コラム付点八分休符
過去のコラム
[前へ] [月別ログへ] [次へ] [最新のコラムへ戻る]

2004.2.29 Sun. 21:34
今年の2月が29日まであってよかった。
-----

ヤフーBBから500円もらえる、やったー。

でもヤフーはこの全プレ企画をやると約40億円かかるそう。

40億円、そんな金額になるのだったら、全員にちまちま500円とかにしないで、宝くじっぽくしてほしい。何かの番号をもらえて、当選すると1万円ぐらいになるような。

一人に対して500円なのだから、1万円は20人に一人の確率で当たるはず。わたしがヤフーの社員だったらこっちを推しますね。

でもそのせいでボーナスカットとかだったら悲しい。
2004.2.28 Sat. 3:58
死のロードに突入します。
-----

教授の新アルバム「CHASM」を買いました。

正確には買ったのではなくてタダで手に入れてしまいました。普段よくCDを買っているお店で、お買い物ごとにもらえるポイントが知らないあいだにたまっていて、1万円分ぐらいタダでCDが買えるぐらいのポイントになっていました。

そんなになるまでポイントカード落としたり、捨てたりしなかったことのほうが私としてみれば驚きだったのですが、そんなにたまっているのならとCHASMはそのポイントで全額精算してしまったのでお金は一銭も使いませんでした。

なんかすごい得した気分だったのですが、教授のCDは自分でお金を出してでも買うけど、あんまり買いたくないのに仕事で必要なCDを買う時とかにポイントをとっておけばよかったかも。

領収書出ますか?と聞いたけれど「ゼロ円ということになりますので出ません。」と言われた。これってお店の売上には一切関係なくなるということなのでしょうか?むしろマイナス?

ごめんね、教授。
2004.2.27 Fri. 3:38
うちの情報も流出してるかな?
------

ディズニーランドが20周年だということで、歴代のステージイベントを振り返る感じのコーナーをテレビでやっていた。昔の映像が流れている。

ミッキーの中の人も、ミュージカルアニーのアニー役みたいに「歴代」とかあって、やっぱりあのしぐさが一番難しいとか、先輩からの伝統とか、必ずぶちあたる壁があるのだろうか。

土日の、一番誰もテレビを見ないような時間帯に「ミュージカルアニーの舞台裏に迫る」みたいな番組をしょっちゅうやっているような気がするけれど、本当に誰も見ない。

歴代ミッキー中の人の舞台裏は、ちょっと色々と問題があって、テレビではたぶん放送出来ないと思う。
2004.2.26 Thu. 0:17
リゲイン追加投入。
-----

そういえば月曜日に上野にいったら休園日だったけれど、休みの日、動物たちはどのように過ごしているのだろう。

いつもは出来ない部屋の掃除とか、散髪とかだろうか。エステとか。普段が人の前にでる商売だけに、休日も自分みがきのために費やすと。

動物の中でも鳥類はいま、それどこじゃないだろう。休みの日なのに外出禁止令かなんか出ていて、自分は元気なのに学級閉鎖で強制下校、家でおとなしくゲームみないな状況なのかも。

きっと鳥歴の教科書には「2004年鳥インフルエンザ大流行」という項目が新しく加わり、また覚えることが増えてうんざりしている小鳥がいるのだ。
2004.2.25 Wed. 4:50
夜明け前。
-----

真夜中に部屋の蛍光灯が突然切れてしまい、仕方なくデスクスタンドのみの細々とした灯りのもと、仕事をしています。

昔、蛍の灯りをあつめて夜に勉強したというところから「蛍光灯」という名前になったのだろうか。

はやく夜が明けて明るくならないかな、と思いながら仕事をしています。明治時代の人のよう。
2004.2.24 Tue. 4:11
メインページのアクセスが何と2万を超えました!本当に毎日ありがとうございます。
-----

