コラム付点八分休符
過去のコラム
[前へ] [月別ログへ] [次へ] [最新のコラムへ戻る]

2005.5.31 Tue. 1:59
あらやだ、もう5月も終わりですわよ奥さま。
-----

きのうかおととい、テレビで聖徳太子のことについてやっていたのをちょっと見た。

豊聡耳皇子というのは、一度に十人もの訴えを聞き分けたという故事に由来した名称だけれど、その伝説も実はまちがいではないかとか、十七条憲法自体もあやしいとか、教科書で教わった、変わらないはずであるところの「歴史」も最近の研究によって刻一刻と変化するものなんだよ、といった内容。

一度に十人の訴えを聞き分けたのは、「だってそんなの不可能でしょ?」と学者っぽい人は言っていたけど、割といけるんではないだろうか。

モーツァルトは14歳の時、イタリア旅行先のヴァチカン宮殿付属の礼拝堂で礼拝堂以外では演奏が許されず、楽譜も写すことが許されていないという名曲「ミゼレーレ」(9声二重合唱の曲)を一度聴いただけで完璧に譜面にすることができたらしい。

そう、十人がいっせいにちがうことをしゃべったらそりゃ分からないだろうけれど、それぞれの訴えをメロディにのせて、ハモらせちゃったりして、一つの音楽にすれば十分にききわけられるし、訴えもきける。譜面にするには絶対音感がないときついかもしれないけど、訴えを聞く分には音感は関係なくて言葉さえわかればOKだし。

ラララー雨をふらせてくださいー
米の不作をーなんとかーしてくださいー
疫病がーーつらーいですー
あめー(あめー) ふさくー(ふさくー)
えきびょうー(えきびょうー)
ワワワワー

みたいなのをうまい具合に歌いながらら訴えていたのかも。十人で。

日本史の新たな仮説:聖徳太子の時代では歌いながら訴えをおこした。
2005.5.30 Mon. 13:05
夜中じゅう咳がとまらず、ほとんど眠れず。
-----

いまアマゾンで売上ナンバーワンのこのCDを買いました。きのうワンクリックで買ったので、まだ手元には届いていません。

クラシック音楽マニアの方やリスナー歴の長い方はこういう寄せ集め的初心者向けCDを馬鹿にする人もいますが、一時期ヤフーのトップにも出ていたし、めずらしくクラシックのCDがアマゾン売上ナンバーワンなので、私はいたってミーハーな動機で購入。

こういう寄せ集めCDも意外と便利で、曲は有名で知っているけどCD持っているかって言ったら持ってない曲、というのが割とある。パッヘルベルのカノンとかはその代表的な曲。

100曲で3000円ということは1曲30円。コストパフォーマンスとしては100円ショップで売っているクラシックCDのほうが優れている。音質とか内容は別として、1曲単価としてみた場合。

ちょっと前まで私は自分の中での、お金の価値基準として「これはCD何枚分と同じだから……。」という独自レートをとっていた。

しかしもはやモーツァルト・エディションがCD40枚セットで9000円ちょっとで買える時代。

わたしの中の通貨感覚は1ドルが360円の固定相場だった時代から変動相場で一気に円高になってしまったかのようです。

そういえばこのまえヴィヴァルディの作品全集(全18枚)を聴いたと思ったけど、上のHMVのリンクを見たらヴィヴァルディも40枚ある。ということはあの作品全集は全部ではなかったということで、そういえば歌ものは聴かなかったので管弦楽の曲のみの全集だったのでしょうか。
2005.5.29 Sun. 17:46
ダービーすごかったね。
-----

そろそろ携帯電話の機種変更がしたいなと思い、カタログなどをみて最近の機種を調べたりしている。

わたしが現在使っている携帯電話はどうもカメラの画質が荒い。まわりの友だちなんかが使っている携帯電話付きカメラの画像をみると、とてもきれいだ。他にもブログなどにアップされている他人の携帯電話カメラ画像をみても、みんなけっこうきれいに撮れている。わたしはもう2年ぐらい同じ機種を使っているはずなので、やっぱり最近の携帯電話はどんどん進化しているのかしらと思いながら、自分の今使っている携帯電話のカメラ機能をあらためていじってみた。

