もしくは客席側の拍手の音響まで考慮したすばらしいホールを作るとか。今後はホールの音響基準に「拍手がよく鳴るか。」っていうのも入れるとか。
2005.10.10 Mon. 3:43
三時だよ全員集合。
-----

真夜中のこの時間NHKではよく、美しい風景がずーっと流れているだけという感じの放映をしている。

そのBGMとして、ゆっくりめの落ち着いた感じのクラシックが延々と流れている。眠る前のリラックスタイムに見るのに最適な感じだ。私もよく徹夜仕事のBGMとしてNHKをつけています。

ただしかし困るのは、曲名が表示されていないのだ。自分が知らない曲で、すごくいいアリアとかが流れていたりするのに、曲名も作曲者もわからない。NHKのサイトとかをみても「現在の番組『日本の山々』〜午前4:00」みたいなタイトルが書いてあるだけで、音楽のことについては触れられていない。

すごい良い曲!でもタイトルわからない!調べようもないし!となってしまい、気になってしょうがない。

そんな感じで深夜、いわゆるヒーリング系番組を見ながらかえって消化不良をおこしております。
2005.10.9 Sun. 23:59
もうコラム23時59分とかに改名したほうがいいかもしれません。
-----

星座に関するサイトを拝見した。

夜空を彩る明るい星たちを線で結んで絵を描くなんて古代の人たちはなんて壮大でステキなことを思いついたものだろう。

でもサイトを見ていると、メジャーな星座以外にも色々とあって、中には「ちょっとこれは……。」と思うようなものもある。

その中でもかみのけ座は有名だけれど、ほ座、や座、ろ座なんていうのもあった。

日本語にしてしまったからこうなっているのだろうけれど、たった一文字だ。もしこれかが占いなんかでメジャーな12星座に入っていて「星座なに?」なんて誰かに聞かれた時に「……、ろ座。」と答えたとしたら、耳の悪い人でなくても「えっ?なに?」と聞き返すだろう。

日本の江戸時代の火消しみたいですね。め組、とか。ほ組や組ろ組。
2005.10.8 Sat. 23:59
おわらない。
-----

メールや文書などでどうしても音楽に関する用語を使うことがおおいので、わたしのパソコンで文字を入力し変換すると、出てくる優先順位が普通のパソコンとちょっとちがう。

パソコンさんはおりこうなので、普段よくつかう言葉を覚えてくれて、変換した時に一番に出てくるようになるのだ。だんだんと。

たとえば、こんな単語だ。

てんぽ→テンポ
ひょうし→拍子
しょうせつ→小節

普通はそれぞれ、店舗、表紙、小説、あたりが一番に出てくると思う。

ところでいま、上の文章を打っていて、単語と入力したらタンゴと出てきた。ちょっと出来すぎた話になってきたけど本当です。

微妙に音楽仕様にチューニングされたパソコンになっております。
2005.10.7 Fri. 20:40
前日分日付修正済み。連休中もゴリゴリ仕事してますよ。
-----

ダイエーがシンボルマークを変更するそう。

あの、オレンジの、円がちょっと切れてるあのマークだ。あれは「上弦の月」をイメージしている形なのだそう。

正直なところ、変更のニュースを見るまであれは「夕陽」だと思っていた。沈みゆく太陽をマークにするなんて、よく考えてみれば変だけれど、あのマークを上弦の月だと思う人っているのだろうか。そのマークこそが昔からダイエーの行く末を暗示していたのかもしれない。沈みゆく巨大なオレンジ。

ダイエーは「変化」を求めてマークの変更にふみきるそうなので、オレンジレンジさんのマネをしてオレンジチェンジってことでどうでしょうかね。
2005.10.6 Thu. 23:59
ことしって株が世間に対してメジャーデビューって感じですよね。
-----

中華丼の具のウズラ卵が爆発。

こういう事故がおこると、やっぱり企業としては顧客の安全を第一に考えなければいけないので、結果として「ウズラ卵を抜きにする。」という解決策をとらざるをえないと思う。

おねがいします、それだけはやめてください。ウズラの卵だけが楽しみなんです。

うずらの卵が入っていない中華丼なんて、夜空のない星みたいなものです、コーヒーの入っていないクリープのようなものです。

あまりにもあわてすぎて順番が逆になっているところはつっこむところです。
2005.10.5 Wed. 23:59
新しいサザンのCD買った。これで4500円はお徳すぎ。
-----

携帯電話屋さんの前を閉店前ぐらいの時間にとおりかかったら、お客さんであろうおじいさんが店員さんに熱く語っていた。

おじいさんは大きな声で怒鳴るように店員さんに話していたのでその内容が全部聞こえてしまっただけれど、こんな感じだった。

「オレなんかはね、メールとかはパソコンでやるわけ。光でつないであるから。だからメール機能なんかはいらないし、カメラもね、デジタルカメラの高解像度のね、良いのを持っているから、中途半端な機能しかない携帯電話のカメラ機能なんていらないわけ。だからこう、もうちょっと余計な機能がついていなくて、シンプルに使える機種を出してほしいんだよ。高すぎるでしょ?」