きのうは仕事が終わらない中、芸大バッハカンタータクラブの演奏会に行ってしまいました。

会場は芸大構内の新奏楽堂。はじめて行ったのですが人間の声がよく響くホールでした。

昨日は上野動物園も休園日で、東京文化会館も公演がなかったりして、上野公園一帯は静まりかえっていました。演奏会が夜だったこともあり、ほとんど人影のないあの辺りを芸大まで歩いていくのはかなりこわかったです。街灯も少なくわりと真っ暗。

そんな中ただ一箇所、灯りがついて煌々と光りをはなつ新奏楽堂。人々はその光にわらわらとあつまってくる虫のよう。

周囲をその時間に歩いていた人はほとんど聴衆だったらしく、まさに光にあつまる虫状態。

演奏はもちろん、すばらしかったです。
2004.2.23 Mon. 1:13
春の嵐ですか。
-----

さっき、「死刑」というちょっと重いテーマのインターネットサイトをみていて、掲示板なんかを眺めていたら、とつぜんIE(ブラウザ)が落ちた。

ただその画面が固まってしまったのではなく、プチンと音をたてて、終了してしまった。ブラウザのウィンドが突然閉じられてしまい「タイプ2のエラーが発生しました、」みたいなダイアログが変わりに現れ、結局パソコン自体も固まってしまった。普段そんなことないのに、なぜさっきだけ?しかも仕方なく強制リスタートをかけてもしばーらく真っ黒い画面のままで、このまま起動しないのではないかとあせった。

その突然終了のし具合が、なんか死刑囚の方の意識とか状況とシンクロしているようで、もうおそろしくておそろしくて、うわーうわーという感じです。

あーー、もう悪いことしません。そんなサイトも眺めたりしません、ゆるしてくださいーー。
2004.2.22 Sun. 1:54
ブラックブラックを切らしてしまいました。
-----

確定申告の書類のことで悩む。

色々と細かい書類の申請とかをちゃんとすると、源泉徴収されすぎていた税金が戻ってくるのだけれど、書類を提出するかしないかだけでもどってくる金額に10万円ぐらい差が出る。

だったら面倒くさがらずに書類つくったらと言われそうですが、正直なところ3月16日まで仕事の予定がぎっちりで、申告に行っているヒマすらないかもしれない。

なんかこう、申告が面倒な人のために、表面上の収入金額に何かの係数を掛けただけの数字を納税すればいいだけ、みたいなコースとかをつくったらいいかも。ちょっとだけ多く納税しなくちゃいけないんだけど、計算がすごくラク、みたいなコース。税務署ももうかるし、申告者も計算がどうしても面倒な人とか、時間の無い人によろこばれて一石二鳥。
2004.2.21 Sat. 20:06
おわらなさ指数80。
-----

日本語においてトイレというのはとても不思議な言葉。

トイレは普通に考えると場所を示す言葉。トイレはどこですか?とかトイレに行くとか。

でも人によってはトイレにいってする行為そのものを示すように使う。「トイレしたい。」とか「トイレ我慢できない。」とか。

場所を示すはずのことばが急に動的になってしまう。

もっと端折ってつかうと「トイレ!」と言うだけで何のことだかだいたい通じる。

他にこんな使い方の出来る言葉があるかなと色々と考えてみたけれど、あまり思い浮かばない。
2004.2.20 Fri. 3:13
1時間ぐらい前にあやまりコラムあり。
-----

どうして出産の時だけ「帝王」切開なのだろう。

病気などの手術として、お腹を切開するのとはちがう、というで出産時のみ特別な呼称が使われているのかもしれない。と思ってインターネッツで調べてみたら、すぐに答えはあった。もしかしてまた私が知らなかっただけかも。(引用しません。)

帝王切開に対して女王抜糸とか、あったらちょっと特別っぽくていい。王子様消毒とか。
2004.2.20 Fri. 2:06
すみません。訂正です。
-----

すみません、2日前にロングブーツのこと書きましたが、太ももまでかくれるロングブーツなんてあるわけありません。あっても歩けないし。正しくは「ふくらはぎ」でした。(訂正済みです。)