「高画質」モードというものを発見してしまいした。いままでずっと「通常」で撮っていたようです。


機種変更 するころに知る 新機能。
2005.5.28 Sat. 17:48
そして熱があがりました。
-----

ワイドショーを賑わせているピアノマン。

彼が何者か、そしてどんな風にピアノを弾いているのか、いろいろと話題はつきないけれど、一番に考えることは「自分がずぶぬれの状態で、海岸で発見されたら何を弾こうか。」ということだ。

イギリスの海岸で発見されるという状況は考えにくいので、日本海側の、初秋の男鹿半島あたりで、雨の日にずぶぬれの状態で発見されたことにしよう。

そして人をこわがり、何も話さないので紙と鉛筆を渡してみると、「ソラシド」と音符のようなものを書くのだ。

なのでピアノの前につれていってみると……、うーん、何を弾こうかな。「ねこふんじゃった」か。いやねこふんじゃったは人気がありそうなので、それだと私だとわかりづらい。バッハのインヴェンション1番にしときます。インヴェンションの1番だけを疲れるまで5時間ちかく引き続けると。

男鹿半島でずぶぬれの状態で発見されてバッハのインヴェンション1番だけを永遠に繰り返して弾く人がいるという報道があったら「あ……。」と思ってのインターポールの銭形警部に連絡してやってください。どなたかで構いませんのでどうぞよろしくお願い致します。
2005.5.27 Fri. 0:09
今日地震があるらしいのでパン買ってきました。
-----

ニュースとかでよく「企業への家宅捜索が行われ……」といってたくさんのダンボールが運び出される場面が報道されているけれど、いったいあのたくさんのダンボール中には何が入っているのだろう。

・10枚コピーしようと思ったのにまちがえてボタンを押してしまい100枚コピーされてしまい、「ああああ、こんなに無駄なコピーしちゃった。仕方ないから裏をメモ用紙にしようっと。」と思っていたミスコピー書類90枚。

・部外持出厳禁!マル秘!とかビックリマーク入りで大きく書いてあるのになぜか他部署から出てきた重要書類。

・上司が急に思いついて「今日から毎日業務日誌を書くように。」と言い出し、仕方なく書いていたけどみんな忙しさにおわれて一ヶ月後ぐらいには誰もつけなくなっている業務日誌(日付は3ヶ月前ぐらいでとまっている)。なお上司はだいたい3〜4ヶ月に一回ぐらい業務日誌のことを急に思い出す。

バファリンの半分はやさしさで出来ていますが、オフィスビルの半分は要らない書類で出来ています。
2005.5.26 Thu. 9:36
傷口はだいぶふさがってきました。皮膚の再生ってすごいですね。
-----

ソラシドガクフのISBNを取得しました(実はいままで取得してなかった)。あの本の背表紙とかに書いてある、
ISBN-X-XXXXXX-XX-X
とかいうのです。ISBNは世界共通コードなので、これで正式に全世界デビューです。そのうちアマゾンとかでも検索できちゃうよ。いゃっほう!

ところでISBNを取得するのに18900円かかったのですが、取得申請して送られてきたのは、ISBNの規格に関する書類であるA3の紙数枚と50ページの冊子(モノクロ)あと封筒とその中に数枚の書類。

冊子はこれを作るのには1冊300円もかからないのではという感じの冊子。わたしの所に送ってきてくれた送料はメール便だったのでたぶん160円。紙数枚なんて数十円だろう。その他、ISBNはベルリンに本拠地があるらしいのでそちらとのやりとりの人件費のことを考えても18900円はちょっと高すぎではないだろうか。ベルリンのほうへ支払うマージンとかユーロのレートとか色々とあるのかもしれないけれど。書類の内容をまだよく読んでいないのだけど、これぐらいの内容だったら今の時代、システムさえ開発すればオンライン上で手続きとか出来そう。となるともっと取得費も安く出来るのでは。

そういう「よくわからないけど何かかかる手数料」みたいなことで利益を得るような仕事を数年だけしてみたい。虚業はやっていると文字通り虚しくなるので数年だけで十分。
2005.5.25 Wed. 15:47
仕事の手が少しでもあくとすかさず風邪をひきます。
-----