と、どうやらドコモの機種が高すぎるのが納得いかないようだった。お年の割には高解像度とか、光でつなぐとか、デジタル関連の単語もぽんぽん出てきて使いこなしていらっしゃるようですごいなと思った。

でもおじいさんが熱く話しかけているのは残念ながら、ただの携帯電話屋のバイト君だということは分からないらしい。ドコモって書いてあるシャツを着ていたのでドコモの社員さんだと思ったのだろうか。携帯電話屋の店員さんは全然ドコモの社員ではないのでそんなことを熱く語ってもしょうがないし、実際そのバイト君はかなり困惑していた。「オレなんでこんなに怒られてるんだろう。しかももう閉店時間なのに。」といった雰囲気。

私はおじいさんの前にあった機種がよく見たかったのだけれど、あまりにも長々と熱中してしゃべっているので結局見られずに引き上げた。おじいさん、その熱い思いはおうちの、光でつながっているパソコンからドコモに直接メール出してやってください。
2005.10.4 Tue. 23:59
年内休まず営業します。
-----

アマチュアのオーケストラなんかで、人数が足りない時、演奏会などの本番の時だけよその人に手伝ってもらったりすることがある。エキストラってことですよね。

プログラムによっては通常の団員だけではまかないきれず、その本番だけのために賛助出演してもらうわけだけれど、場合によってはその賛助出演者の方のほうがレギュラーメンバーさんよりもあきらかに上手くて、ちょっとずるいなーと思ったり、楽器によってはほとんどがエキストラってこともあったりする。これは楽団の事情にもよると思うけれど。

エキストラのことを格好つけて「トラ」と略して呼んだりすることもあるそうだけど、あの人もトラ、この人もトラ、なんだこの楽団はトラがいっぱい居るねなんてこともしばしばです。

そんな楽団の本番では、アンコールにぜひ「六甲おろし」をやってほしい。うちの楽団トラいっぱいです、すみません、みたいなかんじで。そうすれば聴衆も「ああ、やっぱりトラいっぱいだったんだ、ニヤリ。」と暗黙の了解が出来ます。
2005.10.3 Mon. 23:59
朝までの仕事がちらほらと。
------

ヨン様とヨソ様は似ている。

ペさんは自分のファンのことをとても大切にしていて、親しみをこめて「ファミリー」と呼んでいるらしい。でもそんな自分のファンからは余所様と呼ばれているのだ。

いつも大勢の人に囲まれて賑やかな感じの人でも、またどんなに親しい間柄でも結局は他人同士で、一人でいる孤独よりも大勢の中で感じるそれのほうがはるかに孤独だという壮大な、かつ深い意味があったのかもしれない。ヨソ様。
2005.10.2 Sun. 18:04
日が暮れるのがはやい。
------

きのう銀行のことを書いて思い出したのですが、BKという略称をはじめて使ったのは社会人になってからだった。

かつての職場の上司が、書類か何かに書いていたのを見たのだ。「ビジネスシーンでは銀行はBKと略すのか。」とちょっと感動した。

内部資料のような簡単な書類にはたいてい略称を使っていた。三和BK、三菱BK、千葉BK、富士BK。銀行名が古いのはその時代だったからです。

そのうち、BKとは銀行の省略形だとわかっていても、心の中では「えーっと、この書類は三和バカに提出するもので、こっちは三菱バカ、これは千葉バカ……。」とBKは馬鹿に変換されていった。

去年ぐらいに、新銀行東京という銀行が出来たらしいけれど、その場合はどうなるのだろう新BK東京だろうか。

新しい馬鹿みたいですね。ニュータイプバカ。バカのネクストステージ。
2005.10.1 Sat. 23:41
ソラシドガクフになってから一年が経ちました。
-----

東京三菱銀行の前をとおりかかったら、看板の工事をしていた。そういえばもうすぐUFJ銀行との合併だ。その関係の工事だろうか。

ふと、東京三菱BKと隣接していたUFJ銀行に目をやると、UFJの看板も赤い、東京三菱の看板も赤いのだ。

もちろん赤とはいっても色々な赤があるので、両者はちがう。UFJのほうが少し黒かシアンが多く入っている感じの赤だ。企業のイメージカラーって大切で、知らない街で自分のメインバンクを探すような時は、何となく銀行がありそうな場所と、看板の色が重要なポイントになると思う。

全然違う色の銀行同士よりは違和感無くスムーズに統合がすすむかもしれない。もしかして三和からUFJになった時に、三和は緑系の色だったのに急に赤になったのは、当時からすでに東京三菱との合併を想定してのことだったのでは。

そういえばUFJの前身である三和時代は緑系だったのだ。一時期UFJと三井住友との合併話もあがったけれど、三井住友も緑系の企業カラーだ。

UFJ(三和)はどちらと結婚してもOKなようにたくらんでいたのだ。なんてしたたかな。

[前へ] [月別ログへ] [次へ] [最新のコラムへ戻る]