コラム付点八分休符
過去のコラム
[前へ] [月別ログへ] [次へ] [最新のコラムへ戻る]

2005.2.28 Mon. 22:59
二月は逃げる、にげるニャン。
-----

岐阜県の一家無理心中事件。

原平(はらたいら)容疑者のことが報道されるとき、必ず「原平事務長」と仕事上の肩書きまで一緒に言われている。

市の老人保健施設に勤務されていたとのことだけれど、その施設では事務長が最高責任者なのだろうか?普通何かの事件にまきこまれた場合、よほどの立場でない限り仕事上の肩書きまでは報道されないだろう。しかも別に下の名前まで何回も報道しなくても良いのでは、すなおに原容疑者で。

やっぱり、あの人への配慮があるのだろうか。思い切って篠沢教授に全部!
2005.2.27 Sun. 21:04
徹夜予定です。
-----

紙パックタイプ(ストローをさして飲む)の100%のオレンジジュースを買った。

すぐに飲みたかったのだけれど冷えていなかったので、冷凍庫に入れて冷やして凍る前に取り出して飲もうと思っていたら、冷凍庫に入れたことをすっかりわすれて翌日には完全に凍っていた。

仕方なく溶かしてから飲んだ。ちょっと凍っているのが残っていて、シャーベットも楽しめつつ、ジュースも飲めておいしかった。

でもおいしいのは途中までで、凍ってしまったのを再解凍した分、ジュースが薄くなっていた。

100%ジュースだったのに70%ジュースぐらいになっていた。
2005.2.26 Sat. 2:02
お菓子に興味が無い発言撤回。クランキーブラックおいしい。
-----

またいいことを思いついた。昨日、○音楽譜出版社のことをちらりと書いた時に。

全○楽譜出版社があるんだから半音楽譜出版社があってもいいじゃない?

英語で言ったら、クロマティック・ミュージック・パブリッシングですよ!!半音だからsemitoneかもしれないけど、クロマティックのほうが格好いいし。

○音さんは楽譜の表紙とかによく「ZEN-ON」と表示してありますけれども、半音の場合はHAN-ON。

なんとHANON、ハノンですよ。奇しくもわたくし、全○さんから出ているハノンの楽譜を持ってますけれどもあれは半音楽譜出版社への伏線だったのでしょうか。

ソラシドガクフのほうがかわいいので名前は変えませんが、正直なところ心が揺さぶられました。ドメインだけ取ろうかな。取られたらくやしいから。

-----

そして昨日のコラムにこっそり追記をしてしまいました。書く前によく調べなさいっていうことです。すみません。
2005.2.25 Fri. 1:51
結局WWFパンダTシャツ買いました。2005年版売っていたので。
-----

どうもカタカナを間違えて覚えてしまいがちで困る。とくに濁点と半濁点をまちがえる。

バッハのGoldberg Variationsですが、スペルからしてずっとゴールドベルグ変奏曲だと思っていたところ、どうやらゴールドベルク、とクが濁らないほうが多数決で優勢のようです。また長音なしで「ゴルドベルク」「ゴルドベルグ」と書く人もいるようです。

ヤフーで検索すると一応4種類全部ひっかかるのですが、件数が圧倒的に「ゴールドベルク」が多いです。

たぶん英語読みで無理に片仮名表記するとゴールドバーグ・ヴァリエイションズというのが近いのだと思いますが、バッハの曲なのでGoldbergはドイツ語読みになっているのかもしれません。

手元にあったCDと全音の楽譜をみたら、両方とも「ク」派でした。

今日から私もク派になります。去年このコラムに書いたのも修正しました。

2/26追記:あとでもっと調べたら、ゴルトベルク、ゴールトベルクという風にトが濁らないのもあるようで、全音さんはゴール「ト」ベル「ク」でした。まあ外国語をカタカナで表すのは限界があるっていうことでしょうか。
2005.2.24 Thu. 22:32
「翔べ!イカロス」の再版分は明日発送します。遅くなりまして大変申し訳ございませんでした。
-----