焼きそばの生麺について。

三人前入りで、生麺のほかに粉末ソースがついてくる、150円〜200円前後で売っている日清とかのあれです。

あの粉末ソースは、ソース焼きそば用のセットの場合はソースが3袋ついてくる。近年流行中の塩焼きそばのセットもあるのだけれど、こちらは塩焼きそば用の粉末ソースがついてきて、ちょっとだけ高い。

家族や、何人かで食べる場合は三人前分をまとめて調理するのかもしれないけれど、1回に一人前ずつ調理する場合、3回連続でソース焼きそばを食べないといけない。しかも生麺の場合は賞味期限の関係で、買ったらほぼ毎日焼きそばを食べることになる。

そこで、生麺はどうせ同じものなのだろうから、ソースを、普通のソースと塩焼きそば用のソース、あとはラーメン用の粉末スープと3種類入れれば、3色セットみたいな感じでヴァリエーションも広がり、飽きないのではないだろうか。三人前を一度に調理する場合でも、ラーメンは無理かもしれないけど焼きそばのほうは最後の味付けさえわけて行えばソースと塩と2つの味が楽しめるのだ。

三人前焼きそばの3色セット、希望します。同じことはラーメンの生麺セットにも言えます。こちらは醤油・塩・味噌で見事なハットトリック。
2005.5.24 Tue. 1:05
思いのほかはかどらず。
-----

夜ちょっと買い物に外に出たら、遠くのほうで救急車のサイレンの音がした。

何かあったのか、一台ではなく複数のサイレンが聞こえた。

それが、自分からの距離と、救急車同士の距離、そして自分の救急車も移動するという複雑な条件がからみあって、サイレンの音が斬新なリズムを生み出していたのだ。

ピーポーピーポー ピーーポピポー
ポピーポピー ピーピーポピーポー

みたいに。いや実際はもっと面白かったのですが。ああいうのをサンプリングしておいて、それをネタというかベースに作曲したら面白いと思う。

そんなこともあり、いま録音機材が欲しいモード全開です。前に買ったMTRもろくに使っていないくせに、コンデンサ・ステレオマイクとEDIROLのR-1が欲しいなと。

DATウォークマン持っているじゃん、そんなの1年に1回使うか使わないかなんだから、お金の無駄だよ、とささやく天使と、でも今年録音何回かする予定あるじゃん!買っちゃえ買っちゃえ!と語りかける悪魔が頭の中におります。
2005.5.23 Mon. 22:31
突然雨がふってきて思わぬ雨宿り。
-----

テレビとかで学者さんなどがインタビューや解説をする場面では、背景はたいていたくさんの本だ。

あの、壁にうめこまれた本棚があって、壁一面にぎっしりと本が並んでいる、あれ。

たぶん下のほうの本とかはもう読まないような本ばかりのはずだし、全世界の図書館のデータベーが構築され、インターネット上で検索出来るようになる時代だ。もうそろそろあの壁一面の本という光景はそう遠くない未来のうちに過去のものになるだろう(お、この表現深いねと自分で書きながら思いました)。

そこでダミー背表紙(2005.05.09)の登場ですよ。学者さんイコール本いっぱいのイメージだけが継承されてゆくのです。
2005.5.22 Sun. 23:00
あまり仕事がすすまずに今に至る。
-----

きょうお昼ごろちょっとだけ用事があって舞浜のイクスピアリに行ったのですが。

東京ベイNKホールで何か催し物があったらしく、舞浜駅の改札を出たところで看板を持った男性が「東京ベイNKホールにお越しのお客様は階段を下りたところのバス停に……」という内容のことを叫び続けている。かなりの大きな声だ。何の催し物かは分からなかったけれど人が絶えることなく階段のほうへ流れていく。

小一時間ほどイクスピアリで買い物などをして、さあ帰ろうと思ったら彼はまだ叫び続けていた。しかも行きの時よりもかなり声がつぶれていた。もう声が出なくなるのは時間の問題っぽかった。

