コラム付点八分休符
過去のコラム
[前へ] [月別ログへ] [次へ] [最新のコラムへ戻る]

2004.11.30 Tue. 20:48
年内休まず(たぶん)。
-----

「がぶ飲みミルクコーヒー」とか出しているサッポロ飲料という会社(関連会社サッポロビール)から、500ml入りペットボトルの緑茶が新発売された。

その名も「白玉露」。

これを一回目でちゃんと「しろぎょくろ」と読める人のほうが少ないのではないだろうか。9割ぐらいのひとが「しらたまつゆ?」と読むだろう。

しかもペットボトル自体のデザインが白っぽいのだ。このパッケージデザインも白玉感を助長する。緑茶だということを知っていれば「ああ、しろぎょくろ、ね。」と読むかもしれないけれど、何も言われずにただ漢字名だけを表示されればほぼ100%の確率で「白玉+露」という風に分離してとらえそうな勢いだ。

サッポロ飲料の自販といえば、おしることかコーンスープとかいつも入っているので、そば湯と同じようなものとして白玉だんごをゆでたあとのお湯が売っていてもまあ不思議ではないかもしれないけれど。
2004.11.29 Mon. 19:15
背中がいたい。
-----

SMAPさんが紅白を辞退したほんとうの理由。それは、

「ぼくたちもドラえもん特番がみたい。」

からだ!その気持ち、痛いほどよくわかります。
2004.11.28 Sun. 21:00
アマゾンの封筒の正しい開け方をおしえてください。
-----

SMAPさんが今年の紅白出場を辞退したそうだ。

なんでも、「ドラマや映画の仕事を中心に、メンバー個々での活動が多い年で、CD発売やツアーをお休みさせていただくことになりました。その年の新しいものを提供する場として紅白に挑んできた僕たちとしては、そのため、今回出演を辞退させていただきたいと思います。(カッコ内ここまで引用)」とのことらしい。

これはとても遠回しな、毎年同じ曲で出演していらっしゃる大物演歌歌手の先輩方への当てつけか、というようにもとれる。

でも当てつけだったことに気付くのはたぶん3日後ぐらいだ。ふと、歯磨きとかしてるときに思い出して「あれはそういう意味だったのかムキー!」となるような。

そんなうまい言い回しが出来るようになりたいものです。
2004.11.27 Sat. 23:16
ペ様とピ様。
-----

ことしも残りわずかとなり、テレビでも1年のまとめ系の内容が多くなってまいりました。

突然ですが、今年、わたしが楽譜をつくった中で一番多かった曲は……

ジャーン。冬のソナタの「あの曲」です!

うそです。すみません。ことしあんまり歌謡曲系の仕事をしなかったので、冬のソナタのあの曲は、1回だけちょっとした修正作業をしたりしましたけど一から自分で作ったことはありません。でもたぶん、楽譜出版業界的には一番だったはず。

わたしが流行歌系でいちばん回数多くつくったのは「さくら(独唱)」だと思います。この曲って去年の曲じゃなかったかしら?でも今年に入って(しかも下半期に)5、6回はつくった気がします。前半にもつくったかもしれないから実際はもう少しつくっているかも。

音楽業界全体のネタ切れ感が否めません。
2004.11.26 Fri. 7:10
来年は酉年か。
-----

わたしにおけるオレオレ詐欺というのを考えてみた。

一番メジャーである「運転する車が交通事故をおこしまして…」系のものはつかえない。なにせ免許を持っていないので。事故に遭うことはあっても自分でおこすことはありえない。

また最近派生したという「医療ミスをおかしてしまい、患者を死亡させてしまった。」というもの。薬剤師さんや看護士さんなど、医療に携わる仕事をしている方がターゲットになっているそうだけどこれもあてはまらない。

しかしこんなのはどうだろう。

「ソラシドさんがつくった楽譜にミスが発見され、もう既に印刷されてしまった楽譜が5万部ほど刷り直しになってしまいました。刷り直しの代金として今すぐ300万円振り込んでください。」