ヒザとヒジをまちがえるとか、エスカレーターとエレベーターを間違えるとか、そんなレベルの間違い。

悲しいのは、それにさっき自ら気付いてしまったこと。この2日ほど、誰からも「恥ずかしい間違いがあったよ、コラッ!」というお叱りの連絡をいただきませんでした。

この仕事をしていると友だちを失うというのは本当ですね。
2004.2.19 Thu. 18:31
誰か未使用のフロッピーディスク(100枚入りMac用フォーマット済)買いませんか?
-----

出版譜を制作するにあたって、一段に何小節入れるか、最終的に何ページの仕上がりにするか、表紙や目次のページなんかの楽譜以外のページも含めてどんな本になるかということを一番最初の段階で考えなくてはいけない。(台割作成といいます。)

これを決めるのが非常にやっかいで、普通の出版物だったら文字数がわかれば、1ページにどのぐらい収められるかというのがわりとすぐ分かるのだけれど、楽譜の場合は1曲の中に何小節あるかわかっても、一小節の中にたくさん音符がつまっている場合と、全休符などで何も無い場合とがあるので、必要なスペースが全然ちがう。


↑同じ四分の四拍子でも一小節に入るべき音符の数が違うので、必要なスペースもちがう。

こんなに近代的に発展した文明のもとでも、これを決めるのは人間が自分でやる作業なのです。小節数をかぞえ、だいたいの音符の数から一段に何小節入るか、経験をもとに決める。たまに設計どおりにいかなくて、途中で変更せざるを得なくなることも。

ああ、ぱぱっとこれが決められたら、と何度も思う。原稿をスキャナでよみとって、小節数と音符の数を自動解析。それをもとに一発で台割決定。

名付けて「台割一発くん」、みたいなソフトが出来ないだろうか。そんな需要のなさそうなソフトの開発は誰もやらなさそうだけど。
2004.2.18 Wed. 19:26
更新間隔があく時は書くことないときです。
-----

冬の時期、女性は長いブーツを履いていることがある。ヒザ下ぐらいまであって、ふくらはぎもすっかりかくれるような。

前に友だちと外出して、友だちのほうがそんな感じのブーツを履いていたのだけれど、なんかの体験スペースみたいなところでマッサージチェアがならんでいたので体験してみることにした。

今のマッサージチェアは背中や肩のみならず、太もものほうまですっかり包みこんでマッサージしてくれる。かなり気持ちよかった。友だちも「ブーツ履いていると足がむくんで家に帰るころにはパンパンになるけれど、外出中に一回こうするだけでも随分ちがうわねー。」なんて言っていた。


そうか。これからの道ばた商売は靴磨きでなくて、マッサージチェアだ。一回100円ぐらいにして。渋谷あたりにいる若い女の子で、ロングブーツの子をターゲットに。センター街あたりでやればけっこう流行るかも。
2004.2.17 Tue. 0:39
ねむい。
-----

お寺や神社周辺の名物といえば七味唐辛子と草団子、草餅だ。参道とかに出ているお店で、おいしそうに並んでいる。

なんか全国どこのお寺や神社いっても同じ様なものが名物になっている気がする。これらを名物だとうたっているところのすべての地域が、草団子をつくるのにかかせない材料の特産地というわけではないだろうし。この黄金パターンの大元はどこなのだろうか。

それとも、私が日本史を真面目に勉強していないから知らないだけで、歴史上の常識だったりして。どなたかご存知でしたら教えて下さい。
2004.2.16 Mon. 21:26
風邪気味。
-----