あの仕事は誰がやっても声が出なくなるのは明らかだ。声を録音してスピーカーで流すとかはダメなんだろうか。

あれは何かの修業か、伝統なのかも。アマチュアの劇団員さんか何かで、発声練習もかねてバイトみたいな。でも声をつぶしたらダメですよね。
2005.5.21 Sat. 20:37
♪右マウス!右マウス!右、右マウス!
-----

トイレの水を流すところの小・大レバー。

小のほうで流すと水は流れるものの、トイレットペーパーは流れず、クルクル回っているだけ。

大のほうはずごい勢いで流れていくけれど、なんだか水を無駄につかっている気がする。

最近のトイレには便座の温度調整とかウォッシュレットとか、防犯ブザーとか色々なスイッチがついているくせに、この水を流すところは小と大の二種類しか無い。すくなくとも私が出逢ったトイレでは。

この水流と水圧を五段階ぐらいで変えられると相当なお水の節約になると思うのですが。いかがでしょうか。

その時のトイレの使用状況によって(すなわち大か小かとその量など)微妙に変えられるのだ。すでにそういうトイレがあるらしい。(節水型自動判別機能みたいなのがついている。)

そういう小難しいことをしなくても「中」という段階があれば良いだけのような気がする。中便?
2005.5.20 Fri. 0:17
印刷で手こずって時間をロス。
-----

紀宮さまの結婚式の日取りがほぼ決定との報道。

その報道とあわせて、
>>新居は皇居への近さや、防犯面などを考慮して都心のマンションを選定中。

とあった。ならば、インペリアル・パレス・マンションとか、パレスサイド・マンション、なんていうマンションはいかがでしょうか。実在するのかはわかりませんが、探せばありそうな、ありがちな名前です。

名前だけでも今までの環境とあまり差がないマンションをお選びになったほうが、紀宮さまもおよろこびになるかと存じます。
2005.5.19 Thu. 8:59
絆創膏をはればスペースバーも押せるようになりました。
-----

ふつう本をつくる時には台割(だいわり)というのをまず考えます。

本って意外といろいろな要素で構成されていて、台割というのはその本の何ページ目に何が入って、そのページはカラーなのかモノクロなのかといった何色刷かというようなことが書いてある設計図のようなものなのです。

普通の本と変わらず楽譜の場合でも台割はあります。で「人生のメリーゴーランド」の楽譜の台割を考えていたのですが

頁 内容
1 トビラ
2 人生1
3 人生2
3 人生3
4 人生4 ……

みたいなことになっております。トビラというのは表紙をめくって一番最初にある、その本の名前とか著者名なんかが入っているページのことです。

このトビラ→人生1のあたりがぐっときます。台割なのに、ドラマがあるというか。引き続き人生2,3とくるとこともなんだか物語のよう。

台割(設計図)なのにいちいち深い人生MGR。
2005.5.18 Wed. 22:00
毎年この時期ってドメインとかサーバー関係のことでトラブルがある。
-----

昨日右手親指を割れたガラスで切ってしまったので、絆創膏を買った。

いままで絆創膏が必要な時は試供品でもらったものを使うとか、なんかどうにか買わずに過ごしてきたのだけれど今回見あたらなかったので仕方なく購入。

薬局で絆創膏コーナーを見たのですが、ずいぶんと色々な種類があるものですね。

箱入りの絆創膏を新しくあけると、普通のサイズのものからちょっと小さめのタイプ、そして一枚だけ正方形のようなタイプが入っていて、正方形タイプを使うのを楽しみにしているのだけれど結局あの正方形の絆創膏はあまり出番のないままに、うやむやのうちに忘れてしまうんだよねー、みたいなことをふと思い出した。

そしたらあの正方形タイプのみがパッケージされたものも売っていた。あれが必要な人って、ひざとかひじとか、ある特定の部位によくケガをする人だろうか。正方形タイプのみ20枚ぐらい入った絆創膏が必要な人。なかなかコアでハードアンドへヴィーなユーザーだと思うけどどうなのでしょうか。
2005.5.17 Tue. 21:08
明朝締め切りの仕事が入ってない夜なんて1ヶ月ぶりぐらいラララ。
-----