WWF(世界自然保護基金)のパンダTシャツがほしい。たぶん買う。

でもどうやらあと少しで2005年バージョンへの入れ替え時期らしく、まだTシャツの季節まで時間があるし、今日は買うのをがまんする。

出来れば黒地のTシャツが欲しいと思っているのだけれど、2004年版のラインナップを見ると白とかグレー、カーキ、あとはうすいブルーとかピンク、黄色はあるけれど、黒がない。

パンダ柄だから、黒地にしちゃうとなんの模様かわからなくなっちゃうからか。保護色みたいなもので。
2005.2.23 Wed. 21:57
フジの日枝さんと西武の堤さんは同じ臭いがするね。まあ臭いを嗅いだことはないのですが。
-----

ソース焼きそばをつくって食べました。

焼きそばをつくる場合、まずお肉と野菜を炒める。今回も豚バラ肉を炒めて、次ぎに野菜を入れた。

そしたらもうその段階ですでに野菜炒めとして完成してしまって、おいしそうになってしまい、もうこのままでもいいのではないかと思ってしまった。

でもとりあえず、塩とコショウで下味をつけたら今度は塩焼きそばにしちゃおうかしらなんていう思惑も。

カレーなんかでもそうだけれど、つくっている途中でちがう料理にしたくなることはよくあること。

今日はがんばってソース焼きそばにしました。最後まで浮気せずに、最終目標までたどりつくのは大変です。
2005.2.22 Tue. 22:22
ゾロ目でこんばんわ。
-----

きょう郵便局の窓口で払込用紙にての振込をした。

二千円とちょっとの振込だったので、五千円札を出した。樋口一葉のお札を出したのはたぶんはじめてだったのでちょっとうれしかった。

で、二千円とすこしおつりがもどってくるはずだったのですが、何故か郵便局の局員さんがお札を一枚しか出していない様子。「二千○百円のお返しになります。」と言って差し出されたそのトレーにはなんと二千円札がのっていた。

こういう形で、外で二千円札もらったのはじめて。なんだかすごくイヤな気分だった。えー、二千円札?という感じで。

使えないから貯金箱に入れました。新紙幣はタンス預金を減らし、お金を外に流す効果があるらしいですが、二千円札に限ってはちがったようです。

新しい五千円札を出した場合のおつりはもれなく二千円札で、みたいなキャンペーンでもやっているのでしょうか。郵政公社と財務省の共同で。
2005.2.21 Mon. 23:38
さあ忙しくなってまいりました。
-----

きのうの新聞チラシのことですけれども。

よく「節約のために、スーパーのチラシを隅から隅までみて比較して、1円でも安いものを買いに遠いスーパーまで自転車でわざわざ買い出しに行く。」みたいな話しをテレビとかでしているのですが。

そんなんだったら新聞をとらないほうがよほど節約になるような気がするのですが。それはNGなのでしょうか。

お寿司にはワサビ抜き、ハンバーガーにもピクルス抜きが出来るのだから、新聞もチラシ抜きで安くなればいいのにと思う。

でも広告は出版業界の超重要財源なので、たぶんチラシ抜きだと逆に高くなるんだろうなとも思います。

でも印刷代とか、チラシを折り込む人件費とか考えたらどうなのだろう。トントンぐらいか。

主婦の1円節約から、企業の広告費まで、ミクロとマクロは表裏一体。
2005.2.20 Sun. 23:59
さようなら、Nifty-Serve。
-----

ポストや新聞に入っている広告は非常に危険だ。

たいていは外出先から帰ってきた時などにポストに手紙が入っているかをチェックすると思うのですが、外出先から帰ってくる時って、だいたいスーパーで買い物した後だったりして両手に荷物をたくさんもっている。