書いてみて呆然とした。ありうる。十分ありうる。そんな電話がかかってきたら、「ももも申し訳ございませんでした。振込なんていわずに、げげげげ現金を、いますすすすぐにお持ち致しますっ。」なんて言って夜中でも何でも駆けつけてしまいそうです、お金を持たずに。

オレオレ詐欺はだまされるほうが悪いと思ってましたが、ちょっとだけだまされる人の気分がわかってしまいました。
2004.11.25 Thu. 20:54
一日一善。
-----

きょうの間違い電話。

携帯に見慣れない番号からの着信があった。知らない番号からの電話は基本的に出ないし、知ってる番号からでも仕事が忙しい時で手がはなせない場合はその時に受話しないこともある。

で、少し時間が経ってから留守電メッセージの確認をしてみると、さっき無視した着信時のメッセージが入っている。

「○○第二保育園です。入園の件ですが、正式な書類をまだいただいておりませんので、今日明日中にお返事いただけない場合は入園出来なくなります。」

とか言ってる。これはまずい。0262とかいう局番って長野のほうだ。長野のほうの保育園からの間違い電話。もしこれを知らんぷりしたら、本来このメッセージを受け取るべき人の子供が入園出来なくなってしまう!

仕方なく、長野まで電話しました。まちがって留守電にメッセージが入っていましたと伝えました。

間違い電話の数だけドラマがある。
2004.11.24 Wed. 21:33
教授のアルバムとサザンのシングルかいました。
-----

このまえ消防署の前を通りかかったら、消防士さんたちが自分たちの仕事道具である消防車を点検・清掃していた。

ものすごくピカピカに磨いてあったので、おどろいた。洗車のプロもびっくりってぐらい。

で、不謹慎にも「たとえばあの消防車が車両火災などにあってしまった場合、セルフ消火というのは出来るんだろうか。」と考えてしまった。

ぞうさんが自分の鼻で水を吸い上げて、自分の身体に水をかけて水浴びするように、消防車は自分自身を消火できるのだろうか。

これはあくまでも余談ですが、その消防車の車体の前のほうに、大きく「FUSO」と書いてありました。ええ、別に本文とかまったく関係ありませんとも。
2004.11.23 Tue. 23:37
勤労感謝の日も勤労してます。
-----

石原裕次郎さんの人生をドラマ化した「弟」が高視聴率だったそう。原作はもちろん、都知事の石原慎太郎氏のものなのだろう。

全然石原裕次郎世代でないので、何の予備知識もなく、しかもあまり興味もなく部分的にちらっと見ただけなのだけれど、「えーとこの人が裕次郎役でこの人が慎太郎役?で、この女の人は裕次郎の奥さん役?」と脳内変換することにおわれて、結局何もわからないまま終わった。

もっと上の世代の方はもちろん石原裕次郎さんをリアルタイムで知っている方が多いのだろうけれど、知ってはいても、演じている人たちも現役でそれなりに有名な方ばかりなので、どうも役柄と現実がうまくシンクロしないと思う。余計に脳内変換するのがややこしくなっているのではないか。

結局のところ、そういったややこしさ無くあのドラマを楽しめたのはどの辺の世代なのだろうか。
2004.11.22 Mon. 15:04
いい天気。
-----

もうひとつ、仕事履歴のほうで更新させていただいた歌碑のお仕事ですが。

当たり前なのですが、ふだん楽譜の仕事というとほとんどが紙媒体でのお仕事なので、今回はじめて「楽譜を石に彫る」というお仕事に関わらせていただき、大変貴重な経験をさせていただきました。ありがとうございました。

履歴に貼ってある画像は富士見園の方が送って下さった画像なので、わたしはまだ実物を見てないのです。近いうちに楽譜監修に協力してもらった方と一緒に「歌碑を見に行くツアー」ということで現地におうかがいしたいと思います。歌碑は海の見える素敵なロケーションにあります。