きょうは洗い物をしていたらガラスのコップを割ってしまい、割れた部分で右手の親指を切ってしまいました。

けっこう深く切ってしまったらしく出血もかなりあったのですがいまはもう血はとまりました。

右利きなので色々な作業に支障が出るかと思いきや、台所関係の作業は思ったよりも出来ました。

それよりも問題だったのはパソコン作業です。いつものくせでうっかり右手親指でスペースバーなどを押そうものならせっかくふさがりかけた傷口がまた開いてしまいます。

そんなわけでケガが治るまでのしばらくの間、ぎこちない手つきで入力された文章がアップされてきますがどうぞお許し下さい。

いくらぎこちなく入力してもご覧いただいている皆様には全然関係ないかと思われますが、その辺は想像力でおぎなっていただけると助かります。
2005.5.16 Mon. 22:02
お味噌汁用のお椀(木)を落として割ってしまいました。ショック。
-----

河内屋(業務用スーパーみたいなところ。酒類の販売が中心かも。)でインスタントの「和風わかめスープ」というのを買った。

あけてみたら、普通のわかめのみそ汁のインスタントでした。みそと乾燥わかめが入っている、いたって普通のインスタントみそ汁。

わかめスープというから、醤油か塩ベースのわかめスープだと思って買ってきたのに。

よくみたら、和風わかめスープ(みそ)って書いてありました。騙された自分が悪い。
2005.5.15 Sun. 19:11
空は晴れているのにカミナリと雨。
-----

ロッシーニが作曲した「泥棒かささぎ」っていうオペラがあるのですが。

この「泥棒かささぎ」って「ごぼうささがき」に似てますよね。

スーパーの野菜売場でふと思い出すロッシーニのこと。
2005.5.14 Sat. 23:59
耳ににきびができて痛い。
-----

要らない本を売るために梱包していた。

ダンボール四箱分ぐらいになった。けっこうな量だ。これでもまだ処分できそうな本はあるのだけれど、今回はこのぐらいにしておく。

久しぶりにこういった本をたくさんダンボールにつめる、という作業をした。前にとある出版関係の会社につとめていた時に、制作と兼ねてなぜか本の発送業務もしていたことがある。

本って意外と重いのだ。うっかり大きめのダンボールに目一杯本をいれてしまったりすると男の人でも重くて持ち上げられないほど。腰をいためそうなぐらい重い。

小さなダンボールでも、両手で持ち上げたまま歩いたりするとずっしりくる。その仕事をしていたころ、久しぶりに逢った知人に「ねえなんか腕に筋肉ついた?なんかした?」と言われたほど。半袖を着ていたのでよくわかったらしい。

二の腕が気になるおばさま方に朗報です。本の梱包関係のアルバイトをするとお金もかせげて二の腕もしまって一石二鳥。でもかなりキツイと思います。腰が悪い方にはおすすめしません。

ブック・エクササイズ。
2005.5.13 Fri. 22:35
さむいので風邪をひかないように。
-----

夕方ごろ、スーパーの搬入口付近の道路を歩いていたら、怒鳴り声が聞こえてきた。

搬入口のすぐそばまでくると業者がトラックから荷物をおろしていて、上司と部下らしき二人がいた。たぶん上司が部下に対して怒っていたのだ。

ずいぶん大きな声で怒っていたので付近の道をとおっている間中その上司の声が聞こえていたのだけれど、怒っている内容が業務上の専門用語っぽくて、接続詞しか分からないのだ。

「○■※△×だから□●@▼◎だろ!!?●▽×□どうすんだ!!」

みたいに。専門用語で怒られると会話が文字化けしたメールみたいに聞こえます。

文字化けメールの文字通り。
2005.5.12 Thu. 23:03
髪を三ヶ月以上切ってません。
-----

野球の試合ってなんで毎日あるんだろう。

いや、移動日とかシーズンオフもあるから毎日というと大げさだけれども、シーズン中はほぼ毎日だろう。

サッカーはたぶん土日しか試合がないはず。サッカーは走り回るスポーツなので野球にくらべて格段に疲れるのだろう。だから土日しか出来ないのだ。

だったら野球をもっとつかれるスポーツにすれば良いのに。野球で一番疲れるのはたぶん投手だ。他の野手はヒット打ったりした時に走るけど、サッカーのように常に動いているわけじゃないし、そんなに疲れないと思う。