それでさらにポストに手紙やらチラシが入っているともう大変なのだ。手紙は必要だとしても、チラシはほとんどのものが要らない。

しかも新聞の折り込み広告もそうだけれどコート紙ってすべるのだ。何枚もチラシがあったりするとすべってうまく持てないし、そのせいで家に入ってテーブルなどに置くまでに落としてしまったりする。

いつだったか、部屋の中で床におちていたチラシですべってケガをしたお年寄りがいた。私もケガまではしないまでも似たような経験をしている。

新聞なども「チラシ抜き」でお願いしますとか出来ないものだろうか。
2005.2.19 Sat. 22:26
株は凶器になりうるね。
-----

サイトをすこし整備しました。

ソラシド楽譜出版部のほう。各曲のページをBUY NOW!っていう感じにレイアウト変更しました。

サイトってアップして、一番最初に色々と動作確認した以降は自分ではあまりアクセスしない。とくにディレクトリの深い部分は。なので今回少しだけ修正するつもりが、リンク切れやおかしなところなど色々と発見してしまい、いつからこんな状態のまま放置していたのだろうと冷や汗ものだった。たまにそういう状態をアクセスしてくださったお客様から指摘されることもしばしば。

一度つくってあとは放置ではだめ。こまめに手を入れないと、ちょっと目をはなした隙におかしくなるのって何かに似ていると思ったら、盆栽だ。

これから世の中がどんどん進歩して、もう数年後にはIT関係の技術なんてどうなっているかわからない。ホームページをつくっています、なんていったら「ずいぶんとちまちまとした、年寄り趣味みたいなことしてますね。」なんて思われちゃう時代はすぐそこまで来ているのかもしれない。
2005.2.18 Fri. 19:24
銀座行ってとんぼがえり。
-----

自販機であったかいウーロン茶を買ったらぬるかった。

お店の中に飲料用の加温機が設置してあって、自分でさわって温度を確かめられるようなものだったら確認してから買えるけれど、自販機は「あったか〜い」のボタンを押しても、出てくるまでどれぐらいの温度かわからない。

今日は缶を持っていられないぐらいあっついのが飲みたい気分だったのに、ぬるいと詐欺にあった気分。逆に、「寒いから冷たいのはイヤだけど、ノドが乾いてゴクゴク飲みたいから熱すぎるのはダメ。ぬるいぐらいがいい。」という時もあるだろう。

冷たいのも同じで、キンキンに冷えたお茶が飲みたい時もあるけれど、あまり冷たすぎるとお腹をこわすので適度な冷えが良いときもある。

たいていの自販機は一種類の飲料に対してたくさんボタンがあるのだから、何種類か温度が選べると良いのに。

・やけどするぐらい熱い
・いい湯加減
・ぬるい
・冷たい
・頭が痛くなるぐらいキンキン

みたいに。
2005.2.17 Thu. 22:33
鶏の中華風ペペロンチーノ、略してとり中ペペ。
-----

中部国際空港というのが開港したらしい。南セントレア市ってその関係だったのか。国際線と国内線が同一の空港に乗り入れるとのこと。それにくらべてやっぱり成田空港って不便だ。バスで行くにしても電車で行くにしても遠いし、国内線との連携も悪いし。

羽田空港は実はうちからとても近い。車だと湾岸が空いていれば15分ぐらいで着く。前に羽田発11時45分の飛行機に乗らないといけなかったのに家を出たのは11時少し過ぎでも、間に合ってしまったこともある。

そう考えると、成田から国際線に乗るために何時間も前から支度してエアポートリムジンに乗ったり、電車に乗ったりするよりも、羽田から国内線にのって中部国際空港で国際線に乗り換えたほうが便利ではやいという可能性も出てくる。

まあそんなに飛行機にのることはないので心配することは無いのですが。
2005.2.16 Wed. 22:05
とても消耗した一日。
-----

めずらしく朝からピアノを弾いていました。今のいままで。

今度サイトで発売する予定の楽譜のために、伴奏パートの録音をしようかなと。デジタルピアノとパソコンをつなぎ、デジタルピアノを弾いてMIDI情報をパソコンに送り保存。で、パソコンでそのMIDIデータを再生するとデジタルピアノがさっき弾いたように鳴るという仕組みです。ピアノなんてもう何ヶ月ぶりかで弾いているのにいきなりレコーディング本番です。