いま手元に「ぼく、ドラえもん(雑誌)年間定期購読申込書(全25刊分)16100円」というのがある。申し込んだだけでまだお金は払っていない。

雑誌の年間定期購読なんて、いままでしたことない。一冊600円ぐらいの雑誌が月に2回ぐらい届くらしい。年間定期購読の申込者だけに、ドラえもん湯飲みプレゼント。

なんかこれを申し込んでしまうとディアゴスティーニに負けてしまうような気がする。

まあ発売は小学館だし、バインダーとかは付いていないようだし、ディアゴスティーニとは違うのですが。勝ち負けとかじゃないんだけど。なんとなく、気分的に。
2004.2.15 Sun. 0:40
続・現実逃避。
-----

美肌に関する情報の多くに、「紫外線になるべくあたらないように。」「ストレスは肌荒れの原因。睡眠をよくとりましょう。」「ビタミンCを多くとりましょう。」「毛穴のよごれをおとしましょう。」とかある。

これらすべての条件を日常的にクリアするのはなかなか大変だ。仕事をしたり学校に行っていれば、色々なことが制限される。でもたったひとつ、これらの条件をクリアする方法があることに気付いた。それは引きこもりになること。

外にでなければ紫外線にもあたらない。社会性のない生活をおくっているのでストレスもたまらない。外に出掛けないので汗などほとんとかかず、あまり肌がよごれないし、こまめに洗顔しやすいのではないか。

美しいお肌への第一歩、それは引きこもりからはじまる。
2004.2.14 Sat. 22:07
現実逃避中。
-----

牛丼が必要以上にクローズアップされている気がする。

スーパーでパック詰めされたお肉のラベルに、「カレー用」とか「しゃぶしゃぶ用」とか書いてあるけれど、「牛丼用」というのが現れた。いままでそんなカテゴリなかったくせに。ただの牛ももバラ肉だ。

また、牛丼の牛肉のことばかりクローズアップされているけれど、牛丼が販売中止になることによって、紅しょうがも需要が無くなると思う。カレー丼に紅しょうがは要らないでしょうし。

「牛丼販売中止の、もっとも日陰の部分で苦戦する紅ショウガ工場」みたいな特集をニュースステーションでやってほしい。
2004.2.13 Fri. 3:38
眠気スッキリBLACKBLACK
------

最近検索エンジンで長めの文章を検索するのが楽しい。

普通、検索する時は単語をいくつか入力すると思う。楽譜、無料、とか。そうではなくて、もう文節を入れてしまう。

「最近全然、旅行に行っていない」とか「お金が貯まらない」とかを検索ワードとして入力して、検索実行。そうするとほんの数件ひっかかったりする。ひっかからない時もあるけど。

グーグルで仲間を発見して、さみしくよろこんでいます。
2004.2.12 Thu. 23:20
ねむいでござる。
-----

日本代表対イラク代表のサッカーの試合がテレビでやっていた。

フィールドを取り囲むように企業の看板広告が並べられている。ゴールのすぐ後ろぐらいにファミリーマートの広告がみえた。

なんかそのファミマの広告だけいい感じに見えたのだ。なんでだろうと思ったら色のせいだ。

日本代表のユニフォームカラーは青と白。イラクは緑。

それら3色はずばりファミリーマートカラー。ファミマはこの試合のスポンサーをやらずして何をするか、といったはまり具合。
2004.2.11 Wed. 0:45
高級チョコレートよりもキットカットのほうが好きです。
-----