試合に出ている人みんながローテーションでピッチャーをやるようなルールに変えるとか。野手の人数を少なくして守る範囲をひろげて、打たれたボールをおいかけて走り回るとか。

そうすれば必然的にチームの人数も減って、土日のみの試合にして、人件費も削減出来ていまのプロ野球界のことを考えればすべてが解決出来るのではないだろうか。

テレビの中継も減って時間が押したりしないし。なんか良いことずくめのような気がしてきました。
2005.5.11 Wed. 23:59
つかれすぎてずっと寝てましたすみません。
-----

あるとき偶然、学校の先生が書いているブログに遭遇した。

全然知らない学校の、全然知らない先生が書いているブログなのだけれど、毎日の学校給食の画像とメニューの詳細、先生が食べた感想や生徒の様子などが書かれている。その先生は小学1年生や2年生の担任(この前の4月で年度をまたいで持ち上がったらしい)で「きょうはみんなおかわりして食缶がからっぽになりました。」「生徒がシュウマイを落としてしまったので私(先生)の分をあげました。ので今日私はシュウマイなし。」なんて書いてある。かわいい。

給食は毎食約260円ぐらいだそうで、先生方は給食分が給与からひかれているとのこと。給食が毎日そのぐらいの値段で食べられるのなら私もお昼の時間だけ学校に行って260円払って給食が食べたい。少子化も進んでいるそうですし、地域の方に給食サービスとかしたらお年寄りなんかもよろこびそうだけれどいかがですか。

ちょっと前に「IT冷蔵庫」みたいな感じで、冷蔵庫の中に何が入っているか自動的に判断して、その日のメニューを考えてくれたり、冷蔵庫をインターネットに接続させて冷蔵庫内にある食材で出来るメニューを検索してくれたりするという機能の紹介があった。冷蔵庫の前面に液晶画面がついてた。あれをやるぐらいだったら、子供が通っている学校の給食メニューの画像を毎日定刻に更新してほしい。親だって「今日はこんなものを食べたんだ。」とすぐにわかるし、子供のころのプチ悲劇である「学校の給食もカレーだったのに家の夕食もカレー。」という状況がかなり回避出来ると思う。

冷蔵庫に給食の献立を貼って置いてもそれはかなりの率で忘れられる。これこそIT革命だ。
2005.5.10 Tue. 23:59
5月ってもうちょっと暑くありませんでしたっけ。
-----

トイレットペーパーには当たりはずれがある。

いつも同じ銘柄を買っている人は関係ないけれど、スーパーなどに行った時、その時の特売品などを買うようにしている場合は注意が必要だ。

安いからと思って買ってみると紙がごわごわで使い心地がよくないことが多い。1度失敗すれば「もうこの銘柄は買わないようにしよう。」と思うのだけれど、忘れて同じのを買ったりしてしまう。

また、他の商品と比較してやけに安いペーパーも要注意だ。数十円のちがいならば一番安いもののつぎに安いものを買った方がいいかも、と予想し、二番手を買ってみたものの、やっぱりゴワゴワだった、なんていうこともあるし、二番手よりも一番安いやつものうが質が良いなんてこともある。

スーパー側と消費者の思惑が交錯する激しい心理戦。いくら質の悪いものを買ってしまったとしても使いきるしか道はない。12ロールとか18ロール使いきるのは割と長い時間がかかる。

紙と髪は長い友だち。
2005.5.9 Mon. 22:54
地道に続く忙しさ。
-----

表紙と中身のちがう楽譜のことを思いついた時に同時に思ったのですが、あの家具屋さんなどで陳列品の本棚に入っている見本。

この本棚にはこのサイズの本が入りますよー、という感じで本の背表紙だけが印刷されたダミーみたいなのが入っていることがある。あれをもうちょっと本格的に、本物っぽく作ったらわりと需要があるのではないだろうか。

