1.  TOP>
  2. ドシラソガクフ>
  3. 屋号名義銀行口座開設

屋号名義の銀行口座開設

はじめに
改訂(2012.01.01)

個人事業主の商号登記に関しましてはこちらをご覧下さい。ここは商号登記したあとの各種金融機関における「個人事業主の屋号名義での口座開設」についてのページです。

今はどこの銀行も口座開設に厳しくなり、個人事業主という立場で商号のみの口座を開設するのは無理なようです。 商号+事業主名という形でOKな銀行もあり、「個人事業主用口座」または「営業性個人」として用意されているのはほぼこの形式です。

なおこのページの内容は2005.06.21現在の情報です。状況や制度は変化していくものですので、口座開設を実施される場合は各金融機関に現在のシステムを直接お問い合わせ下さい。とくにここ最近、各金融機関とも口座開設に慎重になっているようですのでご注意下さい。

個人事業主の商号(屋号)による銀行口座開設
実践編

登記完了後に謄本と印鑑証明を発行してもらい、各種金融機関にて口座開設申請をしました。結果から申し上げますと、いま日本では個人事業主が屋号のみの口座を開設することは出来ないようです。屋号と名前(代表者すなわち個人事業主本人の名前)を連名にしなくてはいけないか、もしくはそれも開設できないかのどちらかでした。法人口座でも会社名と代表者名が併記されるそうですが、口座取引(振込等)をする時は会社名の部分だけで大丈夫だそうです。完全に法人扱いにはなりませんので、個人のイレギュラー扱いか、最近では「営業性個人」というジャンルで扱ってくれる銀行があるようです。

口座開設申請時に用意したもの