で、今回の曲がアルペジオ系だったからというのもあるのですが、ピアノは音のつぶをそろえるのが大変難しい。指というのは左手と右手でも力の強さがちがうし、同じ右手でも薬指と親指の力の強さはちがうので、バラバラに鍵盤を押した場合、均一に鳴るように力加減をするのは意外と大変なのです。しかもデジタルピアノがバカ正直に鍵盤の押し具合に反応するものですから、プレイバックを聴いてみたらあまりのバラバラさ加減にがっくり。

ピアノを弾いたものをリアルタイムレコーディングするのではなく、パソコン上で最初からMIDIデータとして作れば、テンポも強さも均一になるようなものが容易く作れる。でもそれをプレイバックさせてみると不自然きわまりない。

人間はなるべく流れが均一に、自然に聞こえるようにというのを目指して演奏しているのに、パソコンで超均一な演奏データをつくるとそれはいたって不自然なのだ。

楽器を演奏するというのはなんと不毛で尊い作業なのでしょうか。

今日一日色々とやりましたが、結局自分で録音するのはやめます。ピアノ奏者にお願いしよう。お金で解決しよう。今日一日の作業は無駄だったかもしれないけれど、色々と出来ることはわかったし、今後に活かそう。

もっとピアノ真面目にさらおうよ自分。
2005.2.15 Tue. 14:39
経理をまる1年間放置しておくと大変だと学びました。
-----

最近脚光を浴びている言葉「シナジー効果」。ライブドアの堀江社長が連発している。

シナジー効果とは、たとえばもともとブナシメジを生産している農家が、ほかのマイタケやシイタケなんかの生産も新たにしはじめると、ブナシメジの生産実績による信頼があるので、ゼロからキノコ栽培をはじめる農家よりも良いということです。さらに相乗効果として今までも生産してきたブナシメジも売上が上がって万々歳。

なのでブナシメジ効果を略してシナジー効果、という言葉が派生しました。

半分ぐらいはホントだけど半分はウソです。
2005.2.14 Mon. 6:37
おはようございます。
-----

いま使わせていただいているレンタルサーバーのコースはメールアドレスを25コ作れる。

ので、@sollasido.comの、@の前の部分を色々と変えて、仕事用とかサイトからの問い合わせ用とか、分けているのだけれど、プライベート用で親しい友だちとかにしか伝えていないはずのアドレスに、ものすごい数のスパムメールが来る。

公開していなくてもスパムは来るものなので良いのだけれど、web上で公開しているアドレスよりも何故かたくさんくるのだ。

しかもそのメールの内容が、英語なのですが「ロレックスを買え」みたいなメールなのだ。スペシャル・クオリティー・ロレックスとか書いてあるけれど、かなりあやしい。

なんだろう、親しいと思っていた人から実は嫌われているのだろうか。いじめられてるかも。
2005.2.13 Sun. 21:19
スーパーはなのどガム。
-----

カタカナに翻弄される一日。

アニータ・アルバラートさんの名前を久しぶりに耳にした。風俗店での勤務を斡旋したとかで逮捕されたとのこと。

アルバラートさんって、キャンディ・キャンディにも出てこなかったかと思ったけれど、それはアルバートさんだった。

焼き菓子であるマドレーヌのことがちょっと調べたくて、グーグルで検索しようとしたのだけれど、最初「マドレーヌ」という単語が出てこなかった。

えーっとえーっと、と思いながら入力した単語は「マーマレード」。検索にひっかかたのはジャムばかりでびっくり。

ようやくマドレーヌという単語を思い出して検索してみたら、なぜかひっかかるのはバラの花ばかり。

あれ?と思ったらどうやらバラの花の一種に「マドレーヌ」という固有名詞のものがあるらしいです。

えー、花といえばマーガレット?ますます混乱するばかり。マーガレットじゃなくてマーガリンだっけ?それはパンにぬるもの。

マ行は苦手のようです。
2005.2.12 Sat. 23:14
朝の7時から仕事してるのに未だ終わらず。
-----

図書館で借りてきたCDの、ジャケットの一部。


この書体はたぶん「古印体」の一種だと思うのですが、名曲集というタイトルにこの書体はどうだろう。

古印体を使うと、どうしてもおどろおどろしいイメージが強くなってしまう。「恐怖の館」とか「心霊写真」とかいうタイトルに古印体を使うと効果的なのだけれど。文字か微妙にかすれている部分が味なのだけれど、息もとぎれとぎれといった感じになってしまいかねない。よく印鑑なんかにも使う書体なのですが、印鑑で使うのと、こういった商業印刷物のタイトルとして使うのは訳が違う。

ためしにめでたい感じの言葉に古印体を使ってみました。



しゅ、しゅく、ふ……、くっ(バタリと息絶える)。みたいな感じで全然祝福っぽくない、と思うのですがいかがでしょうか。
2005.2.11 Fri. 22:28
この集中力でいつも仕事をすればいいのに。
-----

髪を切りました。さっぱり。

髪を切ってくれるサービスをする店って、よく考えてみると色々な呼び名がある。

美容院・美容室・美容店・理容院・理容室・理容店・床屋・カットハウスなど。

美容と理容は免許がちがうらしいので別としても、院・室・店・屋の四種類のちがいは何なのだろう。

たぶん四種類の間に絶対的な定義みたいなのは無いのだと思う。お店によってそれぞれ名乗りたいようにしているだけで。

だとすると「院」がいちばん偉そうだ。院政とか大学院とか、最高峰っていうイメージがある。

逆に「屋」は身近な感じで、気軽に入れそう。

楽譜屋も「楽譜院」とかにすれば急に高級になるかもと髪を切りながら考えました。
2005.2.10 Thu. 23:31
あさりコンソメパスタ。
-----

今日ちょっと出掛ける用事があって、JRの西船橋駅を利用したのですが。

乗り換えのために降りただけだったのだけれど、少し行かない間に西船橋駅は大きく変わっていました。

前から割と長いあいだ工事はしていたようだけれど、知らない間にちょっと小じゃれた駅ビル風のものが出来ていた。エレベーターとかエスカレーターもたくさん出来ていたし、さらに工事中のところがあったのでこれからもっと色々出来るのかもしれない。

昔の西船橋駅といったら、朝からワンカップ呑んで競馬新聞を持っているおじさんがわんさかいたような、汚い駅だったのに。

今日はなんだか降りる階段をまちがえてしまって、一瞬「ここはどこ?」状態でした。あんなに使い慣れた西船橋駅で迷子になるとは思わなかったよ。
2005.2.9 Wed. 12:30
今日は肉の日、明日はニートの日。
-----

もうすぐバレンタインデーということで、町中にはピンクや赤のハートマークが散乱しております。

あまりお菓子に興味がないので、お菓子をつくることにも興味がない。でもスーパーとかに行くとこの時期、手作りチョコレートのために特設コーナーがあり、色々な道具やラッピング用品が一番良い場所に置いてある。

そのコーナーに小さなテレビが置いてあって、手作りチョコの作り方を半永久的に流していたので通りかかったときに見てみた。

これって既製のチョコを溶かして固めているだけでしょ?多少生クリームやお酒を入れたり、ナッツとかいれたりしているみたいだけど。みんなが手作り手作りといっていたのはこの作業のことだったの?という感じ。

と思って「チョコ・溶かして固めただけ」でググってみると似たようなことを思っている人はやはり居るようだ。

でもテンパリングという作業が難しいらしい。だったらなおさら溶かさないでそのままのほうが良いのでは。

手作りを主張するならば、そもそもカカオの木を育てるところからはじめるとか、チョコレート会社に就職するとか、それぐらいの勢いが必要かもしれない。
2005.2.8 Tue. 22:45
ねむいし疲れたし。
-----

いま、たぶん期間限定でファンタのメロン味が出ている。

いつものファンタメロンはすごく人工的な緑色だけれど、今度のはオレンジ色っぽい。メロンの果肉の色に近づけたということらしい。その名もファンタ・フルーティーメロン。

じゃあ今までのファンタメロンはなんだったのだろう。フルーティーじゃなかったのかい。

たしかに、メロンといえば緑というのはイメージの中だけで、食べておいしいのは果肉の部分。皮まで食べる人はあまりいないだろう。

いままでの緑色のファンタメロンは皮の部分だけだったと思うと少し悲しい。
2005.2.7 Mon. 23:13
唐辛子食べても眠いものは眠い。
-----

外のコンビニなどでコピーをとる場合、自分の次ぎの人が待っていないか気をつかう。

コンビニなどではだいたい1台しかコピー機が置いていないので、先客がいた場合、店内などで時間をつぶしたりする。コピー機をちらりと見ていくあの気配を察しないといけない。

それに気付かず、大量にコピーをしていて、あからさまに後ろに並ばれたりするとドキっとする。もし自分が待つほうの立場だったら「あんなに大量にやってるよ、こっちはたった一枚なのに、チッ。」と思うだろうから、いやな思いをさせないためにも気を配らないといけない。

そんな気遣いをしなくても良いように、たくさんコピーする用事がある時はコピー機が三台並んでいるダイエーのコピーコーナーへ行くようにしている。きょうも行って来た。三台あるうち、使っているのは私だけ。心おぎなく集中して、しばらくの間コピーしていると後ろから「あの〜、すみません。まだまだかかりますか?」と声をかけられた。

あれ?隣の二台あいてますよ?と私がいう前に「カラーコピーしたいんです。カラーが出来るのは(三台のうち)この機械だけなんです、一枚なので先にやらせていただけませんか?」とのこと。

以降気をつけます。
2005.2.6 Sun. 20:58
がおー。
-----

コーヒーよりも、ブラックブラックよりも、眠気が吹き飛ぶ食べ物をみつけました。

それは唐辛子。さきほど夕食の際、白菜のお漬け物をたべる時、上にぱぱっと一味唐辛子をふったのですが、間違って唐辛子がたくさんかかっているところを一口で食べてしまいました。

食事をしている最中もねむかったのですが、もういまはすっかり眠気も吹き飛びました。

おそるべしカプサイシンパワー。今度から仕事中に眠くなったら一味唐辛子をぺろっとひと舐めします。
2005.2.5 Sat. 23:59
きょうは日曜日かと思っていました。
-----

ベタな話しであれですが、いわゆる無人島音楽談義というのがある。

もし、無人島に一人で行くとしたら、どのCDを持っていくか、とかいうやつ。音楽好き仲間同士だと、どんな曲やアルバムをセレクトするかで、好みや性格がよくでる。

だいたいは、もうすでに聴いたことがあって、ものすごく好きで、何度も繰り返し聴いているCDを選ぶ人が多い。

この無人島CD談義について思うのは、CD一枚持っていっても、再生するプレーヤーが無いと聴けないし、電池はどうするのかということだ。

CDでも、今流行のipodなどのmp3プレーヤーでも、いま現在、音楽を楽しむ場合はソフトのほかに再生するためのハードが必要だ。もし電池がきれてしまえばCDのディスクはただの銀盤でカラスよけぐらいにしかならないし、ipodはただのプラスチックと金属のかたまり。

そういう意味で、本というものはそれ自体が完結したソフトでありハードであり、それを楽しむことに別のハードを必要としないということで、今後もっと世の中のデジタル化が進んでもなかなか廃れすに残ると思う。読むのにメガネが必要な人はいるけれど、それはおいといて。

どんなプレーヤーで音楽を楽しむかにもよるけれど電池なんてわりとすぐに無くなる。より長く楽しむことを考えるのならば本を持っていったほうがより良いかなと。

そんなわけでわたしはCDは持っていかずにある曲の楽譜を持っていきますね。脳内再生で。みんな、もっと楽譜を買おう!

今年こそ、こんなひねくれた性格をあらためたいと思う次第でございます。
2005.2.4 Fri. 23:59
あらまこんな時間。
-----

Tシャツやふつうのシャツなどを買おうとする時、同じデザインで色違いがあったら、白いシャツよりも、何か別の色がついているものを選んでしまいがちだ。

またそれとは別に、ラーメン屋さんなどで「太い麺と細い麺をお選びいただけますが、どちらになさいますか?」と聞かれると、つい太い麺を選んでしまう。

この、まったくことなる場面での選択肢において、選択したその理由には深いところで共通点がある。それは貧乏。

白いシャツと色つきシャツの場合、もちろん白いシャツが必要で買う場合は迷わず白を買うのだけれど、選択権が自分にある場合、白はすぐよごれそうだし、色がついているってことは白よりも手間がかかっているってことだから、同じ値段なら色がついているほうがトク。という意識がはたらく。

また細麺太麺もほぼ同じで、細い麺のほうがあうラーメン(博多のとんこつスープとか)の場合は細いものが良いけれど、それ以外で普通にしょうゆラーメンとかを食べる場合は、同じ量なら、なんか太いほうがおなかがいっぱいになる気がするし、太いほうが量が多く感じるし、「しっかり食べた。」とい満足感が得られるのかもしれない。

このようなケースにおいて、白いシャツや細い麺を躊躇なく選べるようになりたい。
2005.2.3 Thu. 22:21
コネタをふたつ。
-----

わたしが個人的に好きでよく見ているサイトの運営者さんは、95%ぐらいの確率でマックユーザーであることが判明。最初はそんなこと気にせず見ているのですが、ある日プロフィールなどを見た時に使用環境などを見てびっくり。あらこの人も、この人も。類は友を呼びすぎです。

ここの便利ページなんか、インターネットに接続しはじめてからずっとお世話になっているので、8年ぐらいたっているような気がしますが、運営者の方がマックユーザーだと知ったのは今日です。

-----
きょうは節分なのですが寒いです。春はまだかなと思い、東京の平均気温を調べてみました。

4月っていうともう春っていう感じでうきうきですが、4月の平均気温は14.4度。これはほぼ11月の平均気温(13度)と同じ。11月っていったら、初冬です。

春は遠い。
2005.2.2 Wed. 22:16
さむいとねむいですか。
-----

空室状況
 室伏広治

上のふたつ、微妙に似てませんか?

室伏さんの前の全角分のワンスペースがミソです。

-----

gooのブログが重いので、ライブドアのブログに切り替えようかと思っております。ヤフーもブログサービスをベータ版ではじめたようなのですが、イマイチなので。まよっているところ。でもリンク先はもうライブドアのブログにしてしまいました。
2005.2.1 Tue. 23:56
ファックスの感熱紙が散乱しています。
-----

外でゴハンを食べる時、ジュースなどの飲み物をオーダーするようになったのはいつからだろう。

レストランなどで食事をするような場合、食べ物以外にコーラやウーロン茶、大人の場合はビールなどを一緒に注文することがある。ふだん家で食べるような食事の時も、必ずお茶を一緒にいただくという人もいるとは思いますが、わたしはそういった習慣がないので、外での食事中もお冷やだけで、それとは別に飲み物を頼むことはほとんどなかった。

でもある時期から、頼むようになったのだ。それはやっぱりドリンクバーの存在だろうか。

しかもその時期は、スパゲッティのことをある日突然パスタと呼び始めた時期と近いように思う。

そんなことを考えながら、サイゼリヤの株が手放せずにいます。

[前へ] [月別ログへ] [次へ] [最新のコラムへ戻る]