色々なシリーズをつくるのだ。インテリシリーズとか洋書シリーズとか。小中学生のために伝記シリーズとかでも良い。それで普段はマンガがたくさん並んでいるような本棚なんだけれど学校の先生が家庭訪問に来る時とか、お友だちが来る時なんかにそのダミーを本の上からかぶせておくとあら不思議、ちょっと本選びのセンスがいいじゃないと一目おかれそうな本棚に早変わり。

あまり整頓されていない本棚の目隠しにも最適。また、本の移動が少ない本棚はホコリよけにもなって一石二鳥。100円ショップとかで売っていそう。
2005.5.8 Sun. 23:39
8月31日状態です。
-----

スーパーなどでよく「おつとめ品」というラベルが貼ってある商品がある。

ここでいう「おつとめ」とは辞書によると、「商人が客に奉仕すること。サービス。」とのこと。なので奉仕品とかサービス品でも意味は同じだ。賞味期限がせまっているものとか、形の悪い野菜なんかが通常のものよりも安く出されている。

でも「おつとめ品」とあるとちょっと格が上がる気がする。おつとめ品の野菜たちにむかって「おつとめごくろうさまですっ!」と敬礼しながらカゴに入れる、というのはウソですが。

通常価格の野菜たちはおつとめしてないのだろうか、いやそんなはずはない。みんな立派におつとめしている。
2005.5.7 Sat. 21:45
仕事おわらない。
-----

ビールのおいしさからすると、やはり
瓶ビール>缶ビール
になるらしい。そういえばペットボトルのビールってまだ現れないけどなにか理由があるのだろうか。

前に少し書きましたが、コカコーラの場合でもビールとほぼ同じで、おいしい順に並べると
瓶コーラ>缶コーラ>ペットボトルのコーラ
だと思う。

しかしビールの場合には瓶ビールを越える存在として「生ビール」がある。何が生なのか、お酒の飲めない私はよくわからないけれど、みんなが居酒屋でたのむ「中生」とか、あのグラスに入ってくるやつだ。

コーラの場合の「生コーラ」は存在するのだろうか。レストランとか、外食産業によく設置されているようなレバーを押すとコーラが出てくる、あれが生コーラなのだろうか。たしかにあのコーラは瓶のコーラとも、缶のコーラとも、多少味がちがう。瓶や缶よりおいしいかどうかは別として。でもあれはきっと、工場で出来たコーラを瓶や缶につめないという意味ではビールでいう生ビールに近いのかもしれない。

いつかコカコーラの工場を見学して、できたてしぼりたての生コーラをのんでみたいと思います。
2005.5.6 Fri. 23:59
おかげさまでアクセス数がふえてきました。
-----

いまわたしのピアノ(ローランド)の譜面立てにはブラームスのPiano Pieces op.118(ヘンレ社)がのっかっている。

正直に言うと現在の私の腕では弾けない曲だ。別件で参考のために買った楽譜なのだけれど一時的にのっけてあるだけ(すぐに手にとれるように)。

でも知らない人からみれば常にその楽譜が譜面立てにあるということは、わたしはその曲を弾いているっぽく見えるだろう。

そこで浄書屋であるわたくしは新たな商売を思いついた。表紙には「リスト・超絶技巧練習曲集」とか書いてあるのに、中身はバイエル、みたいな楽譜の出版。

それを閉じたままピアノの譜面立てにおいておくと、何も知らない人から見れば「うわーソラシドさん、リストの超絶技巧練習曲なんて弾けちゃうんだ、すごーい、ステキ!」なんてモテまくり。でもその楽譜の中身はバイエル。

これだったらけっこう色々なものがつくれる。無地の表紙とかも出来ます。全○さんのピアノライブラリ専用の、表紙すりかえ用楽譜カバーとか。

すべては人々の見栄のために。
2005.5.5 Thu. 23:59
連日チコクですみません。
-----

ちょっと高価な家電やパソコンなど、電器製品を買おうとする時は値段が値段だけに、色々と調べると思う。

カタログとかインターネットとかで情報を集めると、普段は気にしないその分野の色々な専門用語がたくさん出てきて、そのうち各メーカーの型番とかまで暗唱出来るまでになり、一時的にやたらと詳しくなったりする。

色々調べたりして詳しくなった知識も目的物を買ったと同時にどうでもよくなるし、だいたいそれらの機器は1度買うと5年から10年以上使うものなので、せっかく増えた知識も、もう二度と役に立つことはない。次ぎに買い換える時はおどろくほど進化してしまっているのだから。

この「電器製品を買うために使った労力」の無駄なことといったらこのうえない。このエネルギーを他の何かに使えればいいのに、と、布団たたきさっさと引っ越しおばさんを見ても同じことを思った。あのエネルギーで発電ぐらい出来そうだ。
2005.5.4 Wed. 23:59
きょうもチコク。
-----

ハイサワー飲みました。レモン味。

そうそう、この味です。これこそがわたしの求めていた味。宝酒造さんのSODAに比べて炭酸がちょっと弱いような気もしますが、流通率を考えれば文句ありません。

レモン以外にも、梅やライム、グレープフルーツなど色々な味があるらしいので今度河内屋とかに行って買ってみたいと思います。

これで今度から心おぎなく居酒屋に行ってソフトドリンク以外にも色々なドリンクを楽しめます。お酒が飲めない人で炭酸が好きな人にはおススメ。「ハイサワーのレモン、お酒入れないで!」なんて通ぶってオーダーしてみましょう。
2005.5.3 Tue. 23:59
結局仕事しかせずに連休がおわる予定。
-----

甘くない炭酸がそんなに好きならハイサワーを飲めば?と友だちに言われた。

その時にはじめて知ったのですが、ハイサワーってお酒じゃないんですね。あれこそお酒を割るための炭酸飲料なのだそう。わたしはずっとあれはお酒、いわゆるみんなが居酒屋で飲んでいるサワーなのだと思っていました。

ペリエやこの前書いた宝酒造のSODAはお店によっては置いていないところが多いのだけれど、ハイサワーだったらたぶんどこでも置いているし、コンビニにも置いてあると思う。

メガネメガネとメガネを探していたら実はおでこの上にあげていただけという波平状態。探していたものはすぐ目の前にあった、みたいな。そのまま飲んでもおいしいことを強調すればもっと客層が広がるような気がするのですが。

今度ハイサワー飲んでみます。
2005.5.2 Mon. 23:44
すごくねむい。
-----

おととい(4/30)の話しを蒸し返すようで申し訳ないのですが。

人生のメリーゴーランドのファイル名を人生MGRにしたことをおととい書いたわけですが、このたび外部の方とファイルをやりとりするにあたり「ファイル名に2バイト文字は使えません。」というエラーメッセージが返ってきた。

ようするに半角英数しかファイル名に使えない状況だったので、仕方なくJMGR.epsとかにしてみました。

JMGRだと一気に何か組織の略称のようになります。

Japan Music Global Rengou とか。Jが頭についているだけで日本の団体っぽさが出てきます。

最後だけ急にローマ字読み(連合)なのはRからはじまるいい感じの単語が思い浮かばなかったからです。
2005.5.1 Sun. 21:11
ミサイル発射失敗したってことは成功するつもりだったのか。
-----

数日前にJR京葉線に乗っていて、わたしはドア側の一番はじっこの席に座っていた。

すると私のすぐ横のドアサイドに若い女の子が立っていた。私に背を向けるように、手すりのところにもたれかかるようにして立っていた。ちょっと状況分かりづらいかもしれませんが電車に乗って立っている場合、よくドアの角っこに立ちますよね。あの状況です。

その立っていた若い女の子はだぼだぼのジーパンを履いていて、いわゆる腰で履くジーパンというやつなのだろうか。それはもうすごいずり下がりようだったのだ。

腰で履くジーパンで下着が見えている人とかいるけれど、それを通り越してもうお尻が見えそうないきおいなのだ。

私は座席に座っていたため、ちょっと右横をむくとすぐそこには見知らぬ若い女の子の腰からお尻にかけての地肌が至近距離にある。

電車が駅に到着してドアが開くたびにちょっとしめった空気と一緒に潮の香りが入ったりして、でも横にはお尻。ああもうすぐ夏だ。

[前へ] [月別ログへ] [次へ] [最新のコラムへ戻る]