音楽ホールなど、音楽に関係する建物などで、床や壁に石をつかう時など、楽譜の模様を彫ったりしてみてはいかがでしょうか。

楽譜のように、細い線の多い図柄は石に彫りづらいということなのですが、線をなるべく太くするなど工夫すれば彫ることは可能だそうなので、わたしも自分のお墓に自分で浄書した楽譜を彫れたらいいなと思いました。
2004.11.21 Sun. 1:40
たしか去年も、ギター弾きながら歌って一瞬流行ったお笑いの人いましたよね。
-----

地道にサイトの更新をしました。仕事履歴に2件追加と、無料五線紙ダウンロードの種類を増やしました。

先日10/29に和太鼓のライブに行ったと本欄に書いたのは、履歴のほうにある「和太鼓楽団ひのき屋」様の東京公演です。8月の下旬ごろに台風のため、北海道に荷物が届けられるかどうかあせっていた時はひのき屋さんに版下を届けるためでした。

ひのき屋さんは日本全国はもとより、ブラジル、クロアチア、アメリカなど海外公演もされいるそうです。

まさにワールドワイドな和太鼓楽団。新しいWWW(World Wide Wadaiko)。
2004.11.20 Sat. 0:07
夕食をまだ食べていません。
-----

何年か前に新幹線で名古屋にいった。日帰りで。

用事があって行ったのだけれど、用事は30分ぐらいで終わったので、あとは全部観光していた。名古屋城とか見てもあんまりおもしろくなかったけれど、名古屋は食べ物がおいしかった。

午前中11時前ぐらいに着いて、すぐにみそカツとみそ煮込みうどんのハーフセットみたいなのを食べた。

そのあとは適当に観光したけどすぐつまらなくなって、まだお腹がすいてなかったけれど夕方5時ごろにはひつまぶしを食べに行った。ほかにも天むすとか、ういろうとか食べた。もう帰りの新幹線ではお腹がはちきれんばかり。

ほかにも、きしめんとか名古屋コーチンとか、食べたかったけど断念した。あまりにもおなかいっぱいすぎて。たくさんおいしいものがあるのに、日帰りでそれらを全部制覇するのはほとんど不可能だ。

香川における讃岐うどん、のように一品が有名で、うどんの専門店がたくさんあるような名物もあるけど、名古屋のようにひとつの土地で名物が何種類もあるるというケース、

このような場合、ちょっとずつ、すべての名物を食べられるような観光施設があったら良いのに。通ぶって地元の人しか行かないような店でなくて良いのだ。ターミナル駅の中に店があって、ひとくちみそカツ、小さなおわんに入ったきしめん、天むす、ミニひつまぶし、デザートはういろう。

それらが回転寿司のようにまわっていたら、もう最高。これ割といけるんではないか。ご当地名物が回転してるキヨスクみたいな感じで。
2004.11.19 Fri. 22:31
こっそり細々と更新されてます。
-----

駄菓子屋のようなところで、子供が遊ぶようなガチャガチャのとなりに、ドラえもんとジャンケンをして買ったら何かもらえる、といったゲームのようなものが置いてある。

ほぼ等身大のドラえもんのポケットあたりにグー、チョキ、パーの画像が出てきて、ボタンも各三種類ある。で、子供はお金を入れてからチョキを出したかったらチョキのボタンを押す。勝ったー、とか、あいこー、とか大山のぶ代さんの声で音声が流れる。

実は、このゲームはサザエさんとドラえもんのコラボだということをどれだけの人が気付いているのだろうか。

ドラえもんはグーしか出せない。今度写真とってきますね。
2004.11.18 Thu. 18:29
オレオレ詐欺とレオレオ詐欺。
-----

音楽には二種類ある。興味ある音楽と興味無い音楽。とキムタクさんが言っていた(ウソ)。

興味のある音楽は自分で意識して聴く。興味のない音楽は、テレビやラジオで流れていれば聴くかもしれないけど、通り過ぎるだけ。興味のあるジャンルは人によってそれぞれちがう。

興味のある音楽は自分でお金を出してCDを買うかもしれないし、チケットを買ってライブを聴きたいと思う。興味無いのは別にお金を出してまで聴こうとは思わない。

少し前までは二種類だったのだけれど、いまは三種類ある。買うほどでもないけどまあ聴こうかなという中間の音楽。中間の音楽はレンタルCDを借りたり、友達から借りてコピーしたりして聴くかもしれない。

このレンタル、コピーという段階について、ジャ○ラックさんあたりはワンワン吠えるだろう。たしかに、CDがたくさんレンタルされてもいまのシステムでは著作権者は儲からないし、ジャ○ラックさんにもあまりお金が入らない。

この中間の音楽をどうとらえるか。別に買って聴くほどでもない音楽を借りて聴いてみて、興味をもったから次ぎは買うかも、というチャンスにもなりうる。逆に、借りて聴いて、コピーしたもので満足するようだったら、その音楽はその人のなかではその程度のものだったのだろう。

ほんとうに良いと思えば、たぶん自分でちゃんとCDを買うだろう。別に「著作権のために」とかいちいち著作権のことを意識しなくても、欲しいと思ったらお財布と相談してふつうに買う。

権利とは主張しないと認められないものなので、ワンワン吠えるのも大切なことなのだけれど、コピーガードCDの開発とか、コピー防止運動とかそっちのベクトルではなく、コピーでなく買いたい、欲しい!と思わせるような魅力的な商品を生み出し、購入意欲の湧く程度の値段で提供し、その値段で流通させられるコストバランスをとらないといけない。音楽で商売するってたぶんそういうことで、別にミリオン歌手とかは、コピーされてる分ソンしてるとか思ってないと思う。

上の音楽という単語を「楽譜」におきかえても同じ。

おぉ、まじめな音楽コラムのよう。最近CD買ってないなー。
2004.11.17 Wed. 23:59
そういえばマイラインってどうなった?
-----

2日ぐらい前から、のどに魚の骨らしきものがひっかかったのか、どうも違和感がある。それか何か口内炎みたいなものでものどの奥に出来たのか。

自分で見えないし、のどに手をつっこむわけにもいかない。骨ならばとごはんを飲み込んだり色々してみても、異物感はなくならない。で、首の、異物感のあるあたりをさわったりしてもとれない。

この「上からなにか異物感のあるところを探す」というのは、コンタクトレンズがずれたときに似ている。まぶたの裏とかにはいっちゃったレンズをまぶたを軽く押してもどす感じ。

いいかげん明日あたりとれなかったら咽喉科にでも行こうかしら。
2004.11.16 Tue. 22:11
眠眠打破(ドリンク剤)も効かない。
-----

きょう仕事で「大きな古時計」の楽譜をつくっていたのですよ。

で、メロディラインがどうもおかしいなぁと思いながらつくっていたのですが、それは平井堅バージョンだったのです。

すこし見づらいと思いますが、おわかりになりますでしょうか。

平井さんが2年ぐらい前にこの歌をうたってヒットしたわけですが、たぶん平井さんが歌う前であれば、上のような楽譜になったと思うのです。

でも平井さんが歌ってからというものの、その「歌いまわし」までをも忠実に楽譜に再現しているので、下のような楽譜になってしまうと。

歌謡曲の楽譜についていつも思うのですが、基本的なメロディライン以外の、歌手の方がやっている歌いまわしまで楽譜におこす必要ないのにと。そのせいでどれだけ煩雑な楽譜になってしまっているか。

平井堅さんはいつごろまで歌手として活躍しておられるかは分かりませんが、大きな古時計の曲は歴史に残る名曲だと思われます。で、もう平井堅さんがこの曲をうたってヒットしたことなんてすっかり忘れ去られた頃に、この時代の楽譜を見て、平井堅さん風のメロディラインが正しいものとして残ってしまったりするのです。

「大きな古時計」にとってはB.C.(紀元前)とA.D.(紀元後)なみの大きな転換期です。歴史は湾曲されて伝わっていく。
2004.11.15 Mon. 23:04
毎日が締め切りです。
-----

先日ATMでお金をおろしたら、全部新しく発行されたお札だった。窓口で取り替えるのでなく、ATMで全部新札が出てきたのは変更になってから初めてだったのでうれしかった。

その後、買い物をして千円札四枚で支払いをしたのだけれど、さきほどおろしたばかりの新札を出したら、レジの店員さんに「全部新しいお札ですね!ありがとうございます。」なんてさわやかに言われた。

実はその時、財布の中には旧札も新札も両方入っていたのだけれど、いざお金を出そうとしたときに「あ、夏目漱石の千円札保存してないからとっておこう。」と思ってあえて旧札を出さなかったのだ。

なのにあんな風に新札を出したことがかえってよろこばれてしまって、店員さんのさわやかさを無駄に消費させてしまった気がして、いたたまれなかった。
2004.11.14 Sun. 23:59
明日の午前10時まであと10時間。うーん。
-----

冷蔵庫が壊れたことはこのコラムですでに書いた。

で、冷凍のほうだけは、冷凍は出来ないもののまだ冷やすことは可能な状態だということも書いた。

いま現在、冷凍することはあきらめて、冷凍庫を冷蔵庫がわりに使っている状態。

うちの冷蔵庫は割と古いので、下が冷蔵で上が冷凍のタイプ。でも今主流のものはほとんどが上が冷蔵で、下の引き出しが冷凍だと思う。

冷蔵庫が壊れているおかげで、いまジュースやタマゴなど、本来冷蔵に入れるべきものを上段の冷凍庫に入れていて、それらを取り出す時に上のトビラを開けているわけですが。

思いがけずうちの冷蔵庫が、今時の冷蔵庫へと変身しました。
2004.11.13 Sat. 23:12
きのうは素で更新を忘れてました。
-----

浦安には「おさんぽバス」という小さなバスが走っています。100円でどこまででも乗れるバス。

バス車内には電光掲示板で、次ぎのバス停をアナウンスする表示が出ています。電車のドアの上部にもよくあるような、「次は 上野」→「つぎは うえの」→「Next Ueno」と漢字、ひらがな、ローマ字と表示が変わっていくやつ。

おさんぼバスには「順天堂浦安病院」というバス停があり、そこのバス停前でふと電光掲示板をみると「Juntendo Urayasu Byoin」となっていた。

ローマ字表記での案内って外国人の方のためにされているのだと思っていた。順天堂浦安病院は英語で言ったらJuntendo University Urayasu Hospitalだ。バス停だからUniversityは入らないにしても、Byoinはどうだろうか。

個人的にはByoinのほうがすき。びょいーんって感じで。
2004.11.12 Fri. 23:59
あれ、すっかり更新したつもりでいたのに。ついにボケたか。
-----

カップラーメンを食べようと、カップの上ぶたあけて中の袋に入っているかやくなどを取り出していたら、スープの素に「あといれ」と書いてあった。

お湯をそそぐ前に入れるのではなく、食べる直前に入れてくださいということだ。天ぷらそばとかの天ぷらも「あとのせ」でサクサクとか、ある。

ふつう「あといれ」というと、簿記でいうところの「後入先出法」のことを思い浮かべるけれど、最近ではカップラーメン用語になったのだろうか。

それにしても平仮名で「あといれ」と書かれると不思議な気分。ひとつのトイレではないよ。

a toilet
2004.11.11 Thu. 23:23
11月11日23時23分はニアピン賞。
-----

とある文章の中に、

「変な口調」という部分があって、パッと目にはいったのですが。

それをとっさに「変ロ調」とよんでしまい、長調?短調?と思ったわたしは生粋の浄書屋と公言してもよろしいでしょうか。
2004.11.10 Wed. 18:51
11月でも半そで。
-----

オリックスと近鉄が合併して、その新チームのユニフォームが公開されていた。

たぶんあれを見た人はほとんど「うわー、やる気なさそー。」と思ったことだろう。ほぼ旧オリックスのものと同じで、胸のロゴ文字がブルーウェーブからバッファローズに変わっただけ。

まったく新しいデザインにしたとしても、「合併するほどの財政難なチームで、デザイン依頼して変えるほど余裕があるのか。」と思ったのかもしれないけれど、そういう意味で、デザインってお金をかけても一見無意味なようで、お金をかける価値がある面もある。

楽譜浄書も同様で、この手間のかかり具合の実際のところは同業者にしかわからないのだけれど、たぶん完成した楽譜をご覧いただければ「ああ、これは浄書してもらってよかったな。」と、どなたにも分かっていただけると思います。

そんなわけで、「この仕事がどれだけ大変で、手間がかかったのか。」というのをいかに演出するか、というのも仕事の一部だと思っております。

演出っていうと聞こえが悪いですけれども。価値を生み出すってそういうことでしょうか。
2004.11.9 Tue. 9:39
おはようございます。
-----

明治大学の一場投手。プロ野球の裏金のことで色々と問題になっていた。

かわいそうなことに何故か一場投手だけ取り上げられてしまったけれど、たぶん他の選手ももらっていると思う。みんな知らんぷりしているだけで。

一場投手は御食事代やタクシー代として、大学生にはふさわしくないほどの金額をもらったとのこと。

これがほんとうのお車代。クルマが買えちゃうお車代。
2004.11.8 Mon. 23:59
朝の4時から仕事してるのにあっという間にこの時間。
-----

さむくなってきたので、紅茶にクエン酸を入れて、オリゴ糖を入れてのんでいます。

かなり人工的な、レモンティーのようです。

ところで冷蔵後が完全にダメになりました。冷蔵のほうはほぼ常温状態で、中のものがダメになってきているらしく、いやなニオイがしはじめました。

冷凍のほうは、氷はもう出来ない状態であるものの、微妙ながらも冷たい感じを保っているようです。

ここで、本来「冷蔵」にいれるべきものを冷凍庫のほうに入れたらどうなるでしょうか。

コーラとか爆発するでしょうか。究極の選択です。
2004.11.7 Sun. 23:59
更新わすれてました。
-----

電車にのると「ホームと電車の間が広くあいているところがございますのでご注意下さい。」といったアナウンスが流れる。

で、確かに広い。この隙間に人がおちたり、ラッシュ時には靴がぬげて落ちてしまったり、とにかくトラブルの多い隙間になってしまうし、何よりも危険だ。

こんなに危険なのだったら、「危険です。」ってアナウンスしてるだけじゃなくて、電車が到着した時だけ、この隙間をうめるような板がシュっと出てくるとか、なんか解決方法は無いのだろうか。

もう21世紀なのに、隙間ごときが解決出来ないなんて。
2004.11.6 Sat. 23:36
いろいろとおわりません。
-----

仕事で使っているファックスは電話と兼用になっている。

ナンバーディスプレイの契約をしているので、だいたい番号でファックスか電話かわかるのですが、たまにあわてていて番号を確認しないで受話器をとって、「もしもし?」とすぐ答えてしまう。

そのあとでピーーと音がなると、あ、ファックスだ、しまった、と思いファックスに切り替える。

たぶん電話の向こうで送信している方は「もしもし、とか言ってるよプ。」と笑っているに違いない。

そんなわけでファックスから声が聞こえても気にしないでください。
2004.11.5 Fri. 19:03
11月に入ってお金のことしか書いてない。
-----

ペペロンチーノをつくる時に、わたしはいつもオリーブオイルをひいてから、強火でベーコンをまずいためるのです。

で、塩とコショウをぱっぱとかけるのですが、この時に、猛烈に油がはねます。火加減が強すぎるのか、それともコショウの粒がはねるのか、とにかくいきおいで、油がはねるのです。パチンッという音も豪快に鳴ります。ベーコン自体もはねて、あまりの勢いにベーコンの破片がフライパンから飛び出してしまうほど。

なんて攻撃的な、挑発的な態度!と思いながらも身に危険を感じ、フライパンから一瞬遠ざかります。それでも勢いは衰えないので、及び腰に近づき、なんとか火を弱めます。

毎回その繰り返し。このまえは逃げ遅れて、首と顔にすこし油がはねてやけどをしました。逃げ遅れてというかどこにはねるかなんて予想もつかないので、逃げようがないのです。

まだ首や顔で、その時はメガネをかけていたからよかったのですが、もしメガネをかけていなくて、目の中にはねたら……と思うとぞっとします。

今度からはゴーグルでもしながらペペロンチーノをつくろうかと。たかだかペペロンチーノをつくるのにも完全防備で万全の体制でのぞみます。
2004.11.4 Thu. 23:00
10まんえんは高額当選です。
-----

たのしかったサマージャンボ当選のおもひで。

10万円の当選は高額当選者扱いだったので、街中にある宝くじ売場では当選金を受け取れない。

なので、近所のみずほ銀行の支店に行く。(もっと高額の当選は本店に行かないといけない。)

普通の窓口ではない、住宅ローンご相談とかしてそうな、いつも人が居なさそうな窓口で呼ばれる。

対応してくれた銀行のお姉さんに当選くじを出して「当たっていると思いますので確認していただけますか?」と言うと、宝くじの当選処理はいままでしたことがなかったのか、マニュアルを開いたり、上司に相談に行ったりして、割と手間がかかる。

そんな、処理に手間取る様子を楽しく見守り、なんか必要書類にサインして当選金を受け取りました。「お手数おおかけしました。」とか言って。「おめでとうございます。」なんていわれちゃったりして。

ほんの何十分かの出来事、たのしかったです。宝くじは買わないと当たらないですよ。
2004.11.3 Wed. 23:23
テスト・ザ・ネイションじゃなくて日テレみてました。
-----

じつは今年の夏のサマージャンボ宝くじが当たったんですよ。10まんえん。ほんとうです。

で、サマージャンボが10万円当たったので……、

・思い切ってパソコン買い換えた!
・温泉旅行に行ってのんびりしました。
・前から欲しかったヴィトンのバッグを買いました。
・高級レストランでおいしいものを食べましたよ。
・使ってないです。貯金しました。
・モリサワのリュウミン5書体パック(約5万円)を買ったよ。

はてさて、ひとつだけ、普通の方には「?」なのありますよね。出版業務に携わったことのある方は分かるかもしれませんが、そう最後のやつです。

わたしはその「?」な使い道をしました。しかも仕事で必要で。私財投入。

宝くじの当選金でモリサワの書体を買いました。そんな浄書屋人生です。
2004.11.2 Tue. 22:11
実はソラシドガクフもプロ野球新規参入の申請してたんですよ。落選して残念。
-----

新しいお札を実際に手にとってみた。あのピカピカひかる部分が商品券っぽい。

でも、一万円札や五千円札だって、よく考えてみれば日本銀行券だ。日本銀行が発行している券。ビール券や商品券、肩たたき券とかとレベル的には変わらない。

そんな日本銀行が発行する、福沢諭吉の肖像画が描いてある券を一ヶ月に二、三十枚ぐらいほしいがために、わたしたちは毎日汗水たらして、寝る間もおしんで働く。ときにはその券のために犯罪をおこしたり、まきこまれたり、人が死んだりもする。
2004.11.1 Mon. 18:10
あっという間に真っ暗です。
-----

きょうから新紙幣発行ということで、それ関連のニュースを各所でやっている。

今回の一万円札はオモテ面は福沢諭吉で変わらず、裏面は平等院の鳳凰像……。あれ、旧一万円札の裏ってなんだたかなと思って見てみた。

すみません、正直に言いますと、あの裏に描いてあった鳥は、今のいままでハトだと思っていました。良く考えるとなんでハト?という感じなのですが。

新紙幣への移行により知る旧紙幣の絵柄の真実。一万円札にハトでもかわいいと思います。グルッグー。

[前へ] [月別ログへ] [次へ] [最新のコラムへ戻る]