お風呂の浴槽についてインターネットで調べていたところ、浴槽に和式と洋式というのがあるということをはじめて知った。

立方体にちかく、深いのだけれどヒザをまげないと肩まで入れないような感じの浴槽が和式で、逆に浅く、横にねそべって入るようなタイプのものが洋式。

それぞれそういう浴槽があるものは知っていたけれど、それらが和式浴槽、洋式浴槽とネーミングされていたことは知らなかった。

和洋折衷というのもあるらしく、それは和式と洋式の中間的な感じの、直方体にちかいもので、今日本ではこのタイプが主流らしい。

トイレに和洋折衷はあるだろうかと考えた。高校生の時に交換留学みたいな感じで短期間、外国人の方がきていた。

その時、学校のトイレはほとんど和式だったので、その場しのぎのためかこんな感じのトイレが設置された記憶がある。

これが和洋折衷トイレか。
2004.2.10 Tue. 0:17
久しぶりにペペロンチーノにしてみました。
-----

間違い電話をかけてしまった。

うちの電話はBBフォンにしている。同じBBフォン同士だと出だしの発信音が違うのでわかる。

電話をかけたかった相手は友達だったので「あれ?いつの間にBBフォンにしたんだろう。」と思ったけれど、気にしないで呼び出していたら、知らないおばさんが出た。

ああ、間違えました、どうもすみません失礼しました、とかいって切ったけれど、ふつうの電話にかけていたら、間違い電話でも料金がかかる。

ところが間違えた先が偶然にもBBフォンだったので、料金発生せず!(BBフォン同士の通話は全国どこでも無料。)

神様ありがとう。
2004.2.9 Mon. 19:19
赤ちゃんのおしりふきはウェットティッシュ代わりに使えます(そのほうがお得)。
-----

自衛隊がイラクに派遣されていますが、NHKではその土地のことを「サマーワ」と書いている。

民放とかはサマワ、と長音なしの表記で統一しているところが多い。

NHKのニュースをみていたら、現地に派遣されている自衛隊の隊長さんのインタビューを中継でやっていた。

右上のほうに「サマーワ 中継」と小さく文字が出ていたのだけれど、ちょうど文字のあたりに背景かなにかで小さな点がうつっていた。

サマーワ"

みたいに見えた。もうちょっとでサマーズだったのに。
2004.2.8 Sun. 1:32
松本人志さん、日に焼けすぎ。
------

ファミレスのトイレにはいったら、案の定、自動洗浄とか音姫とか色々ついていた。

ふと思ったのですが、ひとつひとつのブースに音姫をつけるぐらいだったら、もうトイレ全体に常に、水を流す音が鳴り響くようにしておけばいいような気がするのです。店内BGMみたいに、癒し系のせせらぎの音みたいなやつを、もう他の音が全然聞こえないぐらいの大音量で。

音姫と全体BGMと、どっちが経費がかからないのだろうかとトイレに入りながら考えました。
2004.2.7 Sat. 15:39
どんより曇っていると眠くなるのは私だけですか?
-----

二週間前の土曜日に、青海からゆりかもめに乗って汐留まで行った。始発からほぼ終点まで。

土曜日の午後だというのに人影まばら。閑散とした風景がずっとひろがる。電車にも誰も乗ってこない。

車窓には近未来的な建物がたくさん並ぶ。いつだったか平日の午後にお台場にいったことがあるけれど、その時は「今日、このお店営業してますかー?」と声を出したくなるほど、静まりかえったショッピングセンターもあった。

お台場は未来の東京のモデルなのかもしれない。人口が減り、少子化が進み、人影はまばらだけれど建物はやけに未来っぽい。

ドラえもんが生まれる頃の時代の東京を図らずも再現しているお台場。
2004.2.6 Fri. 18:46
チョコレートの試食がおいしい季節です。
-----

銀行のATMで、店舗に併設されているのではなく、ATMだけが設置されている無人の出張所みたいなところがある。

電話ボックスよりはすこし広い、場所によってはATMだけで5台ぐらい入っているところから、1台のところまで規模はさまざま。

きょうそういう無人のATMに行ってお金をおろそうとしたら、なんだかほんのり新宿西口臭(もしくは川崎駅前臭)がした。

私が利用したところは街の真ん中にあって、けっこう人の往来もはげしいATMだったのだけれど、よく郊外にはあんまり人の入っていなさそうなATMボックスみたいなのもある。

路上生活者の方々がもしかしたら暖をとっているのかもしれない。夏だったら逆に涼みにきているのかも。

利用客がきたときだけちょっとどけばいいのだ。あとはATMつかっているふりをすればいい。

無人だし、冷暖房完備だし、わりと居心地良いのかも。
2004.2.5 Thu. 21:29
おなかすいた。
-----

ドアチャイムが壊れている。ピンポーンと音が鳴ったり鳴らなかったりする、微妙な壊れ方をしている。

その状態をしばらくの間放置したままで、今現在も直していない。

常日頃、ドアチャイムを鳴らす用事があるのはほとんどが宅急便の配送の方だ。受け持つ地域とか、ルートとかが決められているらしく、だいたいいつも顔ぶれは同じ。

最初のうちは宅急便が届いたことが分からずに、不在通知が入っていて、あとから再配達をお願いしていたのだけれど、「チャイムが壊れているんです。」と言うと、次からはドアをドンドンと叩いたり、伝票に書いてある電話番号に電話をかけてくれたりする。「宅急便です。ドアの前に居ます。」とか言ってくれる。

いまでは、クロネコさんも飛脚さんもペリカンさんも、ほとんどの配送業者が「あそこのドアチャイムは壊れている。」と覚えてくれているせいか、配達前に電話をかけてくれるので、ものすごく便利。

教育ってこういうことかとも思う。
2004.2.4 Wed. 1:28
春デス。
-----

伊東家の食卓、another side。

テレビの音を消音にして、バッハのブランデンブルグ協奏曲を聴きながらテレビ画面を見るとと深夜の通販番組でもCMでも徹子の部屋でも、なんでも皇室アルバムに見えますよ。

この裏技、ぜひ試してみてください。
2004.2.3 Tue. 0:25
熱っぽい。
-----

クレジットカードをつくるのに手続きをしたら、「(確認のために)お勤め先に個人名で電話がいくかと思いますので。」と言われた。

手続きした翌日にかかってきた。「上山と申しますが…。」と言っていた。

たぶん上山というのは、電話をくれたクレジットカード会社の人の本名ではないと思う。適当に変えているのだろう。

毎日ちがうシチュエーションで名前を変えて、楽しんでいるのだろう。「今日は仕事の出来るキャリアウーマン風の佐々木にしよう。」とか「今日はかわいくて男性社員には人気あるけれどお局様には目を付けられているダメ社員の井上。」とか、自分で勝手にキャラをつくって遊んでいるのかも。なりきって。

ある意味子どものころにやった「ごっこ遊び」の延長線上にある。
2004.2.2 Mon. 0:57
絵手紙セットを買ってしまいました。
-----

久しぶりに絵の具売場なんてみてみたら、随分昔とは事情がちがう。

肌色というのは人種差別の問題からNGらしく、肌色の代わりにペールオレンジ(薄橙)とかになっている。

絵の具の容器も随分改良されていて、むかしの銀色のチューブではなくて、プラスチックっぽい容器でふたもワンタッチのキャップ式になっている。もう銀色のチューブが引きちぎれて中身の絵の具が飛び出したり、フタをなくして絵の具が固まることもない。

ああ、時間は随分流れたね、ビリジアン。
2004.2.1 Sun. 23:42
今年の目標:もう余計な筆記用具は買わない。
-----

いつもいつも、ここに書こうと思いつつ、どうもネタとしてまとまらないものがいくつかある。

そのひとつが「ベジタブルの歌」のこと。近所のスーパーの野菜売場でずっとかかっている。全国区なのかどうかはわからないけれど。

おさかな天国とか、きのこの唄とかの路線を狙っているのはわかっているのだけれど、全然ブレイクする気配がない。その悲しさとか儚さとかをなんとかまとめたいのだけれど、いつも書いている途中でやめてしまい、他のことを書いてしまう。

今日はそんな、ネタとして昇華されていないことさえも書いてしまう、つまらない日です。

[前へ] [月別ログへ] [次へ] [最新のコラムへ